美浜町議会(2014・3)本会議・討論

議案第11号 平成25年度美浜町一般会計補正予算(第5号)について


 一般会計補正予算に対し、反対する立場から討論を行いました。

 今回の補正予算は、主にエネルギー環境教育体験施設の整備事業に6億227万4千円の積立、多目的屋内運動場の整備事業に新たな基金積立2億円が計上されているため反対しました。

 エネルギー環境教育体験施設については、火力や水力、原子力、自然エネルギーの発電も学ばせ、それぞれ長所・短所があるとして、原発を含めた電源の組み合わせ「ベストミックス」を伝え、「実績やノウハウを地域から全国に発信し、エネルギー環境教育の求心的な役割を担う全国の拠点となる」としながらも、原発の再稼働、置き換えに固執し、再生可能エネルギーの普及に関して、全く方向性を示さない現状であること、及び、その財源が高速増殖炉サイクル技術研究開発推進交付金であることから、原子力発電の推進教育施設としか言いようがありません。
 施設としては関西電力のPR館で事足りるので、計画の推進・建設は断念するべきです。危険な老朽化原発を抱えているのですから、まずは滋賀県へ向けて避難できるける緊急避難道路が最優先であると考えます。

 また、多目的屋内運動場についても、主な利用目的はゲートボールであると町長から明言がありました。ゲートボール協会からの要望で、全国大会などの誘致に必要であるとのことですが、美浜町内にゲートボール場は多く、町内全域の施設で取り組むような工夫と計画で全国大会を誘致することも可能であり、美浜町の観光PRも兼ねると考えれば、一箇所集中ではなく、町内の隅々まで全国の方々に見てもらう方が、町の経済にとっても良いと考えます。

 さらに、両整備事業の積立は、不要不急のものです。同等の財源を使うのであれば、高すぎる国民健康保険税の引き下げや交通弱者対策、又は、若者の定住化対策や農業漁業を活かした地場産業の活性化を進めるべきであり、両整備事業の積立は認められません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック