大津地裁で高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じる仮処分決定が出た!

 大津地裁で高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じる仮処分決定が出ましたね。仮処分だと直ぐに効力が生じるから高浜原発停止です。関西電力と規制委員会は、厳格な審査・点検をやっても放射能漏れやトラブルを起こして危険を実証したんだから止めるのが当然だ!と考えています。

 住民の勝利だ~(* ̄∇ ̄)ノ

 ですが、地元では関電があるから助けられている部分も多くあり、働いている人もたくさんいます。彼らには家族がいます。原発が止まることで困る人々の保障はされますか?という意見をいただきました。

 確かに、ひとたび事故を起こせば環境や社会経済に及ぼす影響が図り知れず、電力供給の面でも長期間停止する不安定でリスクの高い原発が停止している期間の生活保障もしっかり考えるのが政治の役割です。

 電力会社に停止期間中の労働者の生活保障をしっかり行わせるよう政治が力を発揮する時ですね。政府や国の機関に対する働きかけを強めましょう。

 そして、原発の経済的影響による仕事・恩恵が得られない事を考えるなら、同時に原発の経済的影響を受けない・必要としない広範囲で多数の住民の事も考えなければいけません。
 労働・くらし・家族の事を考えることができるのなら考えることができるはずです。

 電気は原子力以外でも発電でき、そこで雇用も生まれますが、原発の経済的影響下にない広範囲で多数の住民が生活環境を奪われた時、誰が保障できるのか?という問題をしっかり考えましょう。
 電力生産の部分では、長期間停止している原発は電力供給も不安定ですし、止まっている間も管理・維持に人材や維持補修費・安全対策費ががかかります。科学的にも処理にいきづまり、社会的にも受け入れ先がない高レベル放射性廃棄物の処理を考えれば高コスト、将来世代にわたる社会的な高負担なので、すぐにやめるべきです。経営的にも高コスト・高負担・高リスクですね。

 原発はすぐにやめるべきですが、私たちは関西電力に潰れろ!とか消えて無くなれ!とは言っていません。

 何より、発電所の経済的影響力にかかわらず、労働者も住民も誰もが被ばくすることなく安心して働き、暮らせる地域にしていかなければなりません。そのためにも一刻も早く危険な原発を廃炉にして、原子力以外の発電方法に転換していく必要があります。

 私たちは、原発で働いている労働者、原発で利益を受ける者、原発の経済的影響下にない広範囲で多数の住民、すべての人々のくらしを考え、誰にも被ばくしてほしくないんです。

 原発がなくても生活ができる!安心して働き、暮らせる!原発の経済的影響をまったく必要としない社会にするために、私たちは全力を尽くします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック