テーマ:労働契約

正社員と認定した画期的判決 マツダ「派遣切り」裁判

 自動車大手メーカー、マツダの防府工場(山口県)で「派遣切り」された労働者が労働組合をつくって正社員としての地位確認をもとめて争っていた裁判で、山口地裁(山本善彦裁判長)がその主張を認め、正社員の地位にあることを確認するという判決を出しました。これまでの「派遣切り」裁判の判決は、メーカー側の違法性は認めるものの損害賠償などにとどまるケー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

パナソニック若狭事件と黙示の労働契約について(事件概要もお読みください)

パナソニック若狭事件は、偽装請負・派遣法違反・労基法違反(過労死基準を超える労働を3年以上続けている事など)・不当労働行為(団体交渉拒否など)・報復行為(労働局申告後に不当な雇用条件の選択を迫った事や不当解雇など)を行っています。 「パナソニックとの黙示の労働契約について」 業務請負であれば、パナソニックは請負労働者に対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more