美浜町産業厚生常任委員会(2019・3)要旨

(1)議案第20号 美浜町国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
質議: 追加する条文に「特別な理由がある被保険者」とあるが、この特別な理由について具体的に説明願いたい。

回答: 現在、取扱い要項を作成中であるが、世帯主が対象となり、概ね次の4つのケースになる。①震災・風水害等の災害によって、亡くなったり障害を受けたり、財産に重大な損害を被った場合。②干ばつ・冷害等で農作物等が不作又は不良になり、所得が著しく減少した場合。③事業の休廃止・失業等により収入が著しく減少した場合。④その他、前記の3ケースと同等の事象があった場合。であり、詳細な処遇については県の設けた基準を調整して決めることになる。

質疑: 減額率であるが、人によっては保険税を全額減免する場合もあるのか。

回答: 今回の条例は、国民健康保険税とは別で、医療を受ける場合の2割とか3割負担が対象になるということで、健康保険税の減免については、税務課で平成23年度に町独自の減免規定を設けており、そちらも基準に基づき対応している。


(2)議案第21号 美浜町水道法施行条例の一部を改正する条例の制定について
質疑: 水道に関するいろんなトラブルがあり、原因がわからなかったりしているが、具体的にはどんな資格を持っているのか、またどの程度の要件が整えば資格を取得できるのか。

回答: この条例は、水道事業主体である町の水道事業員(職員)の資格のことであり、具体的には、水道技術管理者及び水道の布設工事の監督者であり、一般の事業者はこの条例の対象にはならない。

質疑: それは理解しているが、資格取得するためにはいろんな専門知識が必要と思う。勉強のために教えて頂きたい。

回答: 短大、四大等の学歴や実務経験によって異なるが、当町の場合は厚生労働省が定める3週間の講習を受けた後受験し、合格後2週間の実施研修をうけて修了証を貰うことにより、先ほど説明した資格を取得している。

質疑: この資格は技術士法でいう技術士ではないのか。

回答: そういう意味での技術士ではない。技術士もこの資格を取得できるが、先ほど説明した講習を受けて取得する道も開かれており、この方法での有資格者は職員に5名いる。


(3)議案第22号 美浜町保健福祉センター大規模改修事業基金条例の制定について
質疑: 改修の順序であるが、民間であれば先に雨漏りをなくし、その後屋内を直すと思うが、それが逆になっている。防水工事が来年度(32年度)になるということは、現状の雨漏りは大きくないのか。

回答: 一部タイルが浮いている外壁と、風呂・和室・調理室部分の上部分を集中してやりたい。現在、幾分漏れてはいるがすぐに修理するほどでもないので先に屋内を改修したい。

質疑: 31年度に浴室を直す計画であるが、その間風呂は無くなるのか。

回答: 今回の大規模改修は、およそ8ヶ月要すると思う。その間、お風呂もそれなりの期間、営業停止させていただきたい。ただし利用者の利便性を考え、工事業者が決まればなるべく短期で出来るように進めたい。

要望: 住民、特に今までの風呂の利用者に、きちんと知らせないと混乱すると思うので気をつけてお願いしたい。

質疑: 工程であるが、順次エリアを決めてやるのか、それとも一気にやるのか。

回答: 先ほど申した通り工期は8ヶ月程度を要すると思うので、エリアを決めてやるという方法もある。どういう方法がいいのか工事業者を交え最終的に詰めていく。

質疑: 事務所関係は一切改修しないようだが差し支えないのか。

回答: 事務所については空調関係を触るので、執務に支障がないように状況を見ながら実施したい。

質疑: この工事には子育て支援センターの移転工事も含まれており、以前の全員協議会での説明時に、いろんな意見や提案が出ている。例えば屋外のコンクリート梁が、日差しや視界を遮るので改善できないかというものであるが、何か取り入れた箇所はあるのか。

回答: この部分については、撤去するにも多大な経費がかかるのでそのままにしているが、元々日当たりが良くない場所なので工夫をしたい。子育て支援センターの床は、弾力性のあるカーペットに変更し、周りのクロスも柔らかいものに変更したい。

要望: 我々議員は、必ずしも計画の初期段階から参画しておらず、専門分野でない場合も多いので、無理な提案をしていることも多々あると思うが、それらに対しては一方通行ではなく、「こういう風にやりました」「これはできません」など、後からでも回答していただく方がいいと思う。

質疑: 大ホール(ハートホール)を多人数で使う場合も多いが、現在は大ホールの南側入口のみから出入りしており手狭な感じがする。子育て支援センターが移設されることを考えると、更に混み合う気がするので、大ホールの北側の出入口をもう少し活用できるように考えてはどうか。

回答: そうした思いもあり、子育て支援センターについては、すこやか広場近くの事務室の右側に専用の玄関を設け、そこから保護者やお子さんが出入りするよう配慮した。大ホールへの出入りは今まで通りになると思う。

質疑: ということは、大ホールへの出入口については全く何も検討されていないということか。

回答: 現状の実施設計段階ではそこまで配慮していないが、どういったことが可能か実施設計の業者と協議をしてみる。

質疑: この工事の工事監理は設計事務所がやるのか、または公社がやるのか。

回答: 現在は公社ではなくて設計業者にお願いする計画である。

質疑: 工事監理の金額の規定があるのか。

回答: 総事業費の何パーセントという基準があると聞いている。

質疑: 何パーセントなのか役場で把握していないのか。

回答: 申し訳ないがまだ把握していない。

質疑: 工事期間中の、各部屋の使用可否期間等の細部は詰まっていないのか。

回答: 工事は8か月に及ぶので、当然使用できない部屋が生じる。そういう場合はなびあすや公民館の各部屋を利用していただくことになる。利用者と相談をしながら進めていきたい。


