アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「河本の家系・歴史」のブログ記事

みんなの「河本の家系・歴史」ブログ

タイトル 日 時
宇喜多家系図と河本家
宇喜多家系図と河本家  軍記物は書かれた時代の作者による誇張や創作も多く、軍記物の中に真実が含まれているからといって、すべてが歴史の真実とは限りません。当然、家伝や家系図というのも創作物であり、その家の都合や誇張もあり、すべてが真実とは限りません。しかし、数少ない文献の中で不明確な部分を、新たに発見された文献が埋めることがあります。また、軍記物や家伝などを比べることによって、どちらの記述が正しいのかということも争点となり、研究が進むことによって歴史の真実に近づくことになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 13:19
日蓮宗と河本家 北辰妙見信仰
日蓮宗と河本家 北辰妙見信仰  岡山と言えば備前法華で有名ですが、私の家も日蓮宗でした。今は信仰心もない状態なんですが、岡山市北区建部町川口には日蓮宗の不受不施派の信仰が受け継がれていたようです。僧侶は信者以外からの供養を受けない(不受)、信者は法華以外の僧に供養をしない(不施)。  不受不施派は、1595年(文禄4年)豊臣秀吉の方広寺大仏殿千僧供養会に出仕を拒んだことに始まり、徳川幕府にも従わなかったことから江戸時代末期に至るまでキリスト教と並んで弾圧の対象とされました。  明治9年(1876年)に日蓮宗不受不施派が明... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 12:47
岡山城代 河本対馬守 宇喜多知行帳と河本氏
岡山城代 河本対馬守 宇喜多知行帳と河本氏  宇喜多家の家臣として軍記ものに登場する河本対馬守だが、明禅寺合戦以外は謎の多い人物である。宇喜多中納言秀家卿家士知行帳には、「岡山城代 河本対馬守、与力三拾人 宇喜多源三兵衛と領地一所」との記載があるが、宇喜多秀家侍分限帳では「岡山城代 河内対馬守、宇喜多源三兵衛内」と記載されていた。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 11:20
河本肥後守について
河本肥後守について  美作・備前に広く分布している河本の名字。その起源ともいう美作国久米郡坪井下村河本堡、河本肥後守について調べてみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/02 19:40
久米郡誌に書かれている河本氏に関係する記載
久米郡誌に書かれている河本氏に関係する記載  ・久米郡誌。福渡村川口の菅原神社。由緒に赤松権太夫、河本光利、光信の記載が出てくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/23 07:47
岡山県旭川流域、建部町川口地区と河本家
 河本の家系について調べていたら岡山県岡山市北区建部町川口にたどり着いた。旭川に沿った川口地区は、河川、湖沼、運河の水面を利用した内陸水運の要所であり、美作国の最南端にあたる。川口地区や福渡地区は、古くより備前との往来や物流が集中するところであり、その歴史は興味深い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 12:13
河本の名字が多い岡山県の建部町川口と菅原神社の由緒。そういえば父はこの町の生まれだった。
河本の名字が多い岡山県の建部町川口と菅原神社の由緒。そういえば父はこの町の生まれだった。  岡山県には河本(こうもと)という名字が他の地域と比べて多い。私のところも祖父の代までは岡山県岡山市北区建部町川口(旧久米郡福渡村川口)に住んでいた。父もこの町の生まれである。  華やかな歴史を飾るものではないが、菅原神社の由緒には「天正8年赤松氏家臣、河本光利の子、光信が社殿を造営して再興した。」とあり、この地に住む河本家との関係をうかがわせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/17 10:42

トップへ | みんなの「河本の家系・歴史」ブログ

美浜町議会議員 河本 猛(こうもと たけし) 河本の家系・歴史のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる