パナソニック偽装請負訴訟(2009年12月6日・しんぶん赤旗日曜版)

 全国で約60件の偽装請負裁判がたたかわれています。これに先駆けてパナソニック(旧・松下電器)プラズマディスプレイを告発し、大阪高裁で完全勝利した吉岡力さんの最高裁口頭弁論が開かれました(11月27日)。
約800人が最高裁を包囲するヒューマンチェーンを実施。最高裁が初めて示す偽装請負判決(12月18日)で非正規雇用労働者の勝利を、と求めました。
 パナソニックは、福井県のパナソニック若狭でも偽装請負で告発されています。正社員化を求める河本猛さんのたたかいも紹介します。


 パナソニックは偽装請負正せ

■「パナ・プラズマディスプレイ」”海外へ工場移す”と脅迫

・・・パナ社は、最高裁への上告理由書で、低賃金でいつでも解雇できる無権利な非正規労働者がいなくなれば海外へ工場を移す、と脅しています。
 「大阪高裁判決が確定すれば、国内生産体制がいっそう海外に流出する引き金になりかねない」
 これは、労働者派遣法の抜本改正に反対する財界と同じ主張です。・・・

■「パナ若狭」”原告は社会運動目的”と居直り

・・・パナ若狭は、裁判所に提出した書面で居直りました。
 「原告(河本さん)の目的は、社会一般に派遣や請負をことさらに問題視し、パナを指弾することで社会運動に転化する点にある」
 プラズマ大阪高裁判決についても、「職業安定法、労基法違反についての(河本さんの)主張は、黙示の労働契約の成否についてなんら関係がない」と全面否定。
 河本さんを「指揮・命令していなかった」とまで主張しました。・・・
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック