文部科学省も原子力安全委員会も住民の健康に責任を感じていない。絶対に許さない。

千葉で「ヨウ素10兆ベクレル」未公表=昨年3月、世界版SPEEDI試算
時事通信4月3日(火)12時46分
 東京電力福島第1原発事故で、昨年3月15日、放射性物質の拡散予測データ「世界版SPEEDI」の試算結果で、千葉市内でヨウ素の濃度が毎時10兆ベクレルという高い値が出ていたにもかかわらず、文部科学省と原子力安全委員会の間で十分な連携が取られず、現在も公表されていないことが3日、分かった。
 文科省や安全委によると、世界版SPEEDIは放出される放射性物質の拡散状況を半地球規模で予測するシステム。日本原子力研究開発機構が同システムを運用しており、昨年3月も文科省の依頼を受け、試算を行っていた。
 それによると、福島第1原発から昨年3月14日午後9時ごろに放出された放射性物質が拡散した結果、千葉市内で同15日午前6〜7時、ヨウ素の濃度は毎時10兆ベクレル、セシウム134、137もそれぞれ同1兆ベクレルと推計された。
 この試算データの評価について、文科省は安全委の担当と判断し、同16日に安全委へデータを送るよう同機構に指示した。同機構はメールに添付して送信したが、安全委は重要情報と認識せず、放置したという。同様にデータを受け取っていた文科省も、安全委に公表するよう連絡しなかった。 

[時事通信社]


もう存在が許せない。この人たちに「安全」を口にする資格はない、原発関連企業から寄付をもらっているようでは原子力を規制することなんてできない。こんな無責任な組織のおかげで、未来に生きるあらゆる生命体が「人災による」放射能被害の危険に脅かされている。
「原発ゼロ」 原発をなくせばこんな腐った組織もいらない。

画像

写真3月26日、河本撮影。この美しい若狭の自然を守るため、絶対にすべての原発をなくします。


画像

写真3月29日、河本撮影。福井県庁で原発再稼働阻止の断食行動を行う中嶌哲演・明通寺住職(右)と支援・激励に訪れた山本富士夫・福井大学名誉教授(左)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

原発なくせ
2012年04月04日 06:34
原発周辺に帰宅不能域 復興相、福島県に打診
4月4日(水) 6時11分
 平野達男復興相が、東京電力福島第一原発事故で立ち入りを制限している警戒区域の中に、将来にわたり住民が帰宅できない区域の設定を検討していることがわかった。政権は避難区域を三つの区分に再編し、福島県全域での帰宅をめざしているが、帰宅不可能な区域を認めるのは初めて。
朝日新聞
原発なくせ
2012年04月05日 19:17
女川・東通原発、冷却一時止まる 強風影響
4月4日(水) 19時01分
 東北電力は4日、強風の影響で女川原発(宮城県女川町・石巻市)1号機と東通原発(青森県東通村)1号機で、使用済み燃料プールに冷却水を流すポンプが約20~40分間停止した、と発表した。
朝日新聞
原発なくせ
2012年04月05日 19:18
福島第一原発、窒素注入装置が一時停止
4月4日(水) 19時22分
 東京電力は4日、福島第一原発1~3号機の原子炉に窒素を注入する装置が不具合で止まり、一時窒素が送れなくなったと発表した。約2時間40分後に予備機を起動して注入を再開した。強風の影響で砂やほこりが舞い上がり、装置のフィルターが目詰まりを起こしたのが原因らしい。発電所周辺の放射線モニタリングに異常はなかった。
朝日新聞
原発なくせ
2012年04月05日 19:20
放射能汚染水、また海へ流出か 福島第一原発
4月5日(木) 10時25分
 東京電力は5日、福島第一原発で放射能汚染水の浄化処理で出る廃液がホースから漏れたと発表した。水漏れは止まったが、排水溝から一部が海に流れた可能性が高いという。漏れた量は約12トンとみている。3月26日にも近くでホースから廃液が漏れた。
朝日新聞
来るな!同意するな!
2012年04月07日 09:43
大飯原発、来週にも安全宣言 政権、再稼働基準を決定
4月7日(土) 7時40分
 野田政権は6日、定期検査で停止中の原発を再稼働させる条件となる安全対策の暫定基準を決めた。来週中にも関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町、計236万キロワット)の安全を宣言。電力の需給見通しなどを踏まえて再稼働の妥当性も判断したうえで、枝野幸男経済産業相が地元を訪れて同意を求める。
朝日新聞
原発なくせ
2012年04月11日 18:15
原子力機構、再就職先に71億円発注 原発事故後
4月11日(水) 8時04分
 原子力安全研究を担う独立行政法人・日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)が、幹部職員の再就職先の企業・団体に随意契約で業務や物品を発注し、その額は東京電力福島第一原発事故後の9カ月間だけで計71億円分に上ることがわかった。機構は発注先の企業・団体に寄付を求め、4年間で計約4千万円を集めていた。
朝日新聞
原発なくせ
2012年04月16日 05:25
再稼働判断に「反対」が55% 朝日新聞世論調査
4月16日(月) 0時03分
 朝日新聞社が14、15日に実施した全国定例世論調査(電話)によると、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を野田内閣が妥当と判断したことについて、賛成は28%にとどまり、反対は55%にのぼった。内閣支持率は25%で、下落傾向が続いている。
一生ゼロになる
2012年04月16日 18:45
枝野氏「原発、一瞬ゼロに」 大飯再開、遅れると判断
4月16日(月) 9時50分
 枝野幸男経済産業相は15日、徳島市内で講演し、国内で唯一稼働している北海道電力泊原発3号機が5月5日に定期検査で運転を止めると、「5月6日から(国内で稼働する原発は)一瞬ゼロになる」と述べた。
朝日新聞

この記事へのトラックバック