福井・大飯原発で偽装請負容疑 反社会的行為を許すな

 偽装請負という違法労働は原発に限らず多くの企業で横行している。福井県敦賀市にあるパナソニック若狭工場は偽装請負・違法派遣で訴えられ裁判がたたかわれている。
 一審の福井地裁判決は、パナソニックが意図的に偽装請負・違法派遣を行っていたと認めたが、労働者を保護する利益はないとして原告の請求を棄却していた。
 今回の事件で偽装請負・違法派遣が職業安定法違反で逮捕され、刑事罰を有する反社会的行為であることが広く周知された。福井地裁判決の間違いは控訴審(名古屋高裁金沢支部)で主張するところであるが、裁判所が偽装請負により不利益を受けた労働者を救済するのか?その判断が注目されるところである。


福井・大飯原発で偽装請負容疑 3人逮捕、暴力団関与か 朝日新聞

 関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)で、実態は派遣労働なのに請負契約を装う「偽装請負」があったとして福岡、福井両県警は12日、太平電業福井地区営業所長一瀬秀夫容疑者(58)=福井県敦賀市=ら3人を職業安定法違反の疑いで逮捕し、発表した。3人は容疑を認めているという。北九州市に拠点を置く指定暴力団工藤会が関与した疑いがあるとみて、解明を進める。

 ほかに逮捕されたのは高田機工社長富田好(59)=京都府舞鶴市=、元総進工業取締役池上加奈枝(36)=北九州市若松区=の両容疑者。池上容疑者の夫は工藤会系組長で、福岡県警は12日、夫の組事務所など数カ所を家宅捜索した。福岡県警によると、原発作業での偽装請負が刑事事件として立件されるのは初めて。

 3人は太平電業、高田機工、総進工業の3社が建設請負契約を結んだように装ったうえで、2010年3~9月の約130日間、総進工業の30代の男性社員を高田機工を経由させて太平電業に派遣し、同社の指揮下で大飯原発の配管の交換や補修に従事させた疑いがある。一瀬容疑者は当時、太平電業大飯事業所長だった。職業安定法は、業務を請け負った業者の従業員を発注側の指揮命令下で働かせることを禁じている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック