テーマ:日本共産党

日本共産党の県交渉(福井県への要望行動) 7月28日

 7月28日は、日本共産党の県交渉(福井県への要望行動)でした。予定通り早く終わることはなく、10時から17時までフルにかかりましたね。疲れました。  原発問題では、コロナ、PCR検査、医療体制など、嶺南地域の住民の方から指摘されていた不安を県に伝えておきました。美浜でもそうですけど、住民の情報網って伝達が早くて、コロナを発症したらす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党の藤野保史衆議院議員が福井県嶺南地域で活動 7月24日

 日本共産党の藤野保史衆院議員が23、24の両日、福井県の嶺南地域で活動しました。  7月24日は、美浜町議会議長、副議長と懇談しました。地元の保守政治家の懐が深い姿勢に感嘆し、次第に緊張感も解れ、会話がはずみました。  特に原発政策では、推進と原発ゼロで立場が異なります。野党が政権交代を果たし、日本共産党が入閣をめざすなら、立場が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党の藤野保史衆議院議員が福井県嶺南地域で活動 7月23日

 日本共産党の藤野保史衆議院議員が「つどい」や懇談など、福井県の嶺南地域で活動しました。23日の活動がしんぶん赤旗に掲載されました。 弱者視点の水上文学 福井 藤野氏が一滴文庫訪問   野党結束 政治動かす 福井・小浜 藤野議員迎えつどい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共闘勝利と共産党躍進で“安倍政治サヨナラ”の年に

2019年1月4日 党旗びらきでの志位委員長あいさつ  2019年、明けましておめでとうございます(「おめでとうございます」の声)。インターネット中継をご覧の全国のみなさんにも、新春にあたって心からのあいさつを送ります。 沖縄と憲法――二つの大きな成果を確信に、“安倍政治サヨナラ”の年に 「絶対に負けられない二つのたたか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

若者の共産党観から領土問題、社会主義まで BS―TBS「報道1930」 志位委員長、大いに語る

若者の共産党観から領土問題、社会主義まで BS―TBS「報道1930」 志位委員長、大いに語る  若者は日本共産党をどうとらえているのか、共産党は保守なのか―。20日夜放送されたBS―TBS番組「報道1930」が、志位和夫委員長をゲストに迎え日本共産党について特集企画。番組独自に行った学生のアンケート結果や党本部・赤旗編集局への取材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教職員を増やし、異常な長時間労働の是正を ―学校をよりよい教育の場に― 日本共産党

教職員を増やし、異常な長時間労働の是正を ―学校をよりよい教育の場に― 2018年11月9日 日本共産党  「学校がブラック職場になっている」――いま、教職員の長時間労働が社会問題になっています。その是正は、労働条件の改善として緊急であり、子どもの教育条件としてきわめて大切な、国民的課題です。  昨年、ついに政府も「教員の長時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高すぎる国民健康保険料(税)を引き下げ、住民と医療保険制度を守ります 日本共産党

高すぎる国民健康保険料(税)を引き下げ、住民と医療保険制度を守ります 2018年11月1日 日本共産党  高すぎる国保料(税)が国保制度の構造的な危機となり、医療保険制度としての持続性を揺るがしています……全国どこでも、高すぎる国民健康保険料(税)に住民が悲鳴をあげています。滞納世帯は289万、全加入世帯の15%を超えています。無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党 第5回中央委員会総会

第5回中央委員会総会について 10月14日 日本共産党中央委員会書記局  日本共産党第5回中央委員会総会は10月13、14の両日、党本部で開かれた。中央委員152人、准中央委員45人が参加した。  一、総会では、志位和夫幹部会委員長が幹部会報告を行った。大破たんをきたしている安倍政治を終わらせようという訴えから始まって、日本共産党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無期雇用転換逃れ 雇い止め許さぬ対処を急げ

 改定労働契約法にもとづき有期雇用労働者が通算5年以上同じ会社で働いた場合、本人が申し込めば無期雇用に転換できるルールが4月から開始するのを前に、「無期雇用逃れ」をはかる違法・脱法行為が、自動車大手や大学、独立行政法人などで相次ぎ明らかになり、大問題になっています。労働組合のたたかいや日本共産党の国会論戦などで雇い止めを撤回するケースも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸自ヘリ墜落 住宅炎上 佐賀・神埼 党議員、現場に急行

 5日午後4時45分ごろ、佐賀県神埼市千代田町嘉納で陸上自衛隊のヘリが墜落、住宅が炎上しました。  墜落直後に日本共産党の福田清道神埼市議は現場に急行しました。墜落直前の様子を目撃した住民が福田市議に語った話によると、ヘリは墜落した住宅の東方向500~600メートルほど離れた地点で部品を田んぼに落としていたといいます。  そして10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治の責任で「原発に頼らない町づくり」

 原発は、労働の面でも誰かが被曝をするという犠牲がともないます。過酷事故が起これば真っ先に被害を受けるのは労働者です。更に立地地域に止まらず広範囲の住民が影響を受けます。  高レベル放射性廃棄物の問題でも誰かが土地や処分場の関係で犠牲にならなくてはいけません。こういう大きな犠牲を強いる原発を私はなくしたいんです。  また、原発依…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党福井県議員団の県交渉

 7月25日は日本共産党福井県議員団の県交渉がありました。  こちらの要望交渉は以下の通りです。 ■交渉スケジュール 9時半     県議会議事堂集合 打ち合わせ 10:00~10:30(30分)  農林水産部(7本) 10:30~11:30(60分)  健康福祉部(14本) 11:30~12:00(30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜原発3号機 新規格なら不合格 運転延長取り消しを!

