過労死で大庄に賠償命令 京都地裁、経営陣の責任認める(2010年5月25日・中日新聞)

 全国展開する飲食店チェーン「日本海庄や」の店員吹上元康さん=当時(24)=が2007年に死亡したのは過労が原因として、両親が店を経営する「大庄」(東京)と平辰(たいらたつ)社長ら役員4人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、京都地裁は25日、約7860万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 過労死弁護団全国連絡会議によると、過労死訴訟で大手企業のトップの賠償責任が認められたのは初めて。

 大島真一裁判長は判決理由で、同社の基本給が、厚生労働省による過労業務の認定基準である月80時間の時間外労働を前提としていると指摘。「労働時間について配慮していたとは全く認められない」と述べた。

 さらに、平社長らは従業員の生命、健康を損なわないような体制をつくる義務を怠ったとして「悪意または重大な過失がある」と判断した。

 労働と死亡との因果関係については「立ち仕事で肉体的負担も大きく、(死因となった)心疾患は業務に起因する」と結論付けた。

 判決によると、吹上さんは07年4月に入社後、滋賀県の店舗に勤務。同年8月に自宅で就寝中に急性心不全で死亡した。この間の残業時間は月平均約112時間だった。

 大津労働基準監督署は08年12月、吹上さんの死亡を労災と認めた。

 父親の了さん(61)は判決後、記者会見し「お金なんかいらんから子どもを返してほしいという気持ち」と話した。

 大庄広報室は「遺族の方にあらためてお悔やみ申し上げる。判決が届いた後、内容を十分に検討した上で対応を考えていきたい」としている。

 【大庄】 1971年設立。資本金は約86億円で、「庄や」「やるき茶屋」などの飲食店を全国に約980店舗展開する。82年、やるき茶屋1号店を開店した際に「ハイ! よろこんで」という掛け声を導入し、他のチェーン店でも使われるようになった。

24歳過労死 賠償命令…「大庄」と役員らに7860万円(読売新聞)

 全国チェーンの飲食店「日本海庄や」石山駅店(大津市)で勤務していた吹上元康さん(当時24歳)が急死したのは過重な労働を強いられたことが原因として、京都市に住む両親が、経営会社「大庄」(東京)と平辰(たいらたつ)社長ら役員4人に慰謝料など約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島真一裁判長は「吹上さんの生命、健康を損なわないよう配慮すべき義務を怠った」として、同社と4人に対し、約7860万円の支払いを命じた。

 原告側の弁護士によると、過労死を巡る訴訟で、役員の賠償責任を認めた司法判断は珍しいという。

 判決によると、吹上さんは2007年4月に入社後、石山駅店に配属されたが、同8月11日未明、自宅で就寝中に急性心不全で死亡。死亡まで4か月間の時間外労働は月平均100時間以上で、過労死の認定基準(月80時間超)を上回り、08年12月に労災認定された。

 大島裁判長は、同社が当時、時間外労働が月80時間に満たない場合は基本給から不足分を控除すると規定していたと指摘。「長時間労働を前提としており、こうした勤務体制を維持したことは、役員にも重大な過失がある」と述べた。

 閉廷後に記者会見した父親の了(さとる)さん(61)は「子どもを返してほしいというのが本音。裁判などで公になっていない過労死の問題を抱えている方々に励みになる内容だ」と判決を評価。母の隆子さん(55)は「従業員が過労死した企業には公表義務を課すなど、社会全体で厳しい目を向けて監視していく必要があると感じた」と語った。

 大庄広報室は「まだ判決が届いておらずコメントできないが、今後は内容を十分に検討して対応する」としている。

過労死はトップの責任…大庄に7800万賠償命令(スポニチ)

 全国展開する飲食店チェーン「日本海庄や」の店員吹上元康さん=当時(24)=が2007年に死亡したのは過労が原因として、両親が店を経営する「大庄」(東京)と平辰社長ら役員4人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、京都地裁は25日、約7860万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 過労死弁護団全国連絡会議によると、過労死訴訟で大手企業のトップの賠償責任が認められたのは初めて。

 大島真一裁判長は判決理由で、同社の基本給が、厚生労働省による過労業務の認定基準である月80時間の時間外労働を前提としていると指摘。「労働時間について配慮していたとは全く認められない」と述べた。

 さらに、平社長らは労働時間が過重にならないようにし、従業員の生命、健康を損なわないような体制をつくる義務を怠ったとして「悪意または重大な過失がある」と判断した。

 労働と死亡との因果関係については「立ち仕事で肉体的負担も大きく、(死因となった)心疾患は業務に起因する」と結論付けた。

 判決によると、吹上さんは07年4月に入社後、滋賀県の店舗に勤務。同年8月に自宅で就寝中に急性心不全で死亡した。この間の残業時間は月平均約112時間だった。

 大津労働基準監督署は08年12月、吹上さんの死亡を労災と認めた。

 父親の了さん(61)は判決後、記者会見し「お金なんかいらんから子どもを返してほしいという気持ち」と話した。

 大庄は1971年設立で、「庄や」「やるき茶屋」など全国で計約980店舗を展開。広報室は「遺族の方にあらためてお悔やみ申し上げる。判決が届いた後、内容を十分に検討した上で対応を考えていきたい」としている。

過労死訴訟で「大庄」社長らに賠償命令(TBSニュース)

 過労死の裁判で画期的な判決です。入社わずか4か月で従業員が死亡したのは、残業を前提とした給与体系に問題があったとして、京都地裁が、居酒屋チェーン「大庄」の社長らに、7800万円余りの支払いを命じました。

 京都市の吹上了さん夫婦の長男、元康さん(当時24)は、2007年、東京に本社のある大庄に採用されましたが、わずか4か月後に急死しました。

 吹上さん夫婦は、長男が死亡した原因は、過労死ラインとされる80時間の残業を前提とした大庄の給与体系にあるとして、およそ1億円の損害賠償を求めていました。

 判決で京都地裁は、残業を前提とした給与体系は労働者への配慮義務を怠った不合理な体制で、社長らにも重大な過失があるとして、7800万円余りの支払いを命じました。過労死をめぐって大企業のトップが責任を問われるのは初めてです。

店員過労死、「大庄」に賠償命令 企業トップの責任認定(47ニュース)

 全国展開する飲食店チェーン「日本海庄や」の店員吹上元康さん=当時(24)=が2007年に死亡したのは過労が原因として、両親が店を経営する「大庄」(東京)と平辰社長ら役員4人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、京都地裁は25日、約7860万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 過労死弁護団全国連絡会議によると、過労死訴訟で大手企業のトップの賠償責任が認められたのは初めて。

 大島真一裁判長は判決理由で、同社の基本給が、厚生労働省による過労業務の認定基準である月80時間の時間外労働を前提としていると指摘。「労働時間について配慮していたとは全く認められない」と述べた。

 さらに、平社長らは労働時間が過重にならないようにし、従業員の生命、健康を損なわないような体制をつくる義務を怠ったとして「悪意または重大な過失がある」と判断した。

 大庄は1971年設立で、「庄や」「やるき茶屋」など全国で計約980店舗を展開。広報室は「遺族の方にあらためてお悔やみ申し上げる。判決が届いた後、内容を十分に検討した上で対応を考えていきたい」としている。

「日本海庄や」の経営会社に賠償命令 過労死訴訟判決(朝日新聞)

 全国チェーンの日本料理店「日本海庄や」の男性社員(当時24)の急死をめぐり、両親が「月80時間の時間外労働をこなさければ賃金が減る制度で過労死した」などとして、東証1部上場の経営会社「大庄」(東京)と平辰(たいら・たつ)社長ら役員4人に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島真一裁判長は、大庄側に計約7860万円を支払うよう命じた。

 男性は吹上(ふきあげ)元康さん。判決によると、吹上さんは大学卒業後の2007年4月に大庄に入社し、大津市内の店で調理などを担当。同8月、京都市北区の自宅で就寝中に急性心不全で死亡し、大津労働基準監督署から労災と認定された。両親は(1)亡くなるまで4カ月間の時間外労働が月平均100時間を超え、厚生労働省の過労死ラインを上回っていた(2)時間外労働が月80時間に満たない場合は給与を減額する内容の給与体系のもとで残業を強いられ、過労死した――などとして、08年12月に提訴した。

 大庄によると、同社は1971年設立。全国展開している飲食店は「日本海庄や」のほか「やるき茶屋」など約40業態、計約900店舗ある。

過労死訴訟 企業トップの責任認定 大庄に7800万円賠償命令 京都地裁(産経新聞)

 全国チェーンの飲食店「日本海庄や」に勤務していた吹上元康さん=当時(24)=が過労で死亡したのは、過重な労働を強いた企業の安全配慮義務違反として、両親が同店を経営する「大庄」(東京)と同社の社長ら役員4人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島眞一裁判長は「労働時間について配慮していたものとは全く認められない」として原告側の主張を認め、約7800万円の支払いを命じた。

