大飯原発再稼働を民意で止めたい。原発をなくせる政党は共産党だと思うが選挙がない。どうしよう?

「大飯は安全」判断の裏で
委員半数に原発マネー
福井県専門委

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全性を検証した福井県の原子力安全専門委員会は、県民はじめ国民の強い不安や疑問の声をよそに2カ月足らずのスピード審査で「安全性」にお墨付きを与えてしまいました。その背景には、原発業界との深い関係があるのではないのか。改めてみてみました。

 福井県原子力安全専門委員会が大飯原発3、4号機の安全性を初めて議題にとりあげたのは4月16日のこと。財界、電力会社の意向を受けた再稼働を急ぐ民主党・野田内閣と歩調を合わせるように5回の会合を重ね、「安全性が確保されている」とした報告書を11日、福井県の西川一誠知事に提出しました。

 このスピード審査をした委員12人のうち、半数の6人が原発利益共同体の中核団体である「日本原子力産業協会」(原産協会)の会員企業から6年間で計1810万円の寄付を受け取っていました(表、5月4日付一部既報)。

 寄付した企業・団体は、関西電力が出資する「関西原子力懇談会」(関原懇)や大飯原発3、4号機の原子炉を納入した三菱重工業、敦賀原発を持つ日本原電など。福井県や大飯原発と関係がある企業が目立ちます。

 委員の中立性に疑問を残したまま、「安全性」にお墨付きを与えたことは、原子力行政への不信をさらに深めることになります。
画像



福井・おおい町議が経営のコピー会社
関電は超お得意先
再稼働に賛成 中立性問われる
割高外部発注で“地元対策”?


 福井県おおい町にある関西電力大飯原発3・4号機の再稼働に前向きな時岡忍町長の選対幹部であり、町議会では再稼働容認決議に賛成した町議の経営するコピー会社が関西電力から長年にわたって多額の業務を受けていることが12日、明らかになりました。関電から業務を受注しながら再稼働に賛成した町議の中立性が問われます。同時に簡単なコピーまで割高な外部委託にする関電の“地元対策”の手口も問題です。

町長の選対も

 関電からの受注が判明したのは松宮史知(まつみや・ひとし)町議が経営するコピー会社「有限会社マツミヤ」。松宮氏は昨年4月の町議選で初当選。2010年の町長選挙では、時岡忍町長の選対事務局長を務めました。

 「マツミヤ」は、顧客から依頼のあった文書のコピーが主力業務です。関電大飯原子力発電所と高浜原子力発電所(高浜町)の近くにそれぞれ支店を置いています。

 同社は、A4判用紙の白黒コピー1枚あたり17円で行っています。従業員によると、関電からの注文には、会議用資料といった一般的なコピー機で複写できるものもあるといいます。

 民間信用調査機関の東京商工リサーチによると、同社は毎年1億円前後の売り上げをあげています。「関西電力など原電(原子力発電所)関係業者を主対象にコピーサービス等を提供。大きな伸びはないが、地道な仕振りである」としています。

売り上げ半分

 本紙の取材に松宮町議は「関電の注文は減っており、昨年は関電関係が売り上げの半分ぐらい。議員になってからは直接、関電に営業には行っていない」と受注の事実を認めました。

 関電との取引の詳細については、「私と同じように関電と関係を持つ人(町議)もいると思うので議会で決まれば明らかにするが、そうでないなら自ら明らかにするつもりはない」とのべました。

 関西電力の原発がある福井県内のおおい町や高浜町、美浜町には関電を主な顧客としたコピー店がそれぞれ3、4店ずつ発電所近くで営業しています。

 他の電力会社が原発を置く自治体で、これほどコピー業がさかんな所は見当たりません。

 電気料金は、すべての経費を含ませる総括原価方式が取られています。料金に直結する割高な外注コピーを関電はなぜ大量に行っているのか。本紙の取材に、関電は「外注コピーが必要だという判断でコスト面も考えて注文している」と回答。

 「マツミヤ」への注文については「個別の契約については回答を差し控えさせていただく。一定の基準を満たした業者を登録し、発注内容に適切な業者を選定している」としました。


さようなら原発署名
国会に提出

 作家の大江健三郎氏ら著名9人が呼びかけ人をする「『さようなら原発』一千万人署名市民の会」は12日、「さようなら原発1000万人署名」180万人分を横路孝弘衆議院議長に提出したことを明らかにし、衆議院第1議員会館で報告集会を開きました。

 署名は10日までに748万人分が集まり、国会議員81人が賛同人となっています。同会は、野田佳彦首相と平田健二参議院議長に署名を提出する予定。

 報告集会には、民主、共産、社民、無所属の国会議員や秘書ら200人以上が参加。日本共産党から、笠井亮衆院議員、井上哲士、田村智子両参院議員が参加しました。

 呼びかけ人の内橋克人(経済評論家)、落合恵子(作家)、鎌田慧(ルポライター)、澤地久枝(作家)の各氏が発言しました。

 鎌田氏は、署名は核の恐怖から脱して、平和で安心して子どもの未来を築ける新たな社会にしたいという国民の思いがこもっていると強調。また、7月16日に開催する「さようなら原発10万人集会」(東京・代々木公園)にむけて全国でさまざまな集会やデモが開かれているとし、「世の中が国民の力で動いているのを感じます。過ちを二度とくりかえさない決断が政府に求められています」と話しました。


