労働、原発、えん罪、健康、平和、多彩な運動やってます。全国青年大集会活動交流会に参加しました。

【現場】【原発反対】国民無視の再稼働要請/「細野大臣、地元の声を聞いてください」の座り込みアクション(福石みんさんのブログ引用)
 関西電力・大飯原発再稼働を巡り、細野豪志原発事故担当相が福井県入りし、西川知事と会談しました。
枝野経産相の福井県入りもそうでしたが、裏からコソコソ入り、原発反対に集まった国民と一寸たりとも時間を割くことなく姿を消すという態度に、原発継続の正当性が疑われます。
また会談にあたり、福井県は警官隊による完全封鎖で正門を埋め、猫の子一匹入れない厳戒態勢。原発反対をいうだけで危険人物扱いされてしまうんでしょうか。日本の民主主義が問われます。
福石みんさんのブログhttp://blog.livedoor.jp/fortune2914stone/archives/51201849.html

 6月4日朝、岡山を出発して14時30分から敦賀市長への申し入れ行動に参加。その後、何とか17時に福井県庁に到着。警官隊との最前線でうろつく私の姿が動画に映っています。動画は福石みんさんのブログをご覧下さい。
画像


 6月7日、パナソニック工場前宣伝

 6月8日、福井女子中学生殺人事件の再審請求で、国民救援会の要請行動に参加し、名古屋高裁と名古屋高検に要請書を提出しました。私は国民救援会敦賀支部・副支部長として、高裁には当事者・家族をいつまで苦しめるのか、早急に再審を決定するよう訴えました。高検には、異議があるなら再審の場で堂々と主張を展開すればいい。再審決定に異議を申し立て、いつまで当事者・家族を苦しめるのか!いたずらに時間を長引かせる行為をすぐに止め、異議申し立てを取り下げるよう訴えました。
 当事者・家族が受けた屈辱を一刻も早く晴らしたい。私たちは、証拠もない、自白もない、えん罪を許すわけにはいきません。
 国家権力がえん罪をつくり出すのを防ぎ、国民を守る機関になるようしっかり監視して活動していくのが、私たち国民救援会の役割です。


 6月9日
非正規雇用・学費・就職難、復興・原発ゼロ
多彩に運動広がる
全国青年大集会実行委 活動交流会開く


 全労連青年部や日本民主青年同盟(民青)でつくる全国青年大集会実行委員会は9日、東京都内で「ひろげよう つなげよう 全国青年大集会活動交流会」を開き、全国から80人が参加しました。1%の財界・富裕層以外の「99%の連帯」を掲げて昨年10月、東京・明治公園で開かれた青年大集会以後、全国各地に広がった雇用や学費、就職難、震災復興、原発ゼロなどの運動を交流しました。

 ソニー労働組合仙台支部(電機連合加盟)の期間社員4人が、震災を口実にした雇い止めを撤回させたたたかいを報告し、大きな拍手がわきました。男性(31)は、「一人では立ち上がれなかったが、労働組合があったからたたかえた。これから多くの人に一緒に立ち上がろうと呼びかけたい」と強調しました。

 日本航空の雇い止め撤回裁判をたたかっている契約制客室乗務員の女性(28)=日航キャビンクルーユニオン所属=は、「昨年の大集会直後、東京地裁判決で損害賠償が認められた。職場復帰実現のため控訴しています」と発言しました。

 「原発再稼働反対のたたかいも頑張っています」と言うのは、福井県でパナソニック若狭に対し「派遣切り」裁判をたたかっている地域労組つるがの河本猛さん(34)。「派遣法を労働者保護法に抜本改正させるまでたたかう」とのべました。

 全労連青年部の五十嵐健書記長は、スイスで行われた国際労働機関(ILO)総会に参加して日本の若者の声を届けたことを報告しました。

 原発事故のあった福島県では、今秋に青年大集会の地域集会を準備中です。八巻春奈民青福島県委員長(29)は、「福島の現状を知ってもらいたい」と集会成功へ全国の連帯を呼びかけました。

 解雇や賃下げとたたかう労働者、高校生、大学生らが活動報告しました。(しんぶん赤旗・2012年6月10日)


 6月10日、福井県医療生協の総代会で、昨年開かれた原水爆禁止世界大会と原発下請け労働者の実態について報告しました。
 広島・長崎の被爆者が抱え続けている核兵器・放射能への憎しみを、福島でも繰り返してしまった。憎しみを生み、核兵器の材料を生み続ける原発をなくし、ゼロにしたい。再稼働に揺れる福井県ですが、再稼働など許されるモノではないし、平和と原発は相容れない、と訴えました。
 原発の下請け労働者の実態についても、偽装請負・違法派遣が横行し、労働者の健康に全く配慮を示さない劣悪な労働環境を経営者側が押しつけている実態を訴え、「労働者の健康を守るためにも労働者を保護する規制を強化する必要があります」と派遣法抜本改正への協力を呼びかけました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

(°□°;)
2012年06月11日 20:45
子どもの貧困率、日本ワースト9位 先進35カ国中で
6月10日(日) 6時29分
 日本の子ども(18歳未満)の貧困率は14.9%で、先進35カ国のうち悪い方から9番目の27位――。国連児童基金(ユニセフ)がこんな報告書をまとめた。今年発表の国際比較でも悪化傾向に歯止めがかからず、深刻な状況が改めて示された。朝日新聞
(;`皿´)
2012年06月11日 20:52
「大飯原発、安全は確保」報告書案を了承 福井県専門委
6月10日(日) 20時50分
 関西電力大飯原発3、4号機の安全性を技術面で検証する福井県原子力安全専門委員会が10日、県庁で開かれた。政府が示した暫定的な安全基準を妥当と評価し、3、4号機の安全は確保できているとする内容の報告書案を了承した。
朝日新聞
原発なくせ
2012年06月12日 05:36
福島の住民1324人、東電幹部らを告訴
6月11日(月) 22時35分
 東京電力福島第一原発の事故で、福島県の住民1324人が11日、東電幹部や国の関係者ら33人について、業務上過失致死傷などの容疑で告訴・告発状を福島地検に出した。安全対策を怠った結果、住民を被曝(ひばく)させたなどとして、刑事責任追及を求めている。地検は「今後、受理の可否を検討する」としている。
朝日新聞
原発なくせ
2012年06月14日 09:47
おおい町長、大飯原発再稼働に同意 町議会全協で表明
6月14日(木) 9時20分
 関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり、地元・福井県おおい町の時岡忍町長は14日、町議会全員協議会で「再稼働を容認する」と述べ、同意を正式に表明した。県議会も同日午前に全員協議会を開き、西川一誠知事に判断を一任する。
朝日新聞

この記事へのトラックバック