 40年を超える運転延長を11月に認可された関西電力美浜3号機について、蒸気発生器の耐震評価に古い規格を用いていたことがわかりました。新しい規格で耐震評価すれば不合格になります。裁判でも重要な争点になります。  美浜原発3号機 新規格なら不合格  藤野氏 原子力規制委の審査批判 ※2016年12月9日 (金)の原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力防災について、福井県に要請してきました。嶺南地域の日本共産党議員団

 4月26日、佐藤正雄県議会議員と日本共産党嶺南地区委員会の議員団は、原子力防災について福井県に要請しました。  県側は、谷口危機対策・防災課長、辻地域医療課参事、河井道路建設課課長補佐らが応対しました。  私たちは、原発事故に備えた県外ふくむ広域避難訓練の実施、放射能拡散予測のSPEEDI撤去の問題と対応、子ども、災害時の孤立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府の破防法答弁書 山下書記局長 厳重に抗議、撤回要求

 日本共産党の山下芳生書記局長は22日、国会内での記者会見で、政府が、日本共産党について、現在でも「破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」「『暴力革命の方針』に変更はない」などとする答弁書を閣議決定したことについての見解を問われ、「党として厳重に抗議し、撤回を求めたい」と表明した上で、次のように述べました。  一、破防法に関す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高浜4号機緊急停止

発送電作業中 続くトラブル 26日に再稼働した関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)は29日午後2時ごろ、タービンと原子炉が緊急停止しました。関電は原因を調べています。九州電力の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)でも昨年、設備の細管が損傷しており、原子力規制委員会の審査が通った原発で、再稼働後のトラブルが続いています。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民運動の新たな発展に貢献 選挙協力でも良いスタート

5野党合意 前向きの大激動をつくり始めている 志位委員長が会見  日本共産党の志位和夫委員長は25日、国会内で記者会見し、安保法制=戦争法の廃止や国政選挙での協力などを確認した5野党党首会談での合意(19日)後、さまざまな国民運動が発展していることや、5野党間で選挙協力の具体的な協議が始まっていることなどを示し、「画期的な合意が情勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志位委員長の報告 全国都道府県委員長・参院選候補者会議

 日本共産党の志位和夫委員長が22日の全国都道府県委員長・参院選候補者会議で行った報告は次のとおりです。  みなさん、おはようございます。連日のご奮闘に心からの敬意を申し上げます。私は、常任幹部会を代表して、全国都道府県委員長・参院選候補者会議への報告を行います。まず、この会議を招集した目的についてのべます。  2月19日、5野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民のみなさんの働きかけで5野党合意が実現したと思う。

 「野党が本気になって選挙協力すれば安倍自民党政権を倒せる。」「戦争法廃止!国民主権を奪い、立憲主義を破壊する安倍政権を倒さなければならない。」  今回の5野党合意は、小選挙区制という民意を切り捨てる選挙制度の下で安倍政権を利するような野党に強く抗議してきた市民のみなさんの勝利だと思う。  「戦争はダメ。」「誰の子どもも殺させない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発もマイナンバーもヤメテくれ!

原発やめて未来守れ 反原連が官邸前行動  「原発やめて未来を守れ」「再稼働反対」…。首都圏反原発連合(反原連)は6日夜、首相官邸前抗議行動を行いました。「核燃料サイクル」が破たんし、放射能汚染水漏れなど原発の危険が浮き彫りになっているのに、原発再稼働を推進する安倍晋三政権。1100人(主催者発表)の参加者は、抗議の声を突きつけました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もんじゅ」は廃炉、原子力機構は組織解体ですね。

「もんじゅ」勧告へ 存続は有害、ただちに廃止を しんぶん赤旗2015年11月6日  20年前に事故を起こし、運転再開の見通しが立たない高速増殖炉の原型炉「もんじゅ」(福井県)に対し、原子力規制委員会がこれまでの運営主体、日本原子力研究開発機構には安全に運転する能力はないと、あらたな運営主体を見つけるよう文部科学相に勧告することを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党が「戦争法廃止の国民連合政府」の実現をよびかけ、選挙協力には驚いた。

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます 2015年9月19日 日本共産党中央委員会幹部会委員長 志位和夫  安倍自公政権は、19日、安保法制――戦争法の採決を強行しました。  私たちは、空前の規模で広がった国民の運動と、6割を超す「今国会での成立に反対」という国民の世論に背いて、憲法違反の戦争法を強行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党を好きになる理由を知ってもらいたい。「憲法破壊の暴政」と正面からたたかえる政党です!

世界から見た戦争法案の異常と危険 外国特派員協会 志位委員長の講演  日本共産党の志位和夫委員長が23日、日本外国特派員協会で行った講演と記者との一問一答を紹介します。発表にあたって、修正・加筆を行っています。  今日は、ご招待いただきまして、まことにありがとうございます。日本共産党の志位和夫でございます。  この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、第18回美浜消防団小型ポンプ操法大会と鯖江市議選告示日

 午前中は、第18回美浜消防団小型ポンプ操法大会に出席し、消防団の訓練の成果を見学させてもらいました。気温も低く小雨が降る中、優勝したのは第2分団第7部「山上」でしたが、どのチームの動きも機敏で、日ごろから地域防災に貢献されている消防団員の姿勢に、あらためて敬意を表します。  操法大会が終わると、そのまま鯖江市に向かいました。今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラック企業規制法案の提案にあたって 2013年10月15日 日本共産党

 日本共産党は、若者をはじめ働く人間を、過酷な労働に追い立て、モノのように「使い捨て」「使いつぶす」ブラック企業を国政の大問題として訴えてきましたが、参議院選挙の前進で獲得した議案提案権を活用して、国会にブラック企業規制法案を提出しました。 法案の概要――違法行為へのペナルティー強化と、ブラック企業の実態を社会に知らせる情報公開を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more