規制の抜け穴を利用した再稼働を許してはいけない!

 規制の抜け穴を利用した再稼働をめざすのは、原子力事業者として危機感がなく、安全意識が低いと思います。
 議会も非公開にする必要はないだろうと思っています。原発にかかわる問題は、住民にとって重要なので、特別委員会まで設置して議論する環境を整えているのではないでしょうか。民主的に公開して議論を重ねるべきです。
 住民にとって重要な原発にかかわる問題が、議会で非公開のうちに議論されたら、議会の公開性や透明性、住民の知る権利は後退する一方です。
 「原子力との共生」を掲げる美浜町、それを追認するばかりに議論の場が非公開になるという誤った方向に向かわないようにしっかり注視していく必要があります。


対テロ施設計画「設置期限までは運転可能」 美浜3号機、関電説明 中日新聞 福井 2019年6月13日

 関西電力が再稼働を目指している美浜原発3号機(美浜町)について、テロ攻撃などに備えた「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の建設が遅れた場合でも、安全対策工事が完了する二〇年七月から特重施設設置期限の二一年十月までは、地元同意を前提に運転が可能だという認識を美浜町議会側に説明したことが、同社などへの取材で分かった。
 特重施設を巡っては、原子力規制委員会が四月、期限内の施設完成が間に合わない原発に対して、運転停止を命じる方針を決定。関電が四十年超運転を目指す美浜3号機や高浜原発1、2号機は現時点でいずれも完成が遅れる見通しで、予定通り二〇年以降に再稼働しても早期に期限を迎えることから、再稼働に向けた先行きが不透明になっている。
 美浜町議会は今月三日、関電担当者を招き、美浜原発などに関する議員説明会を非公開で開催。関電側は特重施設の設置期限までは運転が可能だという認識を説明した。特重施設の早期完成も目指すとした。
 これに対し、市民団体「原発問題住民運動県連絡会」は十二日、県庁を訪れて県に美浜3号機の再稼働に同意しないよう要請。「特重施設のテロ対策が間に合わないにも関わらず再稼働するのは規制委に対する違反にあたる」などとして、関電を批判した。
 関電は取材に「美浜3号機の再稼働時期は現時点で未定。立地地域の皆さんのご理解を得て進めていく」と説明した。
 高浜原発では、工事完了予定から特重施設の完成期限まで1号機で一年一カ月、2号機で五カ月と短い。再稼働済みの高浜3、4号機と大飯原発3、4号機(おおい町)もそれぞれ二〇年八月~二二年八月に期限を迎える。
 (今井智文)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック