大飯再稼働反対2200人 福井県では最大規模の集会、西川知事にも直接見てもらいたかったね。

大飯再稼働ノー2200人
地元福井からのろし
県内最大規模の集会 しんぶん赤旗

 野田内閣が大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を決めた翌日の17日、地元福井からたたかいののろしがあがりました。福井市中央公園で開かれた「いのちが大事 今なぜ再稼働? ふくいでつながろう」集会には、県内はじめ全国から2200人余が集まり、「運動を広げて再稼働をやめさせよう」「原発ゼロにしよう」と元気に声をあげました。県内の再稼働反対集会では最大の規模となりました。

 主催は、原発問題住民運動福井県連絡会などの市民団体、個人でつくる実行委員会。日本共産党も名を連ねました。

 環境問題にとりくむ実行委員長の石地優さんは、西川一誠知事が再稼働に同意したことを「知事の同意は県民の同意ではない」と批判。会場から「そうだ!」の声があがりました。

 原子力発電に反対する福井県民会議の中嶌哲演代表委員は、「巨大でごう慢な原子力ムラの意向や政治的な思惑で再稼働に狂奔することは、断じて許されない」と訴えました。

 「さようなら原発1000万人アクション」呼びかけ人の鎌田慧(さとし)さん(ルポライター)は、「子どもたちが元気に走り回れる社会にするのが、私たちの義務。力の限り頑張ろう」と呼びかけました。

 元京都大学原子炉実験所講師の小林圭二さんは、「大飯原発の再稼働が全国の原発再稼働の突破口にならないよう、運動を高めていく」と訴えました。

 福井県議会で再稼働に反対した日本共産党の佐藤正雄県議が「県議会では少数派でも、国民の中では多数派だと今日あらためて実感しました」と語ると、大きな拍手がわき起こりました。

 司会は、ピースアクション実行委員会の村井みきさん、レゲエ歌手のSing J Roy(シング・ジェイ・ロイ)さんら。集会終了後、参加者がパレードしました。

 この日の集会では、7月16日の「さようなら原発10万人集会」(東京・代々木公園)、同29日の国会大包囲行動への参加も呼びかけられました。
画像

(写真)「大飯原発再稼働やめて、原発なくせ」と声をあげる集会参加者たち=17日、福井市

画像
アップ記事(上)

画像


画像


福井市で大飯再稼働に2200人抗議 中日新聞
2012年6月17日 18時36分

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に抗議する集会が17日、福井市の中央公園であり、参加者が次々と演説、脱原発や再稼働反対ののろしを上げた。

 主催した福井県の市民団体によると、参加人数は約2200人。ルポライターの鎌田慧さんが「再稼働には正当性も合理性もない。われわれが頑張れば脱原発は進められる」とあいさつ。福井県内だけでなく、関西や九州などから訪れた約80グループの代表らがマイクを握った。

 会場は福井県庁の近く。参加者はこの後、県庁の周囲を行進し「再稼働を撤回しろ」などとシュプレヒコールを上げた。


大飯再稼働「賛成」38% 「反対」24%慎重論根強く 中日新聞
2012年6月18日
画像

中部6県の民主党国会議員アンケート

 政府が決定した関西電力大飯原発3、4号機(おおい町)の再稼働に関し、本紙は中部六県(福井、滋賀、愛知、岐阜、三重、長野各県)の民主党の衆参国会議員五十三人を対象にアンケートを実施した。回答したのは三十四人(回答率64%)で、再稼働への「賛成」は全体の38%にとどまり、半数を下回った。「反対」は24%、「夏場限定」も6%あり、野田佳彦政権を支える与党内にも慎重意見が根強いことが浮き彫りになった。

 アンケートは今月十一日から政府が再稼働を決定した前日の十五日に実施。各議員にファクスで質問状を送った。十九人からは回答がなかった。

 賛成の理由として最も多かったのが関西圏の電力不足に伴う経済や暮らしへの悪影響。関電の供給地域である滋賀県選出の衆参国会議員は六人全員が賛成だった。大飯原発の地元、福井県関係の衆院議員二人も「現時点での対策は取れている」(笹木竜三氏)などとして賛成した。「現状ではやむなし」(三重県選出の中井洽衆院議員)との意見もあった。

 反対理由では「安全性が確認されていない」「安全基準、法令、体制は福島事故前と変わっていない」など安全性を疑問視する意見が目立った。
画像

 「期限を決めた脱原発社会を実現すべきだ」(愛知県選出の近藤昭一衆院議員)、「岐阜は危険なのに地元になっていない」(岐阜県選出の橋本勉衆院議員)といった意見もあった。

 「その他」の回答には、「原子力規制庁などの安全確認が必要」という政府の安全規制組織の発足を待つべきだとの意見や、「節電した結果どうしても必要なら」など条件付き賛成の意見が目立った。

 大飯再稼働で、福島第一原発事故の教訓を踏まえた安全対策が取れているかの質問では「取れている」が9%、「どちらかといえば取れている」が41%と、半数が評価した。

 政府のエネルギー・環境会議が八月中の決定を目指している二〇三〇年時点の発電全量に占める原発比率の適当な割合では「0%」の回答が24%で最も多く、「10~15%」(15%)と「2・5~10%」(12%)が続いた。現行の三割を超える比率を挙げる回答はなかった。

中日新聞に河本のコメントが載っていたのでアップしておきます。
画像




再稼働抗議集会に全国から集結 福井の団体、ネットで募る 福井新聞
(2012年6月18日午前7時05分)

 福井県の西川知事が同意し、政府が正式決定した関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に抗議する集会が17日、福井県福井市中央公園で開かれた。全国から約2200人(主催者発表)が集結し、スピーチや歌で脱原発や再稼働反対を次々に訴えた。

 県内の反原発団体などでつくる「ふくいでつながろう実行委」が主催した。インターネットの呼び掛けで、県内外の反原発団体や個人が集まった。

 集会では、実行委員長で原発反対県民会議事務局次長の石地優さんが「県民説明会の開催を再三要望したのに実現していない。西川知事の同意は県民の総意ではない」とあいさつ。ルポライターの鎌田慧さんは「再稼働には正当性も合理性も全くない。われわれが頑張ることによって、未来を残すことができる」と脱原発を求めた。

 県内だけでなく、北陸各県や関西、関東、九州などから訪れた約80人が、再稼働反対を訴える自作の歌やスピーチで思いをぶつけた。

 インターネットで集会を知り、6カ月の長女を連れて夫ともに参加した松浦奈美さん(30)=福井市=は「子どもが大きくなったとき、どうしてあのとき反対してくれなかったのと言われるような気がして。なし崩しに再稼働が増えないよう、できることをやっていきたい」と力を込めた。

 参加者はこの後、県庁の周囲を横断幕やのぼりを掲げて行進し「再稼働を撤回しろ」「子どもを守れ」などとシュプレヒコールを上げた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

原発と民主党なくせ
2012年06月19日 01:45
民主・平智之議員が離党届 大飯原発再稼働に反発
6月18日(月) 19時24分
 民主党の平智之衆院議員(京都1区)が18日、関西電力大飯原発の再稼働決定に反発し、党幹事長室に離党届を提出した。平氏は自身のブログで「修復不能なまでに国土を汚染した原子力災害への恐れと反省を欠き、今も苦闘する被災者の希望を打ち砕く」と野田政権を批判。そのうえで「政府の再稼働判断を止められなかったことは痛恨の極みで、自らの力不足を痛感して離党を決意した」と説明している。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月19日 01:49
愛媛知事「伊方原発の再稼働必要」 初めて言及
6月18日(月) 22時03分
 愛媛県の中村時広知事は18日の定例会見で、四国電力伊方原発(同県伊方町)について「今の経済やエネルギー情勢からすれば、条件を整えたうえで再稼働は必要」と述べた。これまで中村知事は「すぐに原発をなくすのは現実的ではない」との見解を示していたが、再稼働に関し「必要」と踏み込んだのは初めて。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月19日 01:50
米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず
6月18日(月) 5時03分
 東京電力福島第一原子力発電所の事故直後の昨年3月17~19日、米エネルギー省が米軍機で空から放射線測定(モニタリング)を行って詳細な「汚染地図」を提供したのに、日本政府はこのデータを公表せず、住民の避難に活用していなかったことがわかった。放射性物質が大量に放出される中、北西方向に帯状に広がる高濃度地域が一目でわかるデータが死蔵され、大勢の住民が汚染地域を避難先や避難経路に選んだ。
朝日新聞
河本猛
2012年06月19日 10:01
もう後がない首相が辞めるという責任をとっても、被ばくから逃れる事はできないし、健康・命の保障なんて何もない。金銭補償だってあやふやにされて結局、原発事故の責任は再稼働を容認した国民が背負う事になる。

