3・11さよなら原発福井県集会inつるが、私も賛同人になりました。河本

 3月11日、東日本大震災から1年。今なお、福島第1原発から放射能の放出が続いています。人や自然を傷つける原発はいりません。
 私は、原発ゼロをめざしています。敦賀市が原発廃炉研究で世界の最先端を歩むこと、原発に依存しないまちづくり・地域経済の発展を考えていきます。

「3・11 さよなら原発福井県集会inつるが」
2012年3月11日(日) 会場 敦賀市 プラザ萬象大ホール

11時半 会場
演劇 「岬」 (12時~13時)

13時半 さよなら原発集会
福島からの訴え、地元からの訴え、個人・団体からのリレートーク、うたごえなど

集会後、パレードをおこないます。


 演劇 「岬」は、中高生や20代の若い人たちが集まっている劇団が演じるそうです。同世代の役者さんがどのような思いで演じるのか見に来てはいかがでしょうか?
 敦賀では、親や親戚が原発に務めていることから複雑な心境でいる若者も多いはずです。しかし、原発で働いていることは問題ではありません。原発に依存するあまりに、賛否の言論や思考の自由を奪うことが問題なのです。
 これからの地域社会をつくっていくのは若者たちです。幅広い意見をとり入れながら原発の賛否を考えるきっかけにしていただければと思います。

「3・11 さよなら原発福井県集会inつるが」へのご賛同をお願いいたします

 東京電力福島第1原発の事故は、世界一原発集中立地する福井県に住む私たちにとって決して人ごとでなく、多くの県民が不安を感じています。
 福島原発によって、現在の原発技術が本質的に未完成なものであり、原発は危険なものであることが明らかになりましたが、政府や電力会社は、「収束宣言」を急ぎ、再稼働を進めようとしています。
 今こそ、こうした動きを封じ込め、子どもたちに原発のない未来を手渡すためにも、原発のない社会をめざすという一致点で広範な住民が手を取り合い、大きな運動をおこすことが必要です。
 そのため、私たちは、「3・11 さよなら原発福井県集会inつるが」を3月11日(日)にプラザ萬象で開催することにいたしました。
 ぜひ、集会成功のため多くのみなさまに集会の賛同人・賛同団体となっていただきますようお願いいたします。
 なお、賛同人の呼びかけの締め切りは3・11集会当日まで受け付けます。

呼びかけ人

芦野順介(福井市・正行寺住職) 岡山巧(敦賀市・大谷派僧侶) 小畑昭八郎(小浜市・詩人) 佐藤辰弥(弁護士) 島田広(弁護士) 嶋津弘隆(弘誓寺後継住職) 白崎良典(光照寺住職) 杉原厚子(敦賀市・自然と環境を考える会) 大門和(つるが生協診療所所長) 高城護(敦賀市・福井県鍼灸師会副会長) 田代牧夫(敦賀市・時計工房) 坪田嘉奈弥(敦賀市・元高校教諭) 西山秋蘭(書道家) 服部清子(敦賀墨彩会主宰) 平野治和(光陽生協病院院長) 松下照幸(美浜町・森と暮らすどんぐり倶楽部代表) 松原未湖(川柳作家) 蓑輪秀邦(仁愛大学名誉教授) 森透(福井大学教授) 屋敷紘美(元JA福井市部長) 山本富士夫(福井大学名誉教授)

1月25日現在

事務局

小木曽美和子 (原発反対県民会議)          090-8966-2569
福石みん    (福石みんの福井市レポート)     090-2370-0405
林広員    (原発問題住民運動福井県連絡会)  090-8263-6104 FAX0776-25-6793

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

廃止
2012年02月05日 03:00
核燃再処理工場また不具合 試験開始1カ月延期 青森
2月3日(金) 20時58分
 青森県六ケ所村で使用済み核燃料再処理工場を運営する日本原燃は3日、高レベル放射性廃液をガラスと混ぜて固める試験の準備段階で不具合が起きたため、試験開始時期を約1カ月延期し、3月上旬以降にすると発表した。試験終了の目標は予定通り今年10月としているが、達成は困難な状況だ。国の核燃料サイクル政策の見直し論議に影響を与える可能性もある。
朝日新聞
原発なくせ
2012年02月06日 15:47
福島第一2号機、一時70度超え 注水切り替え時に
2月5日(日) 21時11分
 東京電力は5日、福島第一原発2号機で、冷温停止状態の判断基準である原子炉圧力容器底部の温度計の一つが上昇し、70度を超えたと発表した。原子炉に注水する配管を切り替えた時、燃料の一部に水が届かなくなった可能性があるという。冷却水を増やしつつ様子を見ている。
朝日新聞
原発なくせ
2012年02月07日 04:54
原発投票署名、東京も請求必要数上回る 21万6千人分
2月7日(火) 3時05分
 東京都と大阪市で原子力発電所の是非を問う住民投票の実施を目指す市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」は6日、東京都で投票条例の制定を求める署名が約21万6千人分集まったと明らかにした。都知事に条例制定を直接請求するのに必要な数を上回った。
朝日新聞
原発なくせ
2012年02月12日 05:31
廃炉論議のもんじゅ、耐性評価に9億円 しかも随意契約
2月11日(土) 20時21分
 日本原子力研究開発機構が昨年末、福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」のストレステスト(耐性評価)を、メーカー5社に発注していたことがわかった。随意契約で発注額は計9億円にのぼる。もんじゅについては、廃炉も含めた国の見直し作業が続いている。
朝日新聞
原発なくせ
2012年02月12日 09:38
脱原発訴え都心を1万2千人行進 大江健三郎さんも参加
2月11日(土) 18時58分
 東日本大震災から11カ月を迎えた11日、東京・代々木公園で「脱原発」を訴える集会が開かれた。主催者によると約1万2千人が参加し、プラカードや旗を掲げて公園周辺をデモ行進した。
朝日新聞
(;`皿´)不安院
2012年02月14日 09:51
大飯原発3、4号機の耐性「妥当」 保安院
2月14日(火) 1時25分
 定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、経済産業省原子力安全・保安院は13日、再稼働の条件としているストレステスト(耐性評価)の1次評価を「妥当」とする審査書をまとめ、内閣府の原子力安全委員会に報告した。
朝日新聞
(;`皿´)さよなら民主党
2012年02月16日 05:06
原発再稼働、民主が容認へ 夏の電力不足を懸念
2月16日(木) 4時02分
 民主党は15日、定期点検で停止中の原発の再稼働を容認する方向で調整を始めた。夏場に電力不足になるとの予想に加え、イランからの原油調達の削減などでエネルギー不足への懸念が広がる中、夏前の再稼働をめざす野田内閣を後押しする狙いがある。
朝日新聞

この記事へのトラックバック