老朽原発の再稼働について、福井県知事が会見で「白紙の状況だ」と述べる。

 福井県の杉本知事は会見で、40年を超える老朽原発の再稼働について、関電から具体的な相談はなく、「県として(地元同意の)スケジュール感はないし、白紙の状況だ」と述べたと記事にあり、再稼働の同意に向けたプロセスが動く段階ではないという認識を示したとされます。  日経新聞には、「立地地域で信頼が高まっているという状況にはない」と述べ、県内…
コメント:0

続きを読むread more