 過労死弁護団全国連絡会議によると、過労死をめぐる訴訟で、大手企業のトップの賠償責任が認められたのは初めて。

 判決理由で、大島裁判長は元康さんの勤務先が1カ月300時間を超える長時間労働が常態化されていたことをあげ「企業は元康さんの生命や健康に配慮すべき義務を負っていたにもかかわらず、休憩や休日を取らせておらず何ら対策を取っていなかった」と指摘。

 また、社長らの責任についても「労働時間が過重にならないよう適切な体制をとらなかった」などと過失を認めた。

 判決などによると、元康さんは平成19年4月に入社。「日本海庄や」石山駅店(大津市)に配属されたが、同年8月11日未明、就寝中に急性心不全で死亡した。死亡までの約4カ月間の時間外労働は、月約100時間前後と過労死の認定基準(月80時間超)を上回っており、大津労働基準監督署に労災認定された。

 判決後の会見で、元康さんの父、了(さとる)さん(61)は「判決には満足しているが、子供を返してほしいというのが本音。判決は、過労死に苦しむ他の方々の励みになる」と話した。

 同社広報室は「判決文を見た上で、検討したい」としている。

過労死訴訟:「日本海庄や」 「大庄」社長らに7860万円賠償命令(毎日新聞)

 07年8月に突然死した飲食店チェーン「日本海庄や」従業員、吹上元康さん(当時24歳)の両親が、過重な時間外労働が原因だとして、経営する「大庄」(東京都大田区)と平辰社長ら役員4人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島真一裁判長は同社の安全配慮義務違反を認め、連帯して約7860万円を支払うよう命じた。

 原告代理人の松丸正弁護士は「こうした訴訟で役員ら個人の責任を認めるのは珍しい」と話している。

 判決によると、吹上さんは07年4月に入社し、大津市の石山駅店で調理や接客を担当。出勤日は午前8時半から午後11時まで働き、死亡前4カ月間の月平均時間外労働は過労死の認定基準(月80時間)を超える112時間に上っていた。

 同社は基本給に時間外労働80時間分を組み込むシステムを採用。大島裁判長は「到底、労働者の生命・健康に配慮しているとは言えない」と指摘し、社長ら役員について「悪意か重大な過失で、そのような体制をとっていた」とした。

 大津労働基準監督署は08年12月、死亡と業務の因果関係を認めて労災認定し、09年4月には大庄と石山駅店長を労働基準法違反容疑で書類送検している。

 吹上さんの父、了(さとる)さん(61)=京都市=は「子供を返してほしいというのが今の気持ち。判決はうずもれている過労死の被害者に大きな励みになったのでは」と話した。

 大庄は「遺族に改めてお悔やみ申し上げます。判決内容を検討して対応を考えたい」としている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

河本支援する会
2010年05月30日 19:26
今回の判決は、パナソニック若狭・正規雇用裁判においても重要な判決になりました。

河本さんは、2005年2月から3年以上、月平均100時間前後の時間外労働をパナソニックから命令されてきました。
最も多い月には、154時間もの時間外労働を行っています。
パナソニックは偽装請負や違法派遣を駆使して、悪意または重大な過失をもって、労働者を使用してきたのだから、「社会的責任を果たすべきだ!」と、その経営姿勢を厳しく追及していきたいと思います。

偽装請負や違法派遣というのは、使用者と雇用者を分離しているため、使用者が雇用者としての責任がないことを口実として労働者の生命や健康に何ら責任を負わず、責任追及も逃れることができるため、労働者を生命の危機におちいるほど使うだけ使い、用済みになれば簡単に使い捨てることができる使用者側に非常に都合の良い仕組みとなっており、多くの企業で多用されてきました。

このような、異常な労働をくり返さないためにも、法律で働くルールをしっかり確立しなければなりません。
違法行為には使用者の責任を明確にし、労働者の生命・健康・くらしを守る。労働者保護の観点からの規制強化が必要とされています。

しかし、政府案の派遣法改定案は規制強化どころか、より違法企業を保護する内容を強化、使用者への責任追及が困難になり、労働者の権利は弱体化する内容になっています。

労働者保護の観点からすると現行法の方が、労働実態に則して使用者側の責任を追及できるので、まだマシなのです。

政府(民主党)には、現行法でもザル法である派遣法に、「さらに大穴をあけるな!」と、強く抗議していきます。

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 過労死で大庄に賠償命令 京都地裁、経営陣の責任認める(2010年5月25日・中日新聞) パナソニック裁判 河本猛さんの正規雇用を支援する会/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 16:59