封建社会の原発立地自治体にあらゆる生命にかかわる判断を任せる事などできない。

原発再稼働は民主主義を無視して、国民に信任を得ていない政府の政治判断で強行したんだから、原発を止める・なくす・ゼロにするという判断は政治判断で可能だ。

私たちは、国策で原発からの撤退を決断する政府を、国民の信任を受けた政府をつくる事で原発をなくせる。
カスども
2012年06月19日 14:25
解散すればええんや、でも野党の自公が連立政権のように民主党と結託してる状態やからな。二大政党に対立軸がないと、とんでも状態になるな。
民主党の片棒をかつぐ最大野党の責任もあるで!
大飯原発の活断層も調べろ
2012年06月20日 03:49
島根原発、想定超える揺れの恐れ 中国電に見直し指示
6月19日(火) 19時46分
 経済産業省原子力安全・保安院は19日、中国電力島根原発(松江市)について、想定を超える地震が起きて原発の重要機器に影響を与える恐れがあるとして、想定を見直すように中国電力に指示した。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月20日 03:52
原子力教育事業、内容見直しへ 省庁版仕分けで判定
6月19日(火) 20時22分
 子どもに放射線の基礎知識を教える副読本の作成などをする文部科学省の「原子力教育支援事業」をめぐり、神本美恵子政務官は19日、「原子力推進の教育ではなく、事故が起きたときに身を守る対応も含めた総合的な内容にしたい」と見直す考えを明らかにした。
朝日新聞
直接民主主義がぁ~(°□°;)
2012年06月20日 10:31
東京の原発住民投票条例案、都議会委が否決 自公が反対
6月18日(月) 21時09分
 原発の是非を問う住民投票条例案について審議を続けていた東京都議会の総務委員会は18日、条例案を採決し、反対多数で否決した。条例案は20日の本会議でも否決される見通しだ。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月20日 14:40
大飯原発3号機、水位低下示す警報 13時間後に発表
6月20日(水) 14時10分
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)で19日夜、冷却水タンクの水位低下を示す警報が鳴ったが、関電は「法令に触れるトラブルではなく、通常なら発表する事象ではない」などとすぐ発表せず、記者会見したのは約13時間後の20日午前11時だった。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月20日 21:45
伊方原発再稼働、町長も「必要」 愛媛知事に同調
6月20日(水) 20時10分
 愛媛県伊方町の山下和彦町長は20日の町議会で、同町内に立地する四国電力伊方原発について「(伊方原発の)再稼働は必要という中村(時広)知事の発言を否定する理由はない」と述べ、再稼働が必要との認識を明らかにした。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 12:04
東電、「想定外の津波」を強調 原発事故で最終報告
6月21日(木) 9時49分
 東京電力は20日、福島第一原発の事故調査について最終報告書を公表した。事故の主な原因は、想定を超える津波に襲われたことだったと結論づけた。事前の想定が不十分だったと認めつつ、国の考えに従ったとした。また、官邸の介入は事故収束を改善するものではなく、国との事前の調整が必要になったことで情報提供が遅れたと、国の対応を批判した。事故への対応は最善を尽くしたと自己弁護に終始し、事故の責任は明らかにしなかった。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 14:58
原発問う住民投票条例案、都議会が否決 32万人署名
6月21日(木) 5時08分
 原発稼働の是非を問う住民投票条例案について、東京都議会は20日の本会議で反対多数で否決した。約32万人の署名を集め、直接請求した市民グループは「住民の権利が阻まれた」と批判した。3月の大阪市議会につぐ否決となったが、市民が直接請求をめざす動きは各地に広がっている。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 15:00
鹿児島知事選告示、2人届け出 川内原発再稼働も争点
6月21日(木) 9時56分
 鹿児島県知事選は21日告示され、伊藤祐一郎、向原祥隆の2氏が立候補を届け出た。県内には九州電力川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)があり、政府が関西電力大飯原発(福井県)の再稼働を決めた後、初の知事選。停止中の川内原発の再稼働の是非が争点の一つとなりそうだ。投開票は7月8日。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 15:00
東電役員8人、引責退任後「天下り」 グループ社などに
6月21日(木) 14時07分
 経済産業省は20日の衆院経産委員会で、27日に退任する東京電力の16人の常勤役員(取締役と監査役)のうち8人が、退任後にグループ企業や業界団体の役員に就いたり、そこでの役職を続けたりすることを明らかにした。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 15:01
科学者への信頼度、震災後下がる 科学技術白書
6月21日(木) 14時08分
 東日本大震災を機に、科学者に対する国民の信頼度が下がったことが、政府が19日に閣議決定した2012年版「科学技術白書」で明らかになった。複合災害時の原発の弱点に対する想定が甘く、巨大津波も予測できなかったことなどが背景にあると分析している。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 15:25
大飯原発トラブル公表遅れ、官房長官「遺憾」
6月21日(木) 15時08分
 藤村修官房長官は21日の記者会見で、関西電力が再稼働の作業を進める大飯原発3号機(福井県おおい町)で警報が鳴るトラブルの公表が13時間も遅れたことについて「安全性に問題はないが、情報が迅速に公表できなかったことは遺憾だ」と述べた。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 15:34
美浜2号機10年延長「妥当」 保安院、駆け込み批判も
6月21日(木) 12時05分
 7月に運転開始40年を迎える関西電力美浜原発2号機(福井県美浜町)について、経済産業省原子力安全・保安院は20日、10年間は安全に運転できるとする関電の報告を妥当とし、審査を終えた。この日は原子力安全・保安院に代わって原子力規制委員会を新設し、原発の運転期間を「原則40年」とする法案が可決されており、「駆け込み審査」との批判が強まりそうだ。
朝日新聞
原発と民主党なくせ
2012年06月21日 15:42
福島の原発維持に年900億円 東電説明に疑問続出
6月21日(木) 8時30分
 内閣府の消費者委員会は19日、東京電力が7月から家庭向け電気料金を平均10.28%値上げしたいと申請していることへの「考え方」をまとめた。電気料金を計算するための原価(費用)について、稼働する見通しがない原発の維持費が含まれていることへの説明を求めたり、人件費が高いことを指摘したりした。
朝日新聞

この記事へのトラックバック