原発事故のツケ、国民へ転嫁
値上げ公聴会
東電に批判続出


 東京電力が申請している家庭向けなど規制部門の電気料金値上げについて、利用者の意見を聞くための公聴会が東京で7日、埼玉で9日と、2回にわたって開催され、値上げに対して厳しい批判が続出しました。(柳沢哲哉)

 公聴会では、「値上げには断固反対」「弱い者いじめの典型ではないか」「東電は、電力会社を自由に選ぶことのできない消費者の足元を見て値上げの申請をしている。到底認められない」といった怒りの声が噴出し、値上げ反対の意見が多数を占めました。

考え変わった

 「値上げはやむをえないと考えていた」という男性(東京会場)は、東電がもうけの9割以上を家庭向けなど規制部門からあげていたことなど、さまざまな事実が明らかになったことで考えが変わったとして、「値上げは受け入れられない」と反対を表明しました。

 全国商店街振興組合連合会の山田昇副理事長(埼玉会場)は、「小規模事業者は値上げ分を販売価格に転嫁できず、厳しい経営を強いられる。値上げは容認できない」と、値上げの中止を迫りました。

 値上げの理由となった燃料費の増加は、原発事故に原因があるとの指摘もありました。新日本婦人の会東京本部の新千明(あらた・ちあき)氏(東京)は、「原発事故の責任を電気料金の値上げで消費者に転嫁することは不当」だとして、値上げの撤回を求めました。陳述人の男性(東京)は、「電気料金の値上げは、原発推進政策のツケではないか」と激しい怒りをあらわにしました。

 値上げを回避するために、「(東電の債権者の)金融機関や株主に一定の負担を求めたらどうか」(東京)、「電力業界が積み立てている使用済み核燃料再処理等積立金などを使うことはできないのか」(埼玉)、といった意見も出ました。

再稼働前提に

 燃料費や人件費など徹底したコスト削減を求める意見や、電気料金を決める総括原価方式への疑問の声も多数聞かれました。

 東電が原発の再稼働を前提として値上げの申請をしていることに対しても批判が集中しました。「福島の生活が根底から崩されていることを東電は直視しているのか疑問を感じる」(東京)、「今回の値上げ申請は、今なおつらい避難生活を強いられている多くの被災者の生活を真剣に考えていると思えない」(埼玉)と、事故加害者として無反省な東電の姿勢を追及する発言もありました。

 NPO(民間非営利団体)の男性(東京)は、「原発事故の原因究明も安全神話への反省もない。柏崎刈羽原発再稼働を前提とした値上げは認められない」と述べました。川口商工会議所の児玉洋介会頭(埼玉)は「国が原発をゼロにすると宣言すべきだ。危険をはらんだ原発を人類が使っていくことは避けなければならない」と訴えました。

 東電の財務体制を強化し、社員の士気を高める必要があるとして、値上げに賛成する意見も出ました。


消費税増税・大飯再稼働反対
南相馬市議会が意見書


 福島県南相馬市議会(平田武議長)は13日、大震災・原発事故からの復旧・復興への大きな妨げになる消費税増税をしないよう求める意見書を全会一致で可決しました。関西電力大飯原発の再稼働に反対する意見書も全会一致で可決しました。

 消費税意見書では、同市は東日本大震災・原発事故による「被災渦中」にあり、増税されれば「今後の住宅再建や事業、農業等のなりわいの再建に多額の費用とともに消費税等が課せられることになり、市民生活の復旧・復興に大きな妨げとなります」と強調。「住民の暮らし、地域経済、地方自治体に深刻な打撃を与える」ことから、「このような状況での消費税増税はしないよう強くもとめ」るとのべています。

 原発再稼働反対の意見書では、▽福島原発事故について国会事故調査委員会で原因が究明されていない▽政府がいう「安全対策」さえ取られていないことなどをあげて、「このような状況の中での再稼働は無謀きわまりない」と指摘。「我われは原発事故被害者住民として、このような事態を二度と繰り返さないために、脱原発に向け原発の再稼働はしないよう強く求める」としています。

 意見書はともに議員提案で、案文起草には日本共産党市議もかかわっています。


原子力規制機関設置法案
やり方も内容も大問題
穀田氏批判


 日本共産党の穀田恵二国対委員長は13日、国会内で記者会見し、原子力規制機関設置法案について「国会審議のやり方も法案の内容も、きわめて問題が大きい」と批判し、残りわずかな会期内に成立させることは認められないと主張しました。

