IS名乗る組織が犯行声明、バングラデシュで武器を持たない日本の民間人が殺害されてしまいました。

バングラデシュで邦人殺害 IS名乗る組織が犯行声明
 バングラデシュで3日、日本人男性が銃で撃たれて死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートを名乗る組織が、この男性を殺害したと主張する声明を出しました。

 声明の信ぴょう性は確認されていませんが、地元の警察が背景などを調べています。

 バングラデシュ北部のロングプールで、3日、男性が3人組の男に胸などを銃で撃たれて死亡し、首都ダッカにある日本大使館は、この男性が60代の日本人であることを確認しました。

 日本大使館は、男性の名前など詳しいことは明らかにできないとしていますが、地元の警察によりますと、死亡したのは、ホシ・クニオさん(66歳)で、ことし8月下旬にバングラデシュに入国し、ロングプールで農業関係のプロジェクトに関わっていたということです。

 今回の事件について、過激派組織ISのバングラデシュ支部を名乗る組織がインターネット上に声明を出し、「ISとたたかう有志連合に参加する日本の国民を追跡したすえ、銃で殺害した」として、みずからの犯行だと主張しました。

 この組織は、先月28日にダッカでイタリア人男性が銃撃されて死亡した事件でも声明を出しています。いずれの声明も信ぴょう性は確認されておらず、地元の警察は、3人組の行方を追うとともに背景などを調べています。
一連の事件で、日本や欧米各国の大使館は、現地に滞在する自国民に対し、外国人が集まる場所などに近づくのを控えるなど、注意を呼びかけています。


IS名乗る組織の声明

 過激派組織IS=イスラミックステートのバングラデシュ支部を名乗る組織が3日に出した声明では、「ISと戦う有志連合に参加する日本の国民を追跡したすえに銃で殺害した」として、みずからの犯行だと主張しています。

 そのうえで、「有志連合に参加する国の国民に対する作戦は、これからも続く。イスラム教徒の国に彼らの安全はない」として、今後も外国人を狙った犯行を繰り返す可能性を示唆しています。

NHKニュース2015年10月4日



 このニュースを見て以下のことをツイッターに書き込んだら、はじめてネトウヨに絡まれました。
私のつぶやきもいよいよネトウヨの脅威になってきたということでしょうか?


 殺害されたのは、ことし8月下旬にバングラデシュに入国し、ロングプールで農業関係のプロジェクトに関わっていた男性(66歳)です。命、個人の尊厳、恒久平和、失った代償があまりにも大きい。海外で(日本の)民間人が真っ先に標的にされる「戦争法」を強行採決した安倍自公政権を絶対に許さない。

 「戦争法」が無差別テロなどの犯行の口実に使われる事は多くの人々がわかっていたはずだ。また、この犯行を利用して主戦論の煽動家たちが驚異を煽り、国民をテロとの戦いに引きずり込むことも。
 政治家は戦争に行かないし、その家族も最前線に立つことはない。そのことを煽動政治家はよく知っている。

 平和を願う人たちは、様々な主張をしていても政治的な地位や権力を求めない人がほとんどです。国民の中には政治的な責任は他人に任せたまま、政治から遠ざかっている人もいます。
 他人任せ、無関心の結果、政治権力を求める者や政治を利用する者にとっては都合の良い社会になっていたんだと思います。

 国政・地方選挙の投票率にも現れているように、私たち国民が憲法の精神に甘え「不断の努力」を怠り、政治の責任は政治家に帰するのではなく、国民に帰するという事を大多数の人々が忘れてしまっていたからこそ、憲法・立憲主義・平和を破壊し、戦争への道を開くような安倍政権を生み出してしまったと深く思い悩んでいます。

 ですが、私たちはあきらめることなく国民主権、立憲主義、民主主義の根幹と平和主義を取り戻すために国民連合政府をつくり安倍政権を倒す!という大義に立つことができたのだから、平和を願う多くの人々と協力することができます。

 戦争法に賛成した議員や胡散臭い議員と対決する!というような気骨ある人が国政・地方選挙で立候補してくれる事を望んでいます。
 一致点で支え、支えてもらえる関係ができれば必ず民主主義の根幹と平和を取り戻すことができます。個人・団体等の過去の軋轢に縛られず、大義に立って行動しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック