テーマ:雇用

福井県労連 春闘プレ企画 JAL不当解雇撤回争議団を招いた学習会に参加しました。

 5日は、福井県労連の春闘プレ企画があり、JAL不当解雇撤回争議団の内田妙子さんを招いた学習会が行われました。  たたかっている労働者の現状を聞いて、解雇撤回裁判は会社だけではなく司法や政治、強大な権力とのたたかいだった!と自分の解雇撤回裁判の苦しさも思いだしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資生堂争議 勝利和解 女性7人 解雇・雇い止め撤回(しんぶん赤旗)

 大手化粧品メーカー資生堂による解雇・雇い止め撤回を求めてたたかう全労連・全国一般神奈川地本アンフィニ分会の女性7人が、東京都労働委員会に救済を申し立てていた問題で25日、和解が成立しました。資生堂と派遣会社アンフィニが解雇・雇い止めを撤回。6年8カ月にわたるたたかいの全面的な勝利解決です。 (写真)資生堂・アンフィニ争議で全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働者を苦しめる安倍政権 絶対に許さない。

労働者派遣法改悪 成立強行許さず参院で廃案に  企業が派遣労働者を受け入れることができる「原則1年最長3年」の期間制限を撤廃し、「臨時的一時的」「常用代替」の禁止などを原則にした現在の労働者派遣制度の根幹を破壊する改悪案について、自民、公明などは衆院を強行通過させたのに続き、参院での審議入りを狙っています。大幅に会期を延長した国会で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

派遣法改悪案強行採決、労働者には過酷な権利後退

 労働者派遣法の改悪案が衆議院で強行採決され可決された。私たちがたたかってきた「派遣切り」裁判では、労働者派遣契約の根拠がない期間制限違反や偽装請負まで労働者派遣法で解釈され、裁判所は派遣先企業の違法行為を認めながら派遣法は労働者保護法ではないとして負け続けてきました。  改正に必要なのは、「臨時的・一時的業務に限る」大原則を取り払う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラック企業規制法案の提案にあたって 2013年10月15日 日本共産党

 日本共産党は、若者をはじめ働く人間を、過酷な労働に追い立て、モノのように「使い捨て」「使いつぶす」ブラック企業を国政の大問題として訴えてきましたが、参議院選挙の前進で獲得した議案提案権を活用して、国会にブラック企業規制法案を提出しました。 法案の概要――違法行為へのペナルティー強化と、ブラック企業の実態を社会に知らせる情報公開を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正社員と認定した画期的判決 マツダ「派遣切り」裁判

 自動車大手メーカー、マツダの防府工場(山口県)で「派遣切り」された労働者が労働組合をつくって正社員としての地位確認をもとめて争っていた裁判で、山口地裁(山本善彦裁判長)がその主張を認め、正社員の地位にあることを確認するという判決を出しました。これまでの「派遣切り」裁判の判決は、メーカー側の違法性は認めるものの損害賠償などにとどまるケー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ソニー 正社員の相談・加入相次ぐ

 電機13万人リストラが東日本大震災の被災地でも猛威を振るっています。ソニーは、仙台テクノロジーセンター(宮城県多賀城市)で2011年の期間社員雇い止め問題に続き、今度は正社員へのリストラを強行しています。ソニー労働組合仙台支部(電機連合加盟)には、労働者から相談・加入が相次ぎ、被災地の雇用を守ろうとたたかいに立ち上がっています。(田代…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

非正規労働2人が正社員に/キヤノンと勝利和解

 キヤノンの偽装請負を告発し、正社員化を求めていたキヤノン非正規労働者組合は21日、厚生労働省で記者会見し、同社と和解したと発表しました。組合員5人のうち2人が関連会社に正社員として復職する勝利解決。違法に働かせた責任や再発防止も約束させ、阿久津真一委員長(45)は「違法行為をしたキヤノンの責任を追及した和解ができた。すべての働く人たち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電機労働者懇談会 第25回総会

 電機産業で働く労働者とOBでつくる電機労働者懇談会(電機懇)の第25回総会が15日、静岡県熱海市で始まりました。電機懇の調査によると、電機産業では昨年以降、大企業を中心に13万2000人の大リストラが進行中。退職強要の面談などリストラの実態が各職場から告発され、たたかいを大きく広げようと交流しました。(2012年9月16日・しんぶん赤…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

解雇撤回 正社員で再就職へ会社と団交し合意 労組仙台支部「団結と支援のおかげ」

ソニー期間社員に“春”  震災を口実とした期間社員の雇い止め撤回を求めていたソニー労働組合仙台支部(電機連合加盟)は28日、宮城県多賀城市のソニー仙台テクノロジーセンターで団体交渉を行いました。ソニーは期間社員が働いていた光学フィルム製造部門の売却を発表していましたが、期間社員が再就職で正規雇用に転換できるまで責任を持つことで合意しま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パナソニック社に補助金返還要求・兵庫県12.6億円、尼崎の工場生産停止受け

 兵庫県は9日までに、尼崎市のパナソニックプラズマディスプレイ工場の生産停止・縮小を受けて、同工場に支出していた誘致補助金の一部、12億6千万円の返還を求めることを明らかにしました。  パナソニック社は2005年から尼崎市に三つの工場を建設し稼働させてきました。県は、05年稼働の第1工場に28・4億円、07年稼働の第2工場に40億…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

テレビ西日本で働く宮崎幸二さん・福岡地裁判決、ソニー・被災労働者に不当な提案

派遣法判断避け棄却 テレビ西日本 正社員化認めず 福岡地裁判決  テレビ西日本(TNC=本社・福岡市)で派遣社員として働く無線技術士・宮崎幸二さん(48)が、正社員としての地位確認と賃金差額分約4000万円の損害賠償を求めた裁判の判決が8日、福岡地裁でありました。  岩木宰裁判長は原告の請求をすべて棄却しました。宮崎さんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢もって働きたい 10・23青年大集会 私も参加

 「全国青年大集会2011」が23日に東京都内で開かれます。人間らしく働ける雇用をめざしてたたかっている3人の青年労働者が、集会に参加する思いを語ります。 たたかいのバトン次へ・・・首都圏青年ユニオン 清水文美さん 同じ思いたくさんある・・・日航客室乗務員 27歳女性 みんなの活気を感じる・・・地域労組つるが 河本猛さ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

労働者・原発の安全性を高めるためにも雇用は直接雇用にするべき(河本氏)

 原発問題住民運動福井県連絡会と「原発の安全性を求める嶺南連絡会」は共同で13日、危険な原発推進政策の転換と自然エネルギーの開発・促進を求めて、福井県と日本原子力発電、日本原子力研究開発機構、関西電力の電力3事業者に申し入れました。  日本原電では敦賀地区本部の業務・立地部長代理らが対応しました。質問で、申し入れに参加していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内部留保増えても雇用減 宮本議員が追及 文科相「要請したい」(2011年2月5日・しんぶん赤旗)

 日本共産党の宮本岳志議員は4日の衆院予算委員会で、深刻な学生の就職難問題を取り上げ、採用増などを大企業に働きかけ、政府の責任で就職難解決を図るよう求めました。  宮本氏は、昨年12月で就職内定率68・8%という深刻な実態を提示。その背景にトヨタ自動車が5年間で新規採用を3分の1に、パナソニックは3年間で6割以上もそれぞれ減らすな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

期間の定めなき雇用によるよう指導または助言、勧告する 「労働者派遣事業関係業務取扱要領」

派遣受入期間の制限を超えて労働者派遣の役務の提供を受けた場合の取扱い イ 概要 厚生労働大臣は、派遣受入期間の制限を超えて労働者派遣の役務の提供を受けている者に対し、法第48条第1項の規定による指導又は助言をしたにもかかわらず、その者がなお当該期間の制限を超えて労働者派遣の役務の提供を受けている場合には、当該者に対し、当該派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱関連会社の違法派遣 宮本議員が指導要請 大阪労働局(2010年12月21日・しんぶん赤旗)

 三菱電機の物流部門を担当する三菱電機ロジスティクスが女性労働者を22年間、違法派遣で働かせていた問題で、日本共産党の宮本岳志衆院議員は20日、大阪市中央区の大阪労働局を訪れ、聞き取り調査をしました。大阪労働局からは山内忠需給調整事業第二課長らが応対しました。  「22年間も不法派遣をしている企業にはどのような是正指導をするのか」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現行の派遣法でも正社員になれる。直接雇用は正社員で申し込むのが社会的常識(2010年11月13日)

派遣法でのたたかい 現行の派遣法では、「正社員と明記されていないから、違法行為があったとしても正社員とまでは言えない」とか、「期間の定めのある雇用契約が、期間の定めのない雇用契約に転化する事はないから、正社員とは判断できない」とか、「派遣労働者とは雇用関係にないから団体交渉に応じる義務はない」との違法企業を保護する内容の理屈がまか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR不採用問題解決報告レセプション(2010年10月16日・国鉄労働組合福井県支部)

10月16日、国鉄労働組合福井県支部は1047名JR採用差別事件の解決報告レセプションを開催しました。 採用差別事件は23年間に及ぶ闘争となりましたが、今年6月28日に国との和解が成立しました。 国鉄がJRとして分割民営化された当時、日本の労働組合の中でも社会的に大きな影響力を持っていた国労は国鉄の分割民営化に反対していまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有期雇用の使い捨て許さない(2010年10月16日・しんぶん赤旗)

ダイキンの無法告発 参院予算委 山下議員 派遣法抜本改正求める  「労働者を“細切れ雇用”で入れ替え、使い捨てることは許されない」―。日本共産党の山下芳生議員は15日の参院予算委員会で、世界第2位の空調機メーカー、ダイキン工業(本社・大阪市)で行われた無法な期間工(契約社員=有期雇用)の雇い止めを告発し、“使い捨て労働”をなくす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期待は今 福井の現場から `10参院選(2010年7月5日・福井中日)

 雇用 法改正も一寸先は闇  「おう、元気か?」「よう」「仕事してるんか?」  続く言葉はなかった。敦賀市のファミリーレストラン。正樹慎也さん(32)=仮名=は、派遣先だった家電メーカーの製造工場を辞めた元同僚の男性を見つけて話し掛けた。男性は言葉少なに店を後にした。  「彼がまた、あの工場に戻っていたら、悲しいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more