福井・ピースライブに1000人

 「原発や平和について思うことを表現しよう」。原発集中立地の福井県に住む青年らが20日、福井市のJR福井駅西口芝生広場で「ピースライブ」を開き、約1000人が集まりました。同じ思いで手をつなごうと5月に結成されたピースアクション実行委員会の主催。(2012年10月21日・しんぶん赤旗)

原発のない平和な社会を

 音楽ライブではレゲエやフォークなどの11組が出演し、自然や故郷、家族を愛する故に原発のない平和な社会への願いを込めて熱唱。ボーカルが「ピースアクション」と声をかけると、観客も同様に返し、体でリズムをとりながら楽しむなど盛り上がりました。
画像

 1分間発言のマイクリレーでは10人が発言し、母乳で子育て中の女性は「放射能汚染された、食べ物を食べたり、空気を吸うわけにいかない。だから原発には反対です」と訴えました。

 原発反対運動歴40年以上になる小浜市の中嶌哲演・明通寺住職と、会の河合良信事務局長のトークセッションが行われ、中嶌氏は「取り返しのつかない事態になる前に、廃炉を決めた海外の事例や、脱原発を決断した福島県と同様の努力を福井県もやっていく必要がある」とのべました。河合氏は福島にボランティアで行った経験にふれ、「(放射能により)一つの村がばらばらに避難し、心までばらばらにされてしまった」と語りました。

 会場には、自然エネルギー発電の体験コーナー、原発に関わる嘘(うそ)と真実を示したパネルや東日本大震災被災地の写真も展示され、参加者が見入っていました。


平和への願い 歌に込め 「原発事故繰り返すな」
思い伝え「気持ち同じ」 福井で若者らライブ


 原発や平和を考えるイベント「ピースライブ」が二十日、福井市中央一丁目のJR福井駅西口広場で開かれた。若者らが音楽ライブやアート展などを繰り広げ、「福島のような原発事故は二度と繰り返したくない」という思いを伝え合った。(2012年10月21日・中日新聞、日刊県民福井)
画像

 県内の二十~四十代の有志約三十人でつくる「福井ピースアクション実行委員会」が初めて開催。県内外のバンドや合唱団など十三組が、平和の願いを込めた歌やダンスを披露した。小浜市の明通寺住職、中嶌哲演さんも講演し「福井で事故が起きる前に、原発に頼らない道を話し合っていくことが大事」と訴えた。

 訪れた人たちも、その場で色紙に「いのちが大事」「自然とともに生きよう」などと記して、それぞれの思いを表現。模型で風力や水力発電を体験したり、廃油でキャンドルを作ったりするコーナーもあり、子どもたちの人気を集めていた。

 同実行委の村井みき委員長(32)=福井市光陽二丁目=は「原発への考え方は違っても、平和な未来を願う気持ちは、みんな同じはず。これからもそれぞれの思いを表現でき、考え合える場を設けていきたい」と話した。 (平井一敏)


ピースライブ:「原発反対」熱く−−福井

 原発について考えるイベント「ピースライブ」が20日、福井市のJR福井駅西口広場で開かれた。ステージ上で原発に対する意見を言う1分間スピーチなどが開かれ、市民ら約10人が原発反対などを訴えた。(2012年10月21日・毎日新聞)

 県内で音楽活動をする若者ら約30人でつくる「福井ピースアクション実行委員会」が主催。福島第1原発事故を受けて、「(原発が集中する)福井では原発を話題にしづらい雰囲気があるが、意見を表現することが将来につながる」と開催を決めたという。

 スピーチでは、2児の母で福井市の理学療法士、宮本郁子さん(35)が「いつまでも子どもが自然の中で遊べるように、原発を無くしていきたい」と主張。また3月に出産したという別の女性は「母乳をあげるために安全なものを食べる必要があり、原発には反対だ」と訴えた。【柳楽未来】


反原発を語り合う 「ピースライブ」JR福井駅前で開催

 【高橋玲央】国内最多の原発を抱える福井で原子力について考え、語り合う場を作ろうと、県内の若者約30人が企画したイベント「ピースライブ」が20日、福井市のJR福井駅西口広場であった。 (2012年10月21日・朝日新聞)
画像
対談する中嶌哲演さんと河合良信さん=福井市中央1丁目


