美浜町 新レークセンターの整備と電池推進実証船 本当にエコなのか???

 美浜町が整備を進めている新レークセンターと電池推進実証船の内容が明らかになってきた。  美浜町が国のエネ高交付金を活用して実証実験を進めていた電池推進実証船は、一般的な船舶が指標としている「船速ー出力曲線(Fair Good Fine)」に比べ、同一出力での船速が伸びない結果になっています。高速域の目標速力13ノットには到達できず、…
コメント:0

続きを読むread more

防災情報伝達システム戸別受信機の不具合発生について

 美浜町が新たに整備した防災情報伝達システム戸別受信機の一部に発熱などの不具合が発生しています。町行政は、町民のみなさんに使用停止をお願いするとともに、事業者に対し、機器の回収と徹底した原因究明を指示しています。  美浜町議会は議会意見交換会において、工事請負業者のNTTデータカスタマーサービス株式会社から「防災情報伝達システム」に関…
コメント:0

続きを読むread more

福井県知事が県議会に再稼働の議論を要請

 県議会の議論を経て知事の最終判断が焦点になっています。知事のパフォーマンスで関電の思惑通りに1月の再稼働は実現できなかったものの、時期が多少ズレ込んだだけで再稼働の手続きが進行しています。県議会は「結論までのスケジュールは決まっていない」と言っていますが、定例会中に結論を出してしまえばそれまでですよ。県議会に結論を先延ばしに出来るだけ…
コメント:0

続きを読むread more

福井県が原発再稼働を議論へ 中間貯蔵施設候補地の提示先延ばし(共用案)で、議論に入る前提条件クリア

 約束守らない相手に対してハードルの低い前提条件でしたね。県は議論に入るようですが、中間貯蔵施設の候補地が確定できるまで、美浜3号機、高浜1・2号機の再稼働は実施しないということなのか?それとも40年超運転を実施しながら23年に先送りした期限までに候補地が確定できなければ、23年以降は美浜3号機、高浜1・2号機を停止するといっているのか…
コメント:0

続きを読むread more

福井県知事「議論の入り口に立っていない」 高浜町長が老朽原発の再稼働に同意

 福井県知事の考えに助けられました。高浜町長が老朽原発の再稼働に同意したことで知事がどのような考えを示すのか注目されていましたが、知事は慎重な姿勢を崩すことはありませんでした。報道を見ていると知性や倫理観の差がよくわかります。  40年を超える老朽原発の再稼働同意について、関電金品受領問題の震源地である高浜町が一番早いということに人間…
コメント:0

続きを読むread more

自民党が北九州市議選で大敗

 北九州市議選で自民党が大敗しました。信頼を失った政治を改革する時です。 北九州市議選 共産党現有8議席維持 自民6議席減 菅政権に審判 しんぶん赤旗  菅義偉政権成立後、最初の政令市議選の北九州市議選(総定数57)が1月31日、投開票されました。全7区に10氏を擁立した日本共産党は8氏が当選し、現有8議席を維持しまし…
コメント:0

続きを読むread more