 穀田氏は、原発事故と原子力行政全般にわたる重要な問題だとして、民主・自民・公明3党を除く各党が共同で復興特別委員会での徹底審議を求め、「全党にきちんと質問時間を確保する」ということで環境委員会での審議とされた経緯に言及。「環境委員会での質疑は1回。参考人質疑、経済産業委員会との連合審査が行われただけだ。その一方で、水面下で民自公3党だけで修正協議を進めるというやり方は許されない」と強調しました。

 穀田氏は、福島原発事故を踏まえて原子力規制機関がどうあるべきか、という中心問題がないがしろにされ、原発再稼働にお墨付きを与えるために規制機関づくりが急がれていると指摘。事故原因究明も安全対策もとらずに再稼働ありきで進めることは許されないと強調しました。

 法案の中身についても「原発を推進してきた環境省の下に規制機関を置くものであり、独立性が問われる。しかも密室協議の中で原発を半永久的に運転できる内容を盛り込もうとしていることも見逃せない」と指摘。徹底審議こそ必要だと強調しました。


大飯原発再稼働に道理なし
国民の命を脅かす
ずさんな判断浮きぼり
衆院予算委 笠井議員が撤回迫る


 日本共産党の笠井亮議員は12日の衆院予算委員会で、野田佳彦首相による関西電力大飯原発の再稼働判断の論拠を突き崩し、「国民の命と安全を危険にさらす最悪の判断だ」と批判し、再稼働方針の撤回を迫りました。

 笠井氏は「絶対大丈夫とは絶対いえないというのが、福島原発事故の最大の教訓ではなかったのか」と追及。首相は「福島のような地震・津波が起こっても炉心溶融には至らない。現段階で最大限の知見や対策を取り入れた」と答えました。

 笠井氏は、国会事故調査委員長が「理解できない」と再稼働を批判していることや、30項目の安全対策(免震事務棟やフィルター付きベント=排出口=など)さえ満たしていないのに「なぜ『事故を防止できる』と言い切れるのか」と指摘。大飯原発をどんな地震・津波が襲う危険があるのかわからないのに、知見をとり入れたといえるわけがないと迫りました。

 首相は「安全性の確認に上限はない」と繰り返すだけ。枝野幸男経産相は「大飯に再調査するような断層の問題はない」と述べましたが、中川正春防災担当相は「断層を考えると(地震の)可能性はさまざまあり、分析の過程にある」と述べ、ずさんな判断であることが浮き彫りになりました。

 笠井氏は「事故の原因究明もまだ、『安全対策』も途上なのに、『大丈夫』と言い続ける。それこそ最悪の形で『安全神話』を復活させるものだ」と批判。原発が停止状態になることは1年前から分かっていたにもかかわらず、政府は代替発電の確保や電力融通、節電などに本腰を入れてこなかったとして、「原発再稼働にしがみついている限り知恵は生まれない。『原発ゼロの日本』への政治決断こそ必要だ」と述べました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

(;`皿´)
2012年06月14日 22:36
おおい町長の再稼働表明「心から敬意」 官房長官
6月14日(木) 13時20分
 藤村修官房長官は14日の記者会見で、福井県おおい町の時岡忍町長による再稼働の同意表明に関し「様々な批判もあるなかでの判断に心から敬意を表したい。福井県の理解を得られ次第、(関係)4大臣会合で議論し最終判断する」と述べた。週内の西川一誠知事の同意表明をふまえ、再稼働を正式決定する考えを示した。
朝日新聞
さようなら。強権病・自公傀儡の民主党
2012年06月14日 23:06
一度、共産主義国家になれば自民も民主も国民のことを考えるようになるやろな。
民主党さえなければ
2012年06月14日 23:24
嘘つきで利権屋集団の民主党がなければいいんだよ。
原発もか?
2012年06月15日 05:34
工藤会幹部、建設労働者違法派遣の疑い 福岡県警が逮捕
6月14日(木) 19時17分
 労働者派遣が禁じられている建設業務に労働者を派遣したとして、福岡県警は14日、指定暴力団工藤会幹部で傘下組織の組長、池上文爾(ぶんじ、59)=北九州市若松区深町1丁目=、会社役員、吉田浩之(31)=同県芦屋町山鹿=の両容疑者を労働者派遣法違反(禁止業務)の疑いで逮捕し、発表した。池上容疑者は「弁護士の指示がないと話せない」と容疑を否認、吉田容疑者は認めているという。
朝日新聞
フルボッコ
2012年06月15日 18:55
権力って凄いね。
相変わらずボコられてるが精神大丈夫か?
結局、政治なんてわからないとか無関心を決め込んできた国民性がすべての害悪を生んだよな。
民自公なんて暗黙の連立政権だろ!
政治家がダメなのは日本国民がバカだからだよ。
フルボッコ
2012年06月15日 22:47
原子力村の住民もオウムと一緒だな。

この記事へのトラックバック