夢もって働きたい 10・23青年大集会 私も参加

 「全国青年大集会2011」が23日に東京都内で開かれます。人間らしく働ける雇用をめざしてたたかっている3人の青年労働者が、集会に参加する思いを語ります。

たたかいのバトン次へ・・・首都圏青年ユニオン 清水文美さん

同じ思いたくさんある・・・日航客室乗務員 27歳女性

みんなの活気を感じる・・・地域労組つるが 河本猛さん

 いま、アメリカで若者のウォール街デモが広がっていますが、日本では、やっぱり全国青年大集会ですよね。若者が5000人以上も集まるのは、そうないと思います。青年大集会はみんなが主張を持ち寄ってアピールし、活気が感じられます。

 今年は、被災地の実態や原発事故の問題もあります。私の住む福井県も原発立地県で、トラブルも頻繁に起こっています。最近も敦賀原発2号機で火災が起こりました。福島で原発事故の被害を受けた人と一緒に、原発ゼロヘの思いを交流したい。

 私は、2008年のリーマン・ショックを口実に、パナソニック若狭で「派遣切り」にあいました。職を奪われ、原発の下請け労働をしている同僚もいます。

 こんな社会をあとにつづく人たちに残したくないと思い、正社員化を求めて裁判に立ち上がりました。だから、ソニー仙台など震災口実の首切りが広がっているのも許せません。

 福井地裁では、ひどい判決がでましたが、青年大集会に参加し、人間らしく働ける社会をつくるため、あきらめずにアピールしていきます。

(2011年10月18日・しんぶん赤旗)


全国青年大集会(23日東京)へ交流

低賃金・失業 我慢できない

福井から声を上げ集まろう


 人間らしい仕事と生活を求める全国青年大集会(23日、東京・明治公園)を前に、福井県実行委員会は16日、福井市で昨年の全国集会DVDを視聴し交流しました。

 堀田佳祐実行委員長(27)があいさつし、「食べていけない低賃金、失業、過労死。雇用がここまで壊されているのは本当におかしい。もう我慢できない。一番あおりを受けている青年から声を上げていきたい」とのべました。金元友・民青同盟県委員長は、全国青年大集会を「福井でも雇用や学費で悩む青年に寄り添うことのできる新たなスタートにしたい」とのべました。

 全国集会に参加する敦賀市の女性(23)は「DVDを見たら、楽しそう。雰囲気を味わってきたい。原発(問題がテーマ)の分科会に出たい」と話しました。パート労働者の男性(30)は自分の職場について語り、「1週間に派遣労働者が3人かわった。かわるたびに一から教えないといけない」と話しました。派遣労働者の男性(23)は「勝手に残業が組まれる。(派遣先の現場の)リーダーから『派遣も社員も同じだから頑張ってくれ』といわれる」と困惑した気持ちを語りました。

 パナソニックのグループ会社に正規雇用を求めて裁判闘争中の河本猛さん(33)=敦賀市=は、請求棄却の福井地裁判決を批判するとともに、労働者派遣法の抜本改正の必要性を強調。「若者の2人に1人が非正規で無権利状態を放置していいのか。法律でしっかり守る仕組みにしないと犯罪企業はやり得だ。集会では、頑張る意思をアピールしたい」とのべました。
画像

(2011年10月20日・しんぶん赤旗 東海・北陸信越)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

さらば松下
2011年10月21日 22:21
パナソニックが太陽電池の国内増産撤回、茂原の液晶工場は売却交渉

 パナソニック<6752.T>は、国内で計画していた太陽電池の増産計画を撤回する方針を固めた。
 世界的に太陽電池の価格競争が激化し、円高で採算が悪化しているため。今後、太陽電池の増産は海外を軸に検討していく。関係筋が21日、ロイターに明らかにした。

この記事へのトラックバック