(4)議案第23号 美浜町水産振興施設整備事業基金条例の制定について
質疑: 丹生の施設を見てきたが酷い状態である。基金を集めるのは分かったが、いつこの事業をやる予定か。

回答: 耐用年数が50年で現在44年経過しており、少し耐用年数が残っているので、国との調整が済み次第できれば31年度に実施したい。

質疑: 事業費には建物も全て含んでいるのか。

回答: 建屋も改修工事をしたいと考えており含んでいる。

質疑: 計画中の冷凍設備には、急速冷凍の機能があるのか。

回答: 現在そこまでは考えていない。現有設備と同じ程度の冷凍冷蔵の機能を持つものである。


(5)議案第24号 美浜町町道久々子・金山線及び町道佐柿・郷市線道路改良事業基金条例の制定について
質疑: いろんな基金の積立が計画されているが、大きな企画はもっと事前に議会に説明してもらえないか。

回答: 特に大きな計画については、これまでもこれからも、議会に丁寧な説明をやっていくが、そのタイミングは議長または委員長と相談しながら進めていきたい。

要望: 議会として「議会と語ろう会」で町民の方々と直に話し合うが、その中で箱物に対する意見が多い。今回の積立金についてはほとんど異論がないが、私達が、箱物批判に当たる企画を感じた時に、既に資金の担保とかが入っていると、バック(見直し)が効きづらく、町民の箱物批判に答えられない。細部はなくとも大まかな行政の考えを、企画・コンセプトの段階で議会に周知し、うまく機能すればそれは推進力になる。今後は、出来るだけ早い段階で提案していただくように要望する。

質疑: 耳川橋の完成と全体工事日程について、分かったら教えて欲しい。橋の完成が遅れており、あちこちから苦情も相次いでいるが、概略日程が判れば住民に説明できる。

回答: 30年度末完成で進めていたが、国からの予算が下りず遅れが出た。前町長とも国に強く要望しており、4月から即工事にかかれると考えている。一番のネックは耳川の6月15日から10月15日の期間は河川の中の工事ができないということでいろんな調整もしており、31年度中には完成させるという大きな目標で進めている。


(6)議案第25号 美浜町丹生地区農業用施設及び菅浜地区農業用施設改修事業基金条例の制定について
質疑: 工期が、丹生地区に関しては2年、菅浜地区に関しては3年だが、どうして単年度でできないのか。

回答: 双方ともに、詳細な実施設計をするのに半年から10ケ月かかると見ており、菅浜については工事区間が2キロあるので、工事が2年かかると考えられ、併せて3年かかるとしている。

質疑: この工事によって海に泥水が流れてこないのか。

回答: 土なぶりをするので、どうしても泥が流れる可能性は考えられる。汚濁防止膜等を駆使し、少しでも軽減されるように努力していくが、何年間かはそういう恐れがあり得ると思う。出来るだけ防止する努力を行う。

要望: 農林水産課にも情報が入っていると思うが、佐田の下のあたりにものすごい泥水があり、そのおかげで魚が入らず、定置網をやっている漁師が本当に困っている。工事をやるなら短期間でやり、出来る限り泥を流さないやり方をしてほしい。

(7)議案第26号 美浜町保健福祉センターの指定管理者の指定について
質疑: 大規模改修されて、子育て支援等の他の機能も入ってくる訳だが、それによって建物内の管理のエリアが変わってくるのか。もう少し詳しくお聞きしたい。

回答: 31年度については、現状通り全体を管理していただくが、32年度以降については支援センター機能が入ってくるので、どういう管理をするのか社協さんと調整していきたい。

質疑: 管理するエリアが当然少なくなる訳であるが、金額はどうなるのか。

回答: 31年度で指定管理料が2700万円ほどである。大きなものは光熱費で、年間780万円ほどみているが、支援センターが入れば若干増えると思われる。基本的には要した経費は指定管理料として支払うことになり、また管理エリアは小さくなるので、社協さんと協議し調整していく。


委員会採決の結果(河本は委員ではありません)

(1)議案第20号 美浜町国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、全員賛成をもって承認することに決しました。

(2)議案第21号 美浜町水道法施行条例の一部を改正する条例の制定については、全員賛成をもって承認することに決しました。

(3)議案第22号 美浜町保健福祉センター大規模改修事業基金条例の制定については、全員賛成をもって承認することに決しました。

(4)議案第23号 美浜町水産振興施設整備事業基金条例の制定については、全員賛成をもって承認することに決しました。

(5)議案第24号 美浜町町道久々子・金山線及び町道佐柿・郷市線道路改良事業基金条例の制定については、全員賛成をもって承認することに決しました。

(6)議案第25号 美浜町丹生地区農業用施設及び菅浜地区農業用施設改修事業基金条例の制定については、全員賛成をもって承認することに決しました。

(7)議案第26号 美浜町保健福祉センターの指定管理者の指定については、全員賛成をもって承認することに決しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック