仲嶌正一議員に対して懲罰を求めることについて 陳謝の懲罰を可決 懲罰特別委員会(7・22)

 7月22日の美浜町議会の懲罰特別委員会で、陳謝の懲罰が可決されました。

 懲罰特別委員会での説明は、いつになく緊張しましたが、仲嶌正一議員(本人)、委員会から事実関係を認めてもらいました。
 「虚偽の告発・不穏当発言」については、本人が商品券受け取りの事実関係を確認せず、軽い気持ちで発言したことが原因で、郵便事業者、行政、議会に迷惑をかけてしまうことになったと認めました。

 問題となった「虚偽の告発・不穏当発言」を会議録から削除するように議会・議長に申し出をしなかった件については、取消しを願う気持ちを委員長に伝えたと述べられました。
 しかし、会期中の全員協議会において、発言の取消しの手続きについては、議会・議長に申し出る必要があることなどの詳細を説明しているので、定例会の最終日までに正式な取消しの手続きをする機会がありながら発言を取り消さなかったことが明らかになりました。

 また、委員からは、仲嶌議員が、簡易書留は受け取りの際に署名か捺印が必要であることを知っていると証言しながら、郵便配達員が玄関に勝手にほっていったとする簡易書留の商品券を何も確認せずに全部使ったというのが信じられないという意見がありました。家族が署名・捺印して受け取っていたことを知っていたから商品券を使えたのではないか?という疑問が出されました。
 誰のものかわからない商品券を普通は使えないですよね。
 予算委員会での「虚偽の告発・不穏当発言」は、議員の立場、権威を見せつけようと考えるとか、おもしろおかしく話をもってやろうと考えて発言のしたものではないか?という疑問も出されました。
 仲嶌議員は、「そんなことはありません」と短く否定しただけで、疑問を払拭するような答弁をしませんでした。

 懲罰を科すことについては、賛成多数で可決されました。反対は1人でした。

 懲罰の内容については、これまでも議員の資質を欠く行為が見受けられ、反省を感じないこと、「虚偽の告発・不穏当発言」についても悪質であると考えることから除名を求める厳しい意見がありました。
 また、言葉が軽いのは問題で反省が必要だが悪意は無いかもしれない、事実確認を怠り郵便事業者や行政の業務に迷惑をかける発言は問題など、陳謝が妥当という意見が多数あり、採決の結果、陳謝の懲罰が可決されました。

 今後、議会の本会議で懲罰特別委員会からの報告があり、質疑、討論、採決を行うことになります。本会議で陳謝の懲罰が可決されれば、本会議場で仲嶌議員が陳謝文を読み上げることになります。



懲罰動議の内容
仲嶌正一議員に対して懲罰を求めることについて


【事実】
 2020年6月8日(月)に開催された予算決算常任委員会の「議案第43号 専決処分を求めることについて 専決第3号 令和2年度美浜町一般会計補正予算(第1号)」の「がんばる美浜人応援商品券発行事業の質疑(発言)において、仲嶌正一議員(委員)は「うちの家は誰もいなかったけど、6月2日、朝10時ごろ玄関にほってありました。僕はもうそれは使いました。2日の日に。で、今みんな来ていないというし、うちは6月2日の朝10時に玄関に置いてあった」と、商品券の受け取り方法について郵便業務の不祥事を告発する発言をした。
 その仲嶌議員(委員)の発言に対して、行政は「対面で渡していただくのが原則でありますので、そこは郵便局に確認を取ります。そのための簡易書留で、うちの方は料金を支払うということでございますので、そこは通常ないと考えております。そこはまずもって確認をさせていただきたいと思います」と答弁した。
 それから昼の休憩をはさみ、午後1時30分から予算決算常任委員会が再開される前に、議案43号についての仲嶌議員(委員)の質疑(発言)について、委員長から訂正とお詫びがあるということで、仲嶌議員(委員)が発言を行った。
 仲嶌議員(委員)は、「午前中の商品券の確認について、妻に確認しましたところ、私がサインしたということで、1週間前の話で、僕もそれを今日初めて、サインしたことを正直に聞いたので、ここに改めてお詫びいたします」、また「商品券を郵便局が持ってきたんですけど、私としてはサインしていないと思ったら、家内はサインしたと今日初めて1週間後に喋って、確認したところであります。申し訳ありません」と、発言した。

【懲罰動議提出の理由】
 2020年6月8日(月)の予算決算常任委員会での仲嶌議員(委員)の発言は、何の根拠もない、身勝手極まりない憶測によるものである。
仲嶌議員(委員)本人が、午後の予算決算常任委員会が再開される前に、議事とは関係のない「お詫び」を述べたのは、自らの「不穏当発言」を認めるからである。
 仲嶌議員(委員)の「不穏当発言」は、行政による郵便事業への確認事項が生じるものであり、行政運営に支障をきたすものであるばかりか、郵便事業に対しても、多くの受け取り世帯の中から受取人を確認するという作業により、業務へ多大な負担を与えるものである。何の根拠もない虚偽の告発によって、行政及び郵便事業の業務を妨げるような行為は許されるものではない。
 刑法第172条には、人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、3ヵ月以上10年以下の懲役に処する、という虚偽告訴等罪(きょぎこくそとうざい)がある。
 仲嶌議員(委員)が委員会で発言した告発は、郵便事業の業務にかかわる者に刑事又は懲戒の処分を受けさせる内容であった。仲嶌議員(委員)の身勝手極まりない憶測による何の根拠もない虚偽の告発、「不穏当発言」、は、議会の品位にかかわる大問題である。

 仲嶌議員(委員)の「不穏当発言」は、その根拠が不明確で事実と異なる虚偽であるばかりか、議事に関係のない個人の私的な問題を発言したものであり、「不穏当発言」の該当基準に当てはまる。(不穏当発言とは、一般的には無礼の言葉、他人の私生活にわたる発言、誤解した発言、感情的な発言等、一切の不適切な発言をいう。不穏当発言の基準としては、1、事実に反する発言、2、相手の立場になったとき不快感を覚える発言、3、基本的人権を侵害する発言のいずれかに該当した発言。)
 また、地方自治法132条には「普通地方公共団体の議会の会議又は委員会においては、議員は、無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない。」と規定されている。その趣旨は、「本会議や委員会の場は地方公共団体の事務に関わる公の問題を議論する場であって、議事に関係のない個人の問題を議論すべきでないこと」とであり、議場の秩序を乱すものや議会の品位を落とすようなもの、他人のプライバシーに関するものは発言してはならないとされている。
 議会議員はその発言に責任を持たなければならず、問題発言には政治的責任、道義的責任を問われることになり、発言内容によっては、地方自治法134条での懲罰の対象になる。
 仲嶌議員(委員)の「不穏当発言」は、明らかに議会議員としての品位を欠く身勝手極まりない憶測による虚偽の告発であり、懲罰の対象となることから、その内容等を会議録原本に証拠として記載する必要がある。
 議会において、【事実】の仲嶌議員(委員)の「不穏当発言」を許しておいては、行政及び郵便事業の業務を妨げるような行為を議会が容認することになり、虚偽による不当な告発で人に刑事又は懲戒の処分を受けさせるような行為が議会(委員会)で繰り返され、秩序の維持が困難になる。
 この【事実】を議会が放置するようでは「議会の品位」を保持することはできない。

 仲嶌議員(委員)の発言は、地方自治法134条の懲罰の対象になる「不穏当発言」(発言の根拠が不明確であることや事実と異なる発言)である。
 また、地方自治法132条の「本会議や委員会の場は地方公共団体の事務に関わる公の問題を議論する場であって、議事に関係のない個人の問題を議論すべきでないこと」、「議場の秩序を乱すものや議会の品位を落とすようなもの、他人のプライバシーに関するものは発言してはならない」との趣旨に反していること。
 美浜町議会基本条例 第3章 議員の活動 第3条の2項、「議員は、町政の諸課題について、町民の意見等を的確に把握し、これを政策形成に反映できるよう自己研鑽や資質の向上に努め、町民の代表としてふさわしい活動をしなければならない」に反していること。
 同 第4条、「議員は、高い倫理的義務が課せられていることを常に自覚し、良心と責任感を持って議員の品位を保持し、見識を養うよう努めなければならない」に反していること。
 美浜町議会会議規則 第102条、「議員は、議会の品位を重んじなければならない」に反していることなどがあげられる。
 私的で身勝手極まりない憶測による虚偽の告発により、行政及び郵便事業の業務を妨げ、人に刑事又は懲戒の処分を受けさせるような行為は、議会(委員会)の秩序を乱し、「議会の品位」を落とすものである。
 よって、美浜町議会会議規則 第13章 懲罰 (懲罰動議の提出) 第110条の規定により懲罰動議を提出する。

【懲罰事項】
 仲嶌議員(委員)の懲罰動議は2度目であり、議会議員としての資質を疑われる発言や態度は、今回が初めての事ではない。今回の「不穏当発言」については、議場外の発言ではなく、予算決算常任委員会という公的な委員会の場での発言であり、本人が取消しを申し出たとしても「不穏当発言」を行った事実に対しては、責任を負わなければならないので懲罰の対象となる。ましてや身勝手極まりない憶測により、何の根拠もない虚偽の告発をすることで、行政及び事業者の業務を妨げ、人に刑事又は懲戒の処分を受けさせるような行為は許されない。
 仲嶌議員(委員)の「不穏当発言」は、議会の品位を落とし、行政運営に支障をきたすことにとどまらず、郵便事業の業務にまで及ぶ直前であったことから、その責任は重く、陳謝又は出席停止の懲罰に相当すると考える。
 仲嶌議員(委員)の資質を厳しく正し、議会の品位を保持するよう議会(懲罰特別委員会)の適切な判断を求める。
以上



懲罰特別委員会では、以下の確認を求め、慎重審議を経て妥当な判断をしていただきました。

1、本会議での仲嶌議員の弁明が支離滅裂でわかりにくく、聞き取れない部分もあったので、会議録(議事録)で確認していただきたい。
2、【事実】について、仲嶌議員の認否を確認し、仲嶌議員が否定した場合は、懲罰特別委員会で認定していただきたい。
3、「虚偽の告発・不穏当発言」について、仲嶌議員の認否を確認し、仲嶌議員が否定した場合は、懲罰特別委員会に認定していただきたい。
4、刑法第172条の罰則に値するかは裁判所の判断であるので懲罰特別委員会に判断を求めるものではありません。また、町民が抱く疑念を議員が議会の場で発言し、町行政に事実関係・真相を確認するようなものは、疑義を正し、真相を解明する役割を果たすものなので問題にしていません。
 仲嶌議員の「虚偽の告発・不穏当発言」は、議員個人の身勝手極まりない憶測よるもので、郵便事業の業務にかかわる者に刑事又は懲戒の処分を受けさせる内容であるため、その悪質性について、仲嶌議員の認識度を確認し、懲罰特別委員会としても「虚偽の告発・不穏当発言」の悪質性について問いただしていただきたい。
5、「議会の秩序」を保持するために、懲罰特別委員会において、仲嶌議員の「虚偽の告発・不穏当発言」を「議会の秩序を乱す行為」と認定していただきたい。
6、「議会の品位」を保持するために、懲罰特別委員会において、仲嶌議員の「虚偽の告発・不穏当発言」、弁明、悪質性の認識度、反省の度合い、議員としての資質などを総合的に判断して、「議会の品位を落とす(汚す)行為」であると認定していただきたい。
7、「虚偽の告発・不穏当発言」は会議録(議事録)に残ります。議会議員の職にあるものが、公の会議の場で、事実に反し、郵便事業者が不快感を覚える「虚偽の告発・不穏当発言」をしてしまったことについて、どうして「発言の取消しの手続き」を行わなかったのでしょうか? 悪質性を認識し、反省しているのであれば、会期中に発言の取消しを申し出るはずですが、なぜ発言の取消しを申し出なかったのか、問いただしていただきたい。
8、懲罰事項で、陳謝又は出席停止の懲罰に相当するという考えを述べていますが、身勝手で議会の品位を落とす「虚偽の告発・不穏当発言」について、議員の資質として不適格な内容からすると当然、除名もあると考えています。
 陳謝又は出席停止の懲罰に相当するという考えは、行政による郵便事業者への確認事項が直前で止まったことで、郵便事業者への責任追及にまでは及ばなかったことを考慮したものです。
 事実に反し、郵便事業者が不快感を覚える「虚偽の告発・不穏当発言」は、美浜町議会の会議録(議事録)に残ります。その悪質性が高く、本人の反省の度合いも確認が難しく、議員としての資質を著しく欠くという場合は、除名に値すると考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント