テーマ:福井県

老朽原発の再稼働について、福井県知事が会見で「白紙の状況だ」と述べる。

 福井県の杉本知事は会見で、40年を超える老朽原発の再稼働について、関電から具体的な相談はなく、「県として(地元同意の)スケジュール感はないし、白紙の状況だ」と述べたと記事にあり、再稼働の同意に向けたプロセスが動く段階ではないという認識を示したとされます。  日経新聞には、「立地地域で信頼が高まっているという状況にはない」と述べ、県内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党の県交渉(福井県への要望行動) 7月28日

 7月28日は、日本共産党の県交渉(福井県への要望行動)でした。予定通り早く終わることはなく、10時から17時までフルにかかりましたね。疲れました。  原発問題では、コロナ、PCR検査、医療体制など、嶺南地域の住民の方から指摘されていた不安を県に伝えておきました。美浜でもそうですけど、住民の情報網って伝達が早くて、コロナを発症したらす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党の藤野保史衆議院議員が福井県嶺南地域で活動 7月23日

 日本共産党の藤野保史衆議院議員が「つどい」や懇談など、福井県の嶺南地域で活動しました。23日の活動がしんぶん赤旗に掲載されました。 弱者視点の水上文学 福井 藤野氏が一滴文庫訪問   野党結束 政治動かす 福井・小浜 藤野議員迎えつどい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井県美浜町の上空を低空飛行 自衛隊機?米軍?

 6月3日の15時ごろ、福井県美浜町で2機の自衛隊輸送機か?と思われる機体が低空飛行するのを見て呆然としましたが、長野県のニュースを見てさらに驚きました。  福井県の美浜町周辺には飛行場がないので、普段、飛行機が低空飛行するようなことは起きません。ですから今回のことはかなり印象に残りました。  機体にプロペラが4機付いた丸い形で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井県が出している原子力発電所周辺の環境放射能調査の概要の一部

 福井県が出している原子力発電所周辺の環境放射能調査の概要。  トリチウム分析の結論、「大気中水分および雨水から発電所の通常の放射性廃棄物管理放出に伴うトリチウムが検出されたが、環境安全上問題となるレベルと比べ、はるかに低い濃度であった。」という文章を読んで、みなさんはどのように思われますか?  環境安全上問題となるレベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取材メモ 「派遣切り」と原発請負労働者(2011年5月19日・しんぶん赤旗)

○・・・パナソニック若狭の「派遣切り」に対して、正社員化を求めて裁判をたたかう河本猛さん(33)。彼が住む福井県の嶺南地方といえば、原子力発電所が集中する「原発銀座」として有名です。 ○・・・河本さんは13日、危険な原発推進政策の転換を求め、原発問題住民運動福井県連絡会が行った関西電力、日本原子力発電などへの申し入れに参加。被ばく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more