美浜町予算決算常任委員会(2018・12)の要旨

議案第67号 平成30年度美浜町一般会計補正予算(第3号)について
質疑: 子育て支援センターの移転後の建物は壊すのか。

回答: 施設立地場所が非常に危険な場所にあり、地元と協議し、子育て支援センターの部分は、後利用が無ければ撤去し、体育館の部分については、西分館という位置づけにあり、対策を講じて使えないか総合的に判断し、進めて行きたい。

質疑: コミュニティバス停留所標識に26万2千円掛かるというが、取替えか新設か。

回答: 停留所に設置してある標識や時刻のパネル等は町で購入したものを業者に保管していただき、停留所を新設した場合や標識が破損した場合に取り替えをお願いしている。今回予備がなくなり補完のために計上したものである。

質疑: 防犯用の街路灯の設置工事だが、どこかに新設したのか、老朽化して交換したのか。

回答: 台風によって電柱が壊れた修繕もあるが、現在要望のあった4地区の新規工事である。

質疑: 障害児福祉サービス給付事業の金額はあいぱるの利用者増によるとのことだが、これは指定管理者の方にこの収入も入るのか。

回答: 今回予算計上している181万円は、利用者が増えたことにより、町の支出が増えたということで、指定管理者に払う分である。

質疑: あいぱるを全部管理してもらい指定管理料を払うのに、仕分けして払わなければならない理由は。

回答: あいぱるの運営費は、年間1,600万円から1,700万円ほどの事業費が掛かっており、町が現在指定管理料に1,000万円を支払っており、後の残りは事業所が障害児を受け入れ、支援費を受け取るということで成り立っている。

質疑: あいぱるの委託料の185万8千円増えた要因を教えて欲しい。

回答: 要因は、放課後デイサービスの利用者が昨年に比べ1.5倍ほど増えていることと、あいぱるに繋げる療育事業の充実のため、保育士1名の増員を図った増額である。

質疑: はあとぴあの大規模改修工事は、子育て支援センターがはあとぴあへ移転するためと言われたが、今後、道の駅にも子育て支援の施設を造っていくという絡みから、同じ様な施設を2つ造るのはいかがなものか。道の駅オープン迄の緊急避難的な措置なら大きな工事費を掛けないほうがいい。どのような施設にしようと考えているのか。

回答: 子育て支援センターの機能をはあとぴあへ持っていく理由だが、子育て支援世帯が、現在支援センターを利用されている実態やその方々のニーズでは、乳幼児とその保護者が大半であり、小さい子供が安心して過ごせる場所が欲しいということ、現在は交通の便の良いところではないが、保健師を近年配置したこと落ち着いた静かな環境で居心地が良いこと、育児不安を抱えている保護者が多く、安らぎの場になっていること、支援センターとは、お子さんだけでなく保護者がそこへ行って保健師に相談したりして自分の気持ちを和らげ、安心して子供を見ることができることである。そのため、道の駅に持っていくという相乗効果は良いと思うが、はあとぴあのような落ち着いた場所が望まれていると思う。

質疑: 道の駅はこれから造る段階で、実際に視察してきた所も清楚で静かなところで、一概にうるさいとか騒々しいということはなかった。道の駅に造るのも、はあとぴあに造るのも対象者が一緒で、取り合いになる。無駄をなくするために、今のうちに横の連絡を取りながら設備を考えてはどうか。

回答: 現在、道の駅で計画されているのは、職員を置かず交流を目的とした施設だと聴いている。先ほど利用状況を申し上げたが、保護者によっては育児不安を非常に抱えておられ、支援センターで気持ちをリセット出来たという声も聴く。はあとぴあで運営していきたいと考えている。

質疑: 道の駅に関しては、これから検討する段階なので、いくらでも変更できるため、固定概念を持たないほうが良い。現在、乳幼児健診等の場所はどうなるのか。

回答: 乳幼児健診については月1回ほど、はあとぴあで行っているが、使われなくなった機能訓練室などがあり、その場所の活用で健康づくり関係の事業を展開していきたい。健診については月に1回のため、支援センターと調整を図り、支障のないようにしていきたい。

質疑: 機能回復訓練施設の利用がないということだが何故か。

回答: はあとぴあは、平成10年に供用開始したが、当時はデイサービスセンターが今ほど十分ではなく、機能回復訓練の場所が必要ということで整備されたが、平成12年に介護保険ができ、そういった施設が町内各所にできて利用が無くなった。

質疑: はあとぴあの改修事業だが、実施設計の委託料が出ているが、これをやって建設費が正確に出て来るのか。

回答: 実施設計をして、概算の事業費が算出される。

質疑: はあとぴあでの子育て支援と、道の駅で考えている利用者との対応の違いを明確にしておかないと上手く議論が出来ないのではないかと思う。基本的には、行政からはあとぴあではこういうことを行い、道の駅ではこの程度で行くのだと、趣旨の違うものの説明がないと議論がかみ合わないが、如何か。

回答: 子育て支援センターは、基本的には町民が対象で、子育てに対する相談・助言・情報提供が役割で、同じものを整備するものではない。
道の駅は美浜町地域づくり拠点化施設ということで、管理運営についてはPFIの関係で民間事業者に任せたいと考えている。コンセプトということになれば、道の駅施設利用者の交流を目的というのを大きく上げていて、交流の施設整備を行うものである。機能の内容として、親子で遊んでもらうキッズルームの整備を考えている。利用の対象者は、町内外を問わず利用可能な施設で、約200平米ほど考えている。

質疑: はあとぴあの修繕工事が60万円ほど計上されているが、大規模修繕と一緒にやれないのか。

回答: 今回の修繕は台風21号の影響で外壁が一部剥がれ、災害保険で対応するための計上である。

質疑: 敦賀市の病児・病後児保育施設の整備負担金の1,780万3千円だが、敦賀市と委託契約するのだろうが、条例に明記もなく、委託で発生した料金のみを払えばよく、建設費まで必要なのか。

回答: 建設費の負担は、当初敦賀市と一緒にやっていく中で、応分の負担のお願いもあり、建設費負担と今後発生する運営費の負担をすることで、美浜町の子供も平等の扱いをしてもらえる。

質疑: 平等に扱うというのであれば、双方の条例に明記するべきだ。委託契約だけで終わっているなら、利用した分だけ払えば良いのではないか。

回答: この施設はあくまでも所有は敦賀市であり、敦賀市の方で設置管理条例を制定し、その施設を利用させていただくために、今回負担金としてあげている。

質疑: 園芸産地総合支援事業や中山間地集落農業支援事業の県と町の負担割合は。

回答: それぞれの事業について、県は補助対象事業費の3分の1、町については美浜町農業計画アクションプランに基づき、園芸振興への支援は3分の1、水稲機械等導入への支援は4分の1又は、6分の1を基本に支援している。ただし、今回の園芸産地総合支援事業については、事業主体が新規就農者であるため、2分の1を計上している。

質疑: 園芸産地総合支援事業の中で、ハウスが台風で破損したので防風ネットを設置するとあるが、内容は。

回答: 高さ3m、長さ36mの防風ネットを設置するものである。

質疑: 中山間集落農業支援事業だが、新規農業者の農業機械、種類や台数を聴きたい。

回答: 事業主は3名、1名はコンバイン、1名は農作業庫、もう1名はトラクターとそのアタッチメント、コンバインとそのアタッチメントを支援するためのものである。

質疑: 橋梁は町が自主的に造るものなのか、国が必要性を感じて造るものなのか。

回答: 橋梁は、長寿命化計画を町で策定し、点検は4段階あるが、3段階になった時点で修繕が必要となり、国の交付金対象で行えるようになっている。

質疑: 収入の国庫支出金の金額が違う理由と状況を聴きたい。

回答: 国の考え方は、橋梁の場合は国費として大規模修繕で50%、社会資本整備交付金で5%交付され、実際には55%国費として入ってくる。通学路などの道路整備については55%で、一般道路の場合は50%である。事業によって補助率が変わってくる。


議案第68号 平成30年度美浜町診療所事業特別会計補正予算(第1号)について
質疑なし。


議案第69号 平成30年度美浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について
質疑: 支出のUPSのことだが、パソコンのバックアップの電源と聞いたが、これがないとデーターが消えてしまうということか。

回答: データーが消えるということではなく、停電で急に電源が落ちた場合は元データーを町のパソコンに移動するためのパソコンに不具合が生じる可能性がある。この場合は手動でデーターを移動することになる。

質疑: データーの内容はどこかにバックアップしていないのか。

回答: 大もとのデーターは県が全部保管している。

質疑: 高額医療費の対象になる医療費の額と人数は何人か。

回答: 一人ひとりの所得や世帯の人数によって高額医療費の対象額が変わり、医療を受ける状況で常に変動しているので、対象者は固定されていない。


議案第70号 平成30年度美浜町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について
質疑なし。


議案第71号 平成30年度美浜町集落排水処理事業特別会計補正予算(第2号)について
質疑: 日向地区の集落排水の調査設計だが、設計業務の後は新しくするのか補修するのか。

回答: 調査をし、状況を踏まえて必要なら補修する方向で進めていきたい。町内に漁業集落が3つあるが、国の方針としては、こういった計画を策定して施設の長寿命化とか、効率的な施設運営を行っていくようにといった指示がある。

質疑: この場所は、臭いが強いなどの問題が発生していたが、新たにやり直す考えはないのか。

回答: 話は聴かせて頂いている。この調査結果を踏まえて、良い方法がないか検討していきたい。


議案第72号 平成30年度美浜町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について
質疑なし。


委員会採決の結果

(1)議案第67号 平成30年度美浜町一般会計補正予算(第3号) は賛成多数をもって承認することに決しました。河本反対×

(2)議案第68号 平成30年度美浜町診療所事業特別会計補正予算(第1号)は全員賛成をもって承認することに決しました。河本賛成○

(3)議案第69号 平成30年度美浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)は全員賛成をもって承認することに決しました。河本賛成○

(4)議案第70号 平成30年度美浜町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は全員賛成をもって承認することに決しました。河本賛成○

(5)議案第71号 平成30年度美浜町集落排水処理事業特別会計補正予算(第2号)は全員賛成をもって承認することに決しました。河本賛成○

(6)議案第72号 平成30年度美浜町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は全員賛成をもって承認することに決しました。河本賛成○

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック