電機労働者懇談会 第25回総会

 電機産業で働く労働者とOBでつくる電機労働者懇談会(電機懇)の第25回総会が15日、静岡県熱海市で始まりました。電機懇の調査によると、電機産業では昨年以降、大企業を中心に13万2000人の大リストラが進行中。退職強要の面談などリストラの実態が各職場から告発され、たたかいを大きく広げようと交流しました。(2012年9月16日・しんぶん赤旗)

退職強要の面談・本業黒字なのに
13万人リストラ電機労働者告発


画像

(写真)電機懇総会であいさつする今井代表=15日、静岡県熱海市

 「自己選択とは名ばかりだ」。NECの社員は希望退職募集の実態を批判し、10回もの脅迫まがいの面談や、出産やメンタル疾患で休職中の社員まで退職強要された実態を告発しました。リストラが計画通りにすすんでいると発表される一方、「現場では『リストラはまだ道半ば。これからもやる』と部長は言っている」とも報告しました。

 大手半導体メーカー、ルネサスの代表は、従業員の3割にあたる1万4000人削減、全国に18ある工場を半数に減らす計画を「地域経済を破壊する」と批判。18日に始まる希望退職募集に対し、「退職強要を許さない相談活動を強めたい」とのべました。

 11月に2000人規模の希望退職者を募るシャープの現場では、通常の業績評価個人面談の際に、退職条件への感想が聞かれているとの報告も。代表は「今後、退職強要にすすみかねない。労働者を激励していく」と語りました。

 リストラの口実に使われる経営赤字について、パナソニックの代表は「本業は黒字なのに、リストラ費用などが計上され、偽装の赤字だ」と指摘。門前のビラ配布を通じて、昨年のリストラでは多くの労働者が辞めなかった職場の変化を紹介しました。

 活動方針案は昨年9月に結成された電機・情報ユニオンと共同し、リストラ・退職強要とのたたかいを強調。非正規労働者と連帯し、正規雇用を求めていくとしています。

 今井節生代表はあいさつで、今回の大リストラを「経営側の無責任、やりたい放題ぶりが浮き彫りになっている」と指摘。労働者の生活と権利を守るため、引き続く奮闘を呼びかけました。
画像

画像

画像


電気リストラに反撃
電機懇総会が終わる


 静岡県熱海市で開かれていた、電機産業で働く労働者とOBでつくる電機労働者懇談会(電機懇)の総会は16日、閉会しました。討論を受け、谷口利男事務局長は電機リストラについて「われわれの頑張りどきだ。労働者の耐え難い苦しみに心を寄せ、たたかおう」と訴えました。(2012年9月18日・しんぶん赤旗)

 討論では、電気大手のリストラの実態とたたかいを交流。NECの6月の株主総会に出て質問し、違法な退職強要をただした活動なども紹介されました。

 リストラに反撃する東芝モバイル(東京・日野)や旧沖電気工業のラピスセミコンダクタ(東京・八王子)の運動を報告。支援する「非正規切り」の争議では旧NECセミコン(熊本)、三菱電機(名古屋)、パナソニック若狭(福井)の原告らがそれぞれ訴えました。

 職場や地域の電機懇から、春闘に向けた要求アンケートなどの取り組みを紹介。日立懇の代表は、日立労組本部に毎年、職場の声を伝えている要請行動の特徴を報告しました。

 来賓として、全労連の斎藤寛生組織局長らがあいさつしました。

 代表に今井節生、事務局長に谷口利男の両氏を再任しました。


電機大手リストラ許すな
組合員倍増 たたかい前進
電機・情報ユニオン大会
全労連加盟決める


 昨年9月に発足した電機産業の労働組合「電機・情報ユニオン」の第2回定期大会が16日、静岡県熱海市で開かれました。米田徳治委員長は、電機大手で相次ぐ13万人超のリストラとのたたかいのなかで組合員が倍増し、要求を大きく前進させていると報告し、「労働組合の真髄を発揮して運動をすすめよう」と呼びかけました。

 1万人リストラがすすむNECでは、労組の門前宣伝や相談会を通じて、東京や大阪で12人が加入。8月末、同社と団体交渉を始めています。

 大会は、リストラとたたかい、労働者の生活と権利を守る運動方針を決定。全労連に加盟することを決めました。

退職面談10回 「シリアに行け」「残業つけるな」
NEC労働者が告発


 大会では、NECの都内の子会社で計10回もの面談で退職を強要され、電機・情報ユニオンに入った40代の男性が発言しました。紹介します。

 5月に始まったリストラ面談は、私のすべてを否定するものでした。

 上司から「君にやってもらう仕事はない」「会社に残っても困る」と言われ続けました。「会社に残ります」と答えても聞いてもらえず、たび重なる面談で精神的な苦痛を受け、眠れない日々が続きました。食欲もなく、食べても吐き気や腹痛がし、体重は5キロ以上も減りました。

 面談を断ると、上司はメールで「あなたは子どもではないので、自分で責任を取ってください」と回答してきました。1週間ほどすると、突然、取締役と人事の責任者に呼び出され、面談が始まりました。長いときは2時間以上に及びました。

 そして、「業務内容を変更し、外出できないようにする」などと言われました。給与は月7万円減り、生活が苦しくなります。早期退職制度(への応募)を断ると、「内戦状態にあるシリアや、北海道、沖縄に行ってもらう」と言われました。

