美浜町総務文教常任委員会(2020・9)の要旨

請願第1号 日本政府に「核兵器禁止条約」への賛同と批准を求める意見書の提出に関する請願

 はじめに、紹介議員の河本猛議員より請願の説明を受け、質疑に入りました。

意見: 核爆弾の投下という、日本が受けた最もおぞましい体験を、政治は殆ど無視している状況であり、この請願は国民の多くの思いだと考える。

意見: 日米安保条約の関係で、日本政府は容易にこの条約に調印・批准しないが、北朝鮮が核兵器を保有している脅威を考えると、核兵器は早急になくするべきであり、この請願に賛同する。

意見: 核兵器禁止は世界の潮流であり、米国においても若い世代の声が大きくなっている。日本は唯一の被爆国であり、毅然とした態度で核兵器禁止を主張すべきであり、この請願に賛同する。

意見: 日本は非核三原則を堅持しながら、日米安全保障条約で米国が日本を守るという枠組みであり、米国の傘下にあるかぎり、この請願には賛同できない。


請願第2号 新型コロナ禍での老朽原発運転と再稼働準備工事の停止を求める請願

 はじめに、紹介議員の松下照幸議員より請願の説明を受け、質疑に入りました。

意見: 請願書には「高浜原発4号機では、・・・原子炉に冷却水を送るポンプが油漏れを起こし・・・」と書かれているが、このポンプは、原子炉ではなく蒸気発生器に水を送る補助的なポンプで、3台中1台が試運転中に油漏れしたものである。そして「噴出した放射性物質を含む蒸気が、原子炉の上蓋から放出される深刻なトラブルを発生・・・」と書かれているが、これはポンプの油漏れとは無関係で、核反応前の昇圧点検中に、炉心出口温度を計るセンサーの取付フランジ部から、微量の蒸気が漏れていたという比較的軽微なもので、一般の方の恐怖を煽る表現はやめるべきである。いずれにしても、再稼働準備作業は国のエネルギー政策に基づいて行っており、この請願には賛同できない。

意見: 新型コロナ感染症に対して、事業者は、全員にPCR検査を受けさせる等の対策を講じ成果も出ている。またこうした部分は、9月14日の現地視察においても確認できるので、この請願には賛同できない。

意見: 最近、大飯3号機の定期検査で配管の傷が発見され、規制庁も乗り出しているが、関電は従来の基準を根拠に損傷部を放置したまま、稼働する方針である。事故につながる危険性があると思われ、関電の対応に注目して判断して欲しい。
 また、従来3か月をかけていた定期検査が最短で40日程度に短縮されており、並行作業が増えて過密化が著しく、新型コロナ感染のリスクは極めて高いと考える。もし作業現場でコロナ感染が発生すれば、更に厳格な管理体制が要求されるので、大飯3号機の問題を考え併せれば、一旦工事を中断することは、関電にとっても悪い提案ではないと思う。そうした意味でも、この請願に賛同する。

意見: 全国的なコロナ禍の中でも、作業現場で新型コロナ感染が発生しておらず、関電はよくやっていると思う。再稼働は国策であり、計画に基づいて進めるべきであり、この請願には賛同できない。

意見: 福島原発における15m超の津波は予見されていたが、対策されなかったので大事故に至った。また原発は配管の塊のような設備なので、あらゆる固有振動数が存在し、地震動による共振によって、破損する危険部位が生じると主張してきたが、対処されることはなかった。そういう経緯もありこの請願に賛同する。

意見: 福島原発事故は大きな教訓になった。その教訓に基づき、日本は原発を世界一厳しい安全基準で規制しており、その対応を信頼して、再稼働を進めるべきだと思う。したがって当請願には賛同できない。


陳情第2号 地方財政の充実・強化を求める意見書採択について

 はじめに、議会事務局長より陳情の説明を受け、質疑に入りました。

意見: 新型コロナウイルス感染症対策についてであるが、「ワクチン開発の推進」に関する要請を付加すべきではないか。

意見: 同じく感染症対策の給付金であるが、発給業務の透明性・公正性を求める要請があってもよいと思う。

意見: 森林環境贈与税に関する陳情部分であるが、現在の仕組みは、全ての資金が行政に落ちることになっているが、山の所有者に対するインセンティブを考慮するべきではないか。また林業需要の高い自治体への優遇処置が要請されているが、林業需要が小さくとも、しっかりと保全管理されている地域への配分も必要と思う。

意見: 「市町村合併の算定特例の終了への対応」という部分は、美浜町は合併をしていないので削除すべきである。


陳情第3号 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源の確保を求める意見書につい

 はじめに、議会事務局長より説明を受け、質疑に入りました。
質疑なし 


委員会採決の結果 河本は委員ではありません。

(1)請願第1号 日本政府に「核兵器禁止条約」への賛同と批准を求める意見書の提出に関する請願は、賛成多数をもって採択することに決し、議会最終日の本会議において採択された場合は、委員長を提出者として発委することに決しました。なお、意見書の提出にあっては、条約調印国81か国を84か国に、批准国37か国を45か国に、及び残り13か国を5か国に修正することとしました。

(2)請願第2号 新型コロナ禍での老朽原発運転と再稼働と再稼働準備工事の停止を求める請願は、賛成少数をもって不採択とすることに決しました。

(3)陳情第2号 地方財政の充実・強化を求める意見書採択については、全員賛成をもって採択することに決し、議会最終日の本会議において採択された場合は、委員長を提出者として発委することに決しました。なお、意見書の提出にあっては、「市町村合併の算定特例の終了への対応」という字句を削除することとしました。

(4)陳情第3号 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源の確保を求める意見書については、全員賛成をもって採択することに決し、議会最終日の本会議において採択された場合は、委員長を提出者として発委することに決しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント