労働者派遣法改悪案 怒りの談話

 労働者救済を無力化するという労働者派遣法改悪案、村田弁護士の談話の中でパナソニック若狭の事件について語られています。

画像

画像

この記事へのコメント

いろいろ
2015年06月16日 02:05
このブログを拝見して、自分の裁判と重ねていた者です。

今日、
「残念ながら、本日、最高裁から 上告棄却の決定が届きました。」
と、弁護士から連絡を貰いました。

上告してから1年6ヶ月。
第二小法廷でした。

自分は派遣ではありませんが、
任期のある職、雇い止めです。
更新の条件は十分にクリアしていましたが、2回目(6年目)更新されませんでした。

採用面接時は任期など話されず、採用後に3年任期と辞令をみて知りました。
当初は更新回数制限などなかったのに、いつのまにか、裁判になったら、更新1回になっていました。
まあ、労働者に対抗する術がないのを良いことに、組織は何でも都合の良いように変えますね。

上司の不正行為の強要に従わず、
また、上司のデータ数値の改竄を
指摘したことから、
ハラスメントがはじまり、
最終的には、部署全員からの
ハラスメント行為をうけました。
スケープゴートですね。

体調崩し休職しましたが、でも、ハラスメントで労災認定されました。

裁判では、
ハラスメントの慰謝料と地位確認が
争点でした。

地裁、高裁は
労災認定されたハラスメントを、指導だとして認めませんでした。
地位も認められませんでした。
不正については、双方が主張していない、証拠もない、高裁独自のストーリーで、これには、正直に驚きました。

そして、最高裁も門前払い。


労働者派遣法改案が認められたら、
派遣の方だけでなく、正社員も、
いずれ使い捨てされるのに、何故
国会は通そうとするのでしょうか?

そして労働者が裁判しても、
裁判所は、
支配機構側の味方ですから、
正義が貫かれませんね。

この国は、
自滅を望んでいると思います。

長くてすいません。

この記事へのトラックバック