全国で「一揆」福井も80人 年金引き下げや増税に反対

 【小池寛木】年金の引き下げ反対や増税反対などを訴える全国一斉の「年金者一揆」が19日あり、福井市内でも全日本年金者組合県本部の組合員ら約80人が集会やデモ行進をした。 (2012年10月20日・朝日新聞)
画像



原発ゼロ 11・11福井で行動 住民運動連絡会が総会

 原発住民運動福井県連絡会は21日、立石雅昭・新潟大学名誉教授を迎えての講演会と総会を福井市内で開きました。(2012年10月24日・しんぶん赤旗)

 立石氏は、60万~70万年前以降の東西からの圧縮力により近畿地方に多くの活断層ができた「近畿トライアングル」(近畿三角地帯)にふれ、「変動地形の典型であり、その頂点の若狭に原発が集中しているのは大変なことだ」と指摘しました。

 関西電力大飯原発(同県おおい町)の破砕帯調査についても、「原発施設が建っている中で正確な調査ができるのか」「F-6破砕帯は10メートルぐらい隆起したと考えられるが、いつ頃からどのように隆起したのか解明されなければならない」とのべました。

 総会では、林広員事務局長がこの1年余の取り組みと今後のたたかいの方針を報告し、会の代表委員で日本共産党県議の佐藤正雄氏が県政・県議会の状況を報告しました。

 会ではいま、11月11日に県内の多くの団体がいっしょにやろうと計画されている集会、パレードについて成功するよう努力することも論議されました。同時に、この日は福井市の関電前抗議行動を呼びかけたSinng J Roy(シング・ジェイ・ロイ)さんたちが歌うライブ企画(坂井市・みくに文化未来館、午後3時)にも連帯していくことを確認しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

原発なくせ
2012年10月22日 21:21
大飯原発、11月2日に現地調査へ 活断層問題
10月17日(水) 10時23分
 関西電力大飯原発(福井県)の敷地内を通る断層が活断層である可能性が指摘されている問題で、原子力規制委員会は17日の定例会で、11月2日に現地調査することを決めた。規制委が現地調査するのは初めて。
朝日新聞
原発なくせ
2012年10月22日 21:22
枝野経産相、敦賀3・4号機の建設認めず
10月19日(金) 21時16分
 枝野幸男経済産業相は19日の閣議後記者会見で、日本原子力発電が計画している敦賀3、4号機(福井県敦賀市)の建設を認めない考えを示した。敦賀3、4号機を含めた未着工の原発9基に対しては、政府が電力会社に建設を認めない仕組みをつくる意向も改めて示した。
朝日新聞
原発なくせ
2012年10月24日 10:56
福島県、核燃料税課税とりやめへ 廃炉求める立場から
10月23日(火) 20時11分
 【木村俊介】東京電力福島第一原発の事故を受け、福島県は、東電に課税していた核燃料税を今年限りで取りやめる方針を固めた。県や県議会は、福島第二原発を含む県内10基すべての廃炉を求めており、原発の再稼働を前提にした税制の継続は適当でないと判断した。福島県は原発分の電源立地交付金も今年度から辞退している。
朝日新聞
低いね
2012年10月26日 05:04
男女平等ランク、日本101位に転落 上位4位は北欧
10月25日(木) 7時25分
 【ロンドン=伊東和貴】ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)は24日、政治、経済、健康、教育の4分野での男女平等の度合いを評価した「男女格差報告」の2012年版を発表した。日本は対象となった135カ国のうち101位で、昨年より三つ順位を落とした。
朝日新聞
ひどい
2012年10月26日 05:18
レアアース鉱山買って復興? 11年度予算に80億円
10月24日(水) 11時55分
 【高田英、羽賀和紀】東日本大震災の復興予算に、海外のレアアース鉱山の買収資金として80億円が盛り込まれていた。レアアースが安定供給されれば国内企業の供給網が保たれ、巡り巡って被災地の雇用維持につながる――。そんな理屈だが、復興との関連性に疑問の声が出ている。
朝日新聞

この記事へのトラックバック