テーマ:平和

共感し、考えさせられます。 宗教学者と考える「なぜ日本はこれほど“弱者叩きの国”になったのか」

 原発避難者へのいじめや生活保護受給者へのバッシング、隣国に対するヘイトスピーチなど、近年、日本社会の不寛容さが目立つ。この空気はなぜ始まり、どうすれば変えられるのか。宗教学者の島薗進さんに聞いた。  週刊女性2019年7月16日号 2019/7/7 https://www.jprime.jp/articles/-/15508 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町戦没者追悼式について

 10月19日、美浜町戦没者追悼式に出席してきました。  「全国戦没者追悼式」に日本共産党は出席していないのに、どうして町の戦没者追悼式に出席しているのか?と問い合わせをいただいたので、その理由を書いておきます。  美浜町主催の戦没者追悼式は、天皇中心ではなく、靖国神社との関係もありません。特定の宗教で執り行われることもなく、政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類の恒久平和、戦争のない平和な社会を託したい。

私は1978年生まれ、6年間の解雇撤回裁判のたたかいを経て、原発立地の美浜町で原発ゼロ・原発に頼らない町づくりを進める議会議員として5年目を迎えています。 2018年の本年、ついに40歳になりました。人生は困難なたたかいばかりですが、本年、長男が生まれました。権力に迎合・従属するのではなく、弱い立場の人のために権力とたたかえる強い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町南西郷地区の敬老会に出席してきました。(2016年10月23日)

 10月23日は、美浜町南西郷地区の敬老会でした。今年は南西郷地区の議員を代表して私が挨拶させていただきました。  増税と年金削減で高齢者のくらしが厳しくなっていること、戦後71年が経過して戦争を知らない世代も高齢化し、戦争の惨禍を伝えることが難しくなっていること、人口減少問題などが町の政治的課題であることを伝え、議会と行政は車の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権の異常さを知るには戦前・戦中の歴史を勉強する必要があると思って色々調べています。

作家・永井荷風の言葉が胸をつきます。  日本現代の禍根は政党の腐敗と軍人の過激思想と国民の自覚なき事の三事なり。政党の腐敗も軍人の暴行もこれを要するに一般国民の自覚に乏しきに起因するなり。個人の覚醒せざるがために起ることなり。然りしかうして個人の覚醒は将来においてもこれは到底望むべからざる事なるべし。 【読みやすく訳すと】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IS名乗る組織が犯行声明、バングラデシュで武器を持たない日本の民間人が殺害されてしまいました。

バングラデシュで邦人殺害 IS名乗る組織が犯行声明  バングラデシュで3日、日本人男性が銃で撃たれて死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートを名乗る組織が、この男性を殺害したと主張する声明を出しました。  声明の信ぴょう性は確認されていませんが、地元の警察が背景などを調べています。  バングラデシュ北部のロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法違反の安保法制反対!安倍政権に戦争法案の速やかな取り下げを求める。

 「憲法違反の安全保障法制改悪反対 7・1福井県民集会」に参加してきました。平日の夕方からの集会にもかかわらず550人が参加。 憲法違反の安全保障法制改悪に反対し、平和憲法を実現する決議案を採択しました。  この集会は、安倍政権が強行しようとしている安保法制の改悪を止めたいと願っている弁護士21人が呼び掛け、呼びかけに賛同する政党や議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民平和大行進、富山→広島コース 一緒に美浜町を歩きました。

 2015年原水爆禁止国民平和大行進 富山→広島コースは、きのう(29日)敦賀に入り、30日は敦賀→美浜→三方駅まで歩きました。  昨年、美浜町を歩いたのは3名(;゚Д゚)だけでしたが、今年は昨年の5倍を超える参加がありました。ありがとうございます(^O^)  私も核兵器廃絶、平和の想いを込めて一緒に歩きました。 美浜町役場 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国の学生・若者は自らの考えを主張している。美浜町の学生・若者は未来社会をどう考えますか?

「いくら議論したって憲法違反なんだよ!」若者が渋谷駅前で「戦争立法反対」訴える 渋谷駅前で「戦争立法絶対反対」のカードを掲げる若者たち  梅雨の長雨が途切れた6月27日午後、東京・渋谷のハチ公前広場を、安保法制に反対する人たちが埋めつくした。10代・20代の学生を中心とした自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)が呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党を好きになる理由を知ってもらいたい。「憲法破壊の暴政」と正面からたたかえる政党です!

世界から見た戦争法案の異常と危険 外国特派員協会 志位委員長の講演  日本共産党の志位和夫委員長が23日、日本外国特派員協会で行った講演と記者との一問一答を紹介します。発表にあたって、修正・加筆を行っています。  今日は、ご招待いただきまして、まことにありがとうございます。日本共産党の志位和夫でございます。  この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法破壊の異常事態に美浜町のみなさんはどう判断しますか?私は憲法を守り、戦争法案を阻止します。

安保法案廃案声明「普段は距離を置く憲法学者も賛同した」呼びかけ人・永山教授に聞く  国会で審議中の安全保障関連法案をめぐり、「立憲主義に反している」「憲法9条に反している」として、憲法学者たちから「廃案」を求める声が高まっている。東海大学の永山茂樹教授らが呼びかけ人となって6月3日に発表した「安保関連法案に反対し、そのすみやかな廃案を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美浜町のみなさんにも「倒すべき相手」を知ってもらいたい。狂った政治を変えよう!

<安保法制>小林節教授「狂った政治は次の選挙で倒すべき」 長谷部教授とともに批判  衆議院の憲法調査会で「集団的自衛権の行使は違憲だ」と発言し、大きな波紋を呼んだ憲法学者の長谷部恭男・早稲田大教授と小林節・慶應大名誉教授が6月15日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見した。2人は政府が国会に提出している安保法制について「撤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分で見て、聞いて、考えると「平和と民主主義」を守るために安倍政権を倒すべきだ!!

憲法を「安保法案」に適用させる――中谷防衛相の発言に「憲政史上最悪」と非難の声 平和安全特別委員会で答弁する中谷元防衛大臣(衆議院インターネット審議中継より)  中谷元(なかたに・げん)防衛大臣が、6月5日に開かれた衆議院の平和安全特別委員会で、集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法案について「現在の憲法をいかにこの法案に適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和がいいね!!しっかり読んでおきたい「立憲主義」 安保法案は「憲法違反」

《発言全文》安保法案「違憲」とバッサリ、与党推薦の長谷部教授が語った「立憲主義」 憲法審査会で語る長谷部教授(衆議院インターネット審議中継より)  国会で「安保法制」の審議が行われている最中の6月4日に開かれた衆議院の「憲法審査会」で、自民党、公明党が推薦した憲法学者の長谷部恭男・早稲田大大学院法務研究科教授が、与党の安保法制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井・ピースライブに1000人

 「原発や平和について思うことを表現しよう」。原発集中立地の福井県に住む青年らが20日、福井市のJR福井駅西口芝生広場で「ピースライブ」を開き、約1000人が集まりました。同じ思いで手をつなごうと5月に結成されたピースアクション実行委員会の主催。(2012年10月21日・しんぶん赤旗) 原発のない平和な社会を  音楽ライブで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

原発のない平和な未来つくろう 原発銀座、福井でピースアクション

 関西電力大飯原発など商業用原発13基と高速増殖炉もんじゅが林立する福井県で、県内の若者たちが中心となって「原発のない平和な未来をつくろう」と動き始めました。名づけて「ピースアクション実行委員会~原発のない未来へ~」。今月20日に、音楽やダンス、絵、トークなどで交流する「ピースライブ」を開催しようと準備に駆け回っています。(舘野裕子) …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

原水爆禁止2012年世界大会-広島、河本さんの参加感想文

 世界大会への参加は、今回で3年連続3回目となりました。毎年、核兵器・放射能の非人道性を再認識し、平和への想いを新たにすることで、夏が来るたびに世界大会へ参加したいと思うようになっています。  開会総会は6800人、若い参加者も多く、海外の政府・国際機関代表や平和運動団体代表の国際的な核廃絶・平和運動の取り組みを聞くと、私たち一人…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ピースアクション、ピースアート展の最終日は心に響くライブパフォーマンスでした。

 福井県内の青年が参加するピースアクション実行委員会は7月14日、ピースアート展示会場にて、「みんなの祈り総結集・ライブパフォーマンス」を行いました。 動画は福石みんさんのブログでhttp://blog.livedoor.jp/fortune2914stone/archives/…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

赤旗の1面に登場しました。大飯再稼働許さない/福井県庁前で座り込み宣伝

 「『再稼働を認めるな』の声を集中しよう」。関西電力・大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた動きが緊迫する中、原発問題住民運動福井県連絡会が呼びかけた座り込み宣伝行動が21日、福井県庁前で始まりました。ヤマ場とみられる月末にかけて続けられます。  この日は、県原子力安全専門委員会が開かれ、西川一誠知事と時岡忍町長が安…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

原水爆禁止2011年世界大会-長崎 河本さんの参加感想文

 原水爆禁止世界大会は、昨年の広島大会と今回の長崎大会で2年連続して参加する事ができました。  私は長崎出身です。帰るのは11年ぶり、市街の変わり様を想像しながらの帰郷でしたが、到着してみると以前と変わらない街並みがなつかしく、忘れていた記憶も呼び起こされました。  7千人を超える開会総会後、福井の青年は「核兵器をなくす青年…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原水爆禁止2010年世界大会-広島(2010年8月4日から8月6日)

8月4日、開会総会はすごく大勢の人で、「核兵器のない世界へ」の共通した思いが高まっていることが実感できて感激しました。会場に着くなり「NO!核兵器」「9条」Tシャツを5枚も買い込んでしまいました。 翌日の8月5日は各分科会でした。その感想文を載せておきます。 私は「分科会14-A・青年のひろば-被爆者をたずねて」に参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各国の平和運動語らう 労働者国際交流集会開く 全労連主催(2010年8月6日・しんぶん赤旗)

 原水爆禁止世界大会の関連行事として、労働者国際交流集会が4日夜、広島市内で開かれ、海外代表を含む80人が参加。核兵器廃絶や平和をはじめ、労働条件の改善を求める運動を交流しました。全労連の主催です。  歓迎のあいさつをした広島県労連の尾野進議長は、被爆65年のいま、「被爆体験の継承を労働組合の平和の課題として取り組みたい」と語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more