テーマ:原発

第11回全国原子力発電所立地議会サミット

 10月30日、31日の両日、第11回全国原子力発電所立地議会サミットが開催されました。私は、第3分科会「原子力発電所の再稼働と原子力防災体制」に参加しました。 私の考え  原発の再稼働に頼った地域経済ではなく、原発依存からの転換を考えるべきです。そもそも地域経済・地域振興のことを考えるなら原発の再稼働を前提とする必要はあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会一般質問 河本猛(2018・9)

 美浜町議会2018年9月定例会、一般質問の議事録が出来ました。  1、「きいぱす」の体験型教育施設としての役割について  2、美浜町と台湾・石門区の姉妹市締結30年、成果と今後の展望について  3、全国的に問題となっている学校の危険なブロック塀対策と自治体の障害者雇用の不適切な参入処理について質問しました。 1、「きいぱす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は地球温暖化の抑止にはならない

 8月24日、美浜町議会の全員協議会で、第5次エネルギー基本計画について、経産省から説明をうけました。  質疑では、エネルギー基本計画に賛同も協力もしていないとしたうえで、再生可能エネルギーは経済的に自立した主力電源化を目指すとしているのに、原子力は経済的に自立することは考えないのか?いつまでも国が保護しなければならず、経済的自立がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町山口町長 今期限り引退表明

美浜町山口町長今期限り引退表明 NHK福井 NEWS WEB 09月06日 19時55分  長年にわたって原発が立地する町の町長として原子力行政を推進し、来年3月で任期満了となる美浜町の山口治太郎町長は6日の町議会で、次の町長選挙には立候補せず、今期限りで引退する意向を示しました。  美浜町の山口町長は、6日の町議会の一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会一般質問 河本猛(2018・3)

1、福井豪雪と原子力災害時の広域避難先について 河本↓  日本共産党の河本猛です。質問事項が多いので、端的に答弁よろしくお願いいたします。  まず、福井豪雪と原子力災害時の広域避難先について質問します。記録的大雪となった今回の福井豪雪で、改めて広域避難先の設定に疑問が持たれています。  2014年の3月の一般質問でも、「大野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原発に頼らない町づくり」を進めよう。

 自然と共生し、海・山・川・湖の環境を活かした生業・くらしが美浜町の魅力です。原発依存で失ったものは大きいけど、原発依存体質を構造的に転換させることで農山漁村の活気を取り戻すことは可能です。  政治の責任で、原発に頼らない町づくりを進めよう!!  原発は、労働の面でも誰かが被曝をするという犠牲がともないます。過酷事故が起これば広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治の責任で「原発に頼らない町づくり」

 原発は、労働の面でも誰かが被曝をするという犠牲がともないます。過酷事故が起これば真っ先に被害を受けるのは労働者です。更に立地地域に止まらず広範囲の住民が影響を受けます。  高レベル放射性廃棄物の問題でも誰かが土地や処分場の関係で犠牲にならなくてはいけません。こういう大きな犠牲を強いる原発を私はなくしたいんです。  また、原発依…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会一般質問 河本猛(2017・12)

 一般質問(12月議会)の議事録が出来ました。  原発の質問では、国が進める原子力政策そのものが非民主的なもので、原発を推進する立地行政も国が進めてきた原子力政策の被害者であるとの想いを込めました。  原発事故の被害は、立地自治体にとどまらず広範囲の自治体住民に影響を及ぼします。立地以外の多くの住民は原発に対する同意権も拒否権もなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の40年超廃止、全廃止の民意を議会に反映させたい。

 福井新聞の原発に関する世論調査で、県民意見が2分されていることがよくわかります。「40年超廃止、全廃止」の県民世論は高いですが、住民の想いが地方議会の議席に結びついていないところに政治離れの一つの要因があるのかな?と思います。  原発の問題は無関心ではいられません。住民は身近に存在する危険として考えているからこそ、その想いを議会で代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民運動の高まりから候補者が増えていくことを願っています。

 原発をなくしたいという想いを持って市民運動、議員活動をつづけていますが、市民運動の情熱に比べて、原発立地の政治的劣勢という環境は依然として変わっていません。  原発に反対する議員が多数になれば、原発立地の議会でも、再稼働や増設への同意を拒否することができます。しかし、それができないからといって原発推進議員がバカだのアホだの罵る声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30km圏自治体と住民への説明を求める請願 美浜・総文委員会が否決

 「大飯原発3・4号機の再稼働以前に30km圏自治体と住民への納得できる説明を求める請願」の審査が、9月13日、美浜町議会総務文教常任委員会で行われました。  請願の内容は、大飯原発再稼働の賛否に結論を求めるものではなく、「再稼働にあたっては30km圏自治体に意見を求め、住民に対しては事前の説明会を開くよう、国、県、関西電力に要請する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高浜町で「講演・討論会 in 若狭」 〝原発にたよらない町づくりを目指して″が開催

高浜町で「講演・討論会 in 若狭」〝原発にたよらない町づくりを目指して″が開催されました。  講演は、本年4月発売の『なぜ「原発で若狭の振興」は失敗したのか ―県民的対話のための提言』の著者・山崎隆敏さん。  韓国で脱原発運動を進める青年・琴東運(クム・ドンウン、25歳、男性、青年緑ネットワーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老朽原発に交付金上乗せ 美浜は11億円

40年超原発、計27億円加算=老朽8基の5市町に-交付金、原則に「逆行」時事ドットコムニュース  運転開始から40年超の老朽原発を抱える福井県美浜町など5市町に、電源立地地域対策交付金の加算分として2016年度までに計27億円が交付されたことが23日、立地自治体などへの取材で分かった。交付金は40年を超えた原発の立地市町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発にたよらない町づくりを目指して 8.4 講演・討論会 in 若狭

原発にたよらない町づくりを目指して 8.4 講演・討論会 in 若狭 場所:JR若狭高浜駅2階 「まちの駅ぷらっとHome高浜」 日時:8月4日(金)13時~16時45分 入場無料 主催:若狭の原発を考える会 講演 韓国で脱原発運動を進める若者 韓国で、脱原発運動を展開し、原発のない町づくりを考える若者の代表 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな意見書が可決採択されるなんて信じられないだろうが現実!

 美浜町議会の6月定例会は本日が最終日です。  委員会では、「日本政府に核兵器禁止条約の交渉会議に参加し、条約実現に真剣に努力するよう求める」請願が不採択になり、「原子力行政の充実と強化を求める意見採択」の陳情が採択されました。  この「原子力行政の充実と強化を求める意見採択」の内容がひどい。  何の危機意識もなく、福島第一原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会一般質問、河本猛(2017・6)

 一般質問の議事録が出来ました。答弁が入るとおもしろいものですね。  原発の諸問題について、蒸気発生器の問題、いじめ問題、ミサイル問題、経済効果の問題について質問しました。  編集が間に合っていない部分があるので誤字脱字があります。時間があればもっと読みやすく編集したいと思います。 1、原発の諸問題について 河本↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会一般質問、河本猛 質問部分のみ(2017・6)

 原発の諸問題について質問しました。議事録が出来ていないので答弁部分を除き、質問に使った原稿を載せます。  質問通告で、美浜原発3号機と高浜原発1・2号機で使われた蒸気発生器の伝熱管の審査で使われた規格基準と、その評価基準値の値、高浜原発で使われた規格基準で美浜原発を審査した場合は美浜原発はどのようになるのか通告していたんですが、規制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高浜原発うごかすな!リレーデモに参加しました。

 8日の午前中は、道路整備促進期成同盟会と敦賀美浜地域開発協議会の二つの総会に出席した後、敦賀の山本きよこ議員と一緒に高浜原発うごかすな!リレーデモに参加してきました。8日は高浜~おおい~小浜まで歩きながら各自治体に申し入れも行いました。    9日は小浜~若狭~美浜~敦賀まで歩き、各自治体、関西電力原子力事業本部、原子力規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5・7高浜原発うごかすな!現地集会で発言しました。

 5・7高浜原発うごかすな!現地集会に参加してきました。私も原発立地の町議会議員として住民の思いと美浜町の現状について発言させてもらいました。  美浜町の河本猛です。  私は町議会議員もやっていますので、住民の想いと美浜の現状について話をしたいと思います。原発の危険やリスクは、住民にとって脅威です。  安倍政権は北朝鮮のミサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大飯原発訴訟 島崎邦彦前規制委員長代理が証言

 関西電力は、「島崎氏の説明は、科学的に不合理であり、原子力規制委員会も基準地震動を見直す必要はないと結論づけている」というが、人間はすべての現象や法則を解き明かしてはいない。今ある科学的な定説がひっくり返ることなどよくある話で、原告側・島崎氏と関電側の異なる主張を議論し、検証することは科学の発展につながっていくものだと考えている。まさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

17億円の時間外賃金未払い 関電

関電が原発を推し進める裏で、労働者が犠牲になっている。社外の末端作業員のレベルではどうなっているんだろう。 原発利益のために過酷な労働を強いながら、賃金も払わないような会社に原発の安全を担保することができるとは思えません。 労働者は会社の方針に従順に働いているが、労働意欲は維持できているんだろうか。実態は、労働意欲の低下が広がってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会一般質問、河本猛(2016・12)

1、美浜原発3号機について 2、地域の魅力発掘やブランド開発について 一般質問しました。 1、美浜原発3号機について 河本   日本共産党の河本猛です。  美浜原発3号機について、原子力規制委員会は11月16日、美浜原発3号機の運転延長を認可しましたが、町内外で老朽原発の再稼働に対する不安の声が出ています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井県が出している原子力発電所周辺の環境放射能調査の概要の一部

 福井県が出している原子力発電所周辺の環境放射能調査の概要。  トリチウム分析の結論、「大気中水分および雨水から発電所の通常の放射性廃棄物管理放出に伴うトリチウムが検出されたが、環境安全上問題となるレベルと比べ、はるかに低い濃度であった。」という文章を読んで、みなさんはどのように思われますか?  環境安全上問題となるレベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜原発3号機 新規格なら不合格 運転延長取り消しを!

 40年を超える運転延長を11月に認可された関西電力美浜3号機について、蒸気発生器の耐震評価に古い規格を用いていたことがわかりました。新しい規格で耐震評価すれば不合格になります。裁判でも重要な争点になります。  美浜原発3号機 新規格なら不合格  藤野氏 原子力規制委の審査批判 ※2016年12月9日 (金)の原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さっそく美浜原発3号機が提訴されました。地元住民の松下さん 頑張れ!!

美浜の運転延長取り消し求め提訴 原発3号機    関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)は運転開始から40年たち、再稼働は危険だとして、福井県の住民3人が9日、原子力規制委員会の運転延長認可の取り消しを国に求め、名古屋地裁に提訴した。老朽原発の運転延長を巡っては、高浜原発1、2号機(福井県高浜町)も規制委の認可を受けており、同様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会12月定例会 一般質問の内容、河本猛(2016・12)

 質問時間のほとんどを原発について質問したんですが、新聞記者の興味を引いたのは「熟成魚の加工工場」についての答弁でした。 福井新聞↑ 日刊県民福井↑ 1、美浜原発3号機について ➀原子力規制委員会は11月16日、美浜原発3号機の運転延長を認可したが、町内外で老朽原発の再稼働が進んでいるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜原発3号機 原発40年超 美浜も許可 規制委 高浜につづき3基目

 原子力規制委員会は16日、関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の運転開始から60年までの運転期間延長申請を許可しました。東京電力福島第1原発事故を受け原発の寿命を原則40年とした原子炉等規制法の改定以降、高浜原発1、2号機(福井県高浜町)に続いて3基目です。  規制委は、これまでに再稼働の前提となる審査書を8基の原発で決定して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会一般質問、河本猛(2016年9月)

1、広域避難計画の実行性の確認について(原子力防災訓練) 2、原発と諸課題について質問しました。 1、広域避難計画の実行性の確認について 河本  日本共産党の河本猛です。  8月27、28日の両日、高浜大飯原発の過酷事故を想定した原子力防災訓練が行われましたので、広域避難計画の実効性の確認について伺ってまいります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾「原発ゼロ」閣議決定 2025年までに 再生可能エネ発展へ法案(しんぶん赤旗)

 【北京=小林拓也】台湾・民進党の蔡英文(さいえいぶん)政権が、2025年までに現在稼働中の3基の原子力発電所をすべて停止することを決めました。20日に閣議決定した電気事業法改正案に盛り込みました。改正案は近く立法会で審議入りする見込みです。  台湾では、11年の東京電力福島第1原発事故をきっかけに反原発運動が盛り上がり、建設中だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町議会が「もんじゅ」の推進・存続を求める意見書を臨時会で可決、河本反対討論(10月21日)

 高速増殖原型炉もんじゅに関する意見書が原子力発電所特別委員会から発委され、10月21日臨時会が開かれました。  私は13日に開かれた全員協議会と議会運営委員会で、意見書提出の必要はないので臨時会を招集する必要もないとする意見を述べていましたが、反対少数で臨時会を開くことが決定されていました。  21日の臨時会で反対討論を行いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more