 10回にも及ぶ面談で、精神的に追いつめられ、自殺することも考えました。東京労働局の助言・指導で面談はなくなりましたが、毎日のように上司のパワハラが続くようになりました。

 7月には上司の指示で残業になったにもかかわらず、「残業はつけるな。ゼロにしろ」と強要されました。さらに、朝、早めに会社に行くことを禁じられ、「会社には近づくな。敷地に入るな」とどう喝されています。

 こんな毎日ですが、ユニオンに出合い、職場で同じように退職勧奨を受けた同志の励ましや助言のおかげで、何とか生きることができています。

 10月から第2、第3のリストラも予想されます。私はNECの復活に向けて、業務に励み、働きやすく明るい職場づくりにまい進します。
画像

(写真)団結して頑張ろうと唱和する組合員=16日、静岡県熱海市

争議1年 解決に喜び
電機・情報ユニオンが大会


 電機産業の労働組合「電機・情報ユニオン」の16日の定期大会。討論では、結成から1年の成果や電機リストラに反撃するたたかいが語られました。

 「ユニオンがあったから解決できた」。沖電気工業の子会社「沖データ」高崎事業所(群馬県高崎市)に違法派遣された田村理さん(36)が争議から1年の7月に勝利和解できたと報告しました。

 同社は、違法派遣の事実を認めて改善措置をとり、謝罪。直接雇用は実現しませんでしたが、田村さんは「たたかってよかった」と喜びました。

 18日から希望退職者を募るルネサスのリストラについて、東京支部の代議員は、すでに4回の面談で退職勧奨されている事例や門前宣伝の活動を報告。NECリストラとたたかう関西地本の40代の男性は「組合員をさらに増やし、よりよい社会の実現をめざす」と語りました。

 来賓として、日本共産党の田村智子参院議員らがあいさつしました。

 委員長に米田徳治、書記長に森英一の両氏を再任しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

原発と民主党なくせ
2012年09月19日 11:08
「今でも避難したい」福島市民の34% 市調査
9月17日(月) 13時18分
 福島市が行った市民意識調査で、東京電力福島第一原発事故による放射能への懸念から、34%の人が「今でも避難したい」と考えているとの結果が出た。既に市外へ避難している人の半数近くは戻らない意向を示した。市の担当者は「非常に厳しい結果。対策をとる必要がある」と話している。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年09月20日 11:52
原発作業員から違法天引き 健診費、厚労省が実態調査へ
9月20日(木) 10時11分
 東京電力福島第一原発の下請け会社が全額負担すべき作業員の健康診断費を給料から天引きしていたことがわかり、厚生労働省は19日、労働安全衛生法に違反するとして返金するよう指導した。この会社の関係者は「この辺りの業者はみんなやっている」と証言。厚労省は違法な天引きが横行している可能性があるとみて、実態調査に乗り出す。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年09月20日 14:39
渦巻くヤジに興奮?首相が自民批判 就任後初の街頭演説
9月20日(木) 6時55分
 就任後初めて街頭に立った野田佳彦首相を待っていたのはヤジの嵐だった――。19日の民主党代表選の街頭演説会。午後4時半前、首相がJR新宿駅西口に到着すると、聴衆からは「帰れ」「原発反対」の叫び声が飛んだ。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年09月20日 14:42
連合、民主党継続支援 総選挙方針固める
9月20日(木) 9時58分
 労働組合の中央組織「連合」(675万人)は19日、民主党政権の維持が望ましいとして、次回の総選挙でも民主党候補を支援する方針を固めた。国民新党も民主党と候補者が重ならない選挙区に限って支援する。21日に正式決定する。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年09月20日 21:22
厚労省、東電とグループ企業を指導 違法天引き問題で
9月20日(木) 20時00分
 東京電力福島第一原発の下請け会社が健康診断費を給料から違法に天引きしていた問題で、厚生労働省は工事を発注した東電と元請けの東電グループ企業の東京エネシスに、再発防止を文書で指導した。東電は違法天引きや被曝(ひばく)隠しなどについての全作業員向けアンケートを20日に始めた。
朝日新聞
まだあったのか
2012年09月21日 22:20
国民新党「2030年代原発ゼロ」に反対
9月20日(木) 23時04分
 国民新党の自見庄三郎代表は20日の会見で、「2030年代に原発稼働ゼロ」を目指す野田政権の方針について「日本はエネルギーの自給ができない」と反対する考えを示した。民主党幹部と藤村修官房長官に反対の意向を伝えたという。
朝日新聞
飼い犬だからな~
2012年09月22日 07:03
野田氏再選「歓迎」 経団連・米倉会長が談話
9月21日(金) 19時12分
 民主党の代表に野田佳彦首相が再選されたことについて、経団連の米倉弘昌会長(住友化学会長)は「再選を歓迎する」との談話を発表した。消費増税を決めた野田氏を「国政を担うにふさわしい優れた政治リーダー」と高く評価し、全面協力する姿勢を示した。
朝日新聞
赤旗規制委員会か
2012年09月26日 23:12
原子力規制委、「赤旗」記者の会見出席認めず
9月26日(水) 22時19分
 今月発足した原子力規制委員会が、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」記者の記者会見への出席を認めない方針を決めていたことがわかった。赤旗は26日、規制委に方針撤回を求める抗議文を渡した。
朝日新聞

この記事へのトラックバック