美浜町議会議員 河本 猛(こうもと たけし)

アクセスカウンタ

zoom RSS 美浜町総務文教委員会(2016・12)の要旨

<<   作成日時 : 2016/12/16 14:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

美浜町議会12月定例会(2016)
総務文教常任委員会

(1)議案第93号 美浜町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

質疑: 美浜町エネルギー環境教育体験館運営委員会の開催回数及び報酬の支払いはどうなるのか。

回答: 年間に2、3回程度の開催を予定している。報酬は、その都度支払う。

質疑: 委員会の、専門委員とその他の委員の構成数はわかっているのか。

回答: エネルギー環境教育体験施設の建設に当たっては、24年から整備検討委員会、26年から建設整備検討委員会、28年からは運営委員会と名称を変えて開催しており、学識経験者として、福井大学の淺原教授、仁愛大学の伊佐名誉教授、福井工業大学の来馬教授に参画していただいており、引き続き委員になってもらう予定をしている。
 その他の委員として、今後人選を進めて行きたいが、基本的には現在ある運営委員会の委員に引き続きお願いしたいと思っている。

質疑: 委員の報酬は、基金から支出するのか。

回答: そのように考えている。

質疑: 農業委員会の能率給は予算の範囲内で定めるとあるが、どの予算で対応するのか。個人々々の最高額が決められて、その範囲内になるのか、それとも総額をいうのか。

回答: 今回の農業委員会法の改正により、年間報酬は、1段階は基本報酬、2段階が活動報酬で3段階が成果報酬になる。成果報酬は国の定める額ということで、活動の成果をもって、国が定める額により町の予算額が決められ、その額を委員に配分することになるので、町の予算の範囲内ということになる。

質疑: 農業委員会の法律では委員の中に中立委員を置かなければならないとなっているが、対象になる人はどのような人か。

回答: 委員の過半数以上を認定農業者とし、若者・女性の積極的な登用や利害関係のない農業を主としてやっていない委員も選任することとなっているので、偏らないように委員を選任したいと考えている。

質疑: 委員は、公選法で選任された委員から、町長の任命に変わり、農業委員会が決定する農地転用等の事項など町長の意向に沿った決定がなされるようだと、中立性が保たれるとはいえないのではないか。

回答: 農業委員会での決定事項は、法に基づいて判断がなされるので、裁量の余地があるものではない。また、委員の選考は、町の選考委員会で決定するなど偏らないよう考えている。

質疑: 議会も同意の責任があるので、人選をしっかりやってほしい。

回答: 改正法により事務量も増えるので、効果のある形にしていきたい。


(2)議案第94号 美浜町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

質疑: 庁舎内で再任用される職員の期末勤勉手当は支給されるのか。

回答: 庁舎内に二人いるが、再任用の給料表において支給している。

質疑: 民間企業でのボーナス等の支給と、かけ離れることのないよう考慮しているか。

回答: 国の改定に準じて、町も改定している。再任用についても国に準じて実施している。

質疑: 扶養手当のところで、配偶者扶養手当の減額は、子供を産みたくても産めない家庭がある中で、女性冷遇ではないか。

回答: 扶養手当の取り扱いについては、国の改定に準じて町も改定している。女性の雇用の場、社会進出の後押しについては国も推進しており、町の男女共同参画でも謳われており、活躍の場を広げていくため率先して進めて行きたい。

質疑: 特別職の職員で常勤の職員の期末手当を引き上げることについては、今まで議会も引き上げてこなかった経緯から考えると上げるべきでないと思うがどうか。

回答: 国に準じて進めていくことを基本としており、国が引き下げた時も引き下げているので理解してほしい。

質疑: 美浜町議会の期末手当が改定されたのはいつごろか。また報酬の改定はいつか。

回答: 期末手当は、平成6年に改定され、3.1か月分となっている。報酬は、平成6年及び平成8年に改定され現在に至っている。

質疑: 任期付の職員は何名か、また配属先はどこか。

回答: 再任用の職員が2名で、美浜創生戦略課と歴史文化館。任期付職員が2名で、エネルギー政策課と健康づくり課にいる。


(3)議案第95号 美浜町税条例等の一部を改正する条例の制定について

質疑: 個人町民税の関係で、医薬品は厚生労働省のホームページに掲載されているものに限るのか。

回答: 厚生省のホームページには、1,500種類の医薬品が掲載されている。これらの、医薬品を使うことで、医療費の削減に努めていただき、税の控除にも使っていただこうというものである。

質疑: 領収書を添付した書類は、どこへ提出すればよいか。

回答: 確定申告の際に、特例の1万2千円以上の控除を受けるか、今までの医療費控除を受けるかを選択して申告してもらえれば良い。


(4)議案第96号 すくすく美浜っ子サポート基金条例等の一部を改正する条例の制定について

質疑はありませんでした。


(5)議案第97号 美浜町エネルギー環境教育体験館の設置及び管理に関する条例の制定について

質疑: 別表第2、使用料の欄の備考で、本町の住民でないものは所定の2倍の使用料、また営利目的等で5割増しなどとあり、7号で各部屋複数日使用する場合は7割に減額するとのことだが、どちらを優先するのか。

回答: まず、増額し、その後7割とするということになる。

質疑: 入館料で、団体の20人の根拠は何か。

回答: 学校、子ども会、企業等の研修などを想定しており、他の施設に準じている。

質疑: 入館料と使用料の区別はどうするのか。

回答: 入館料は、館内の見学として券売機で販売することとしている。また、使用料は貸館、貸し部屋の料金である。

質疑: 第11条第2項で、町長が許可を取り消した場合でも、町長はその責めを負わないということだが、この意味は何か。

回答: 使用料を払って入館者が使用した場合、1項のような理由で使用の許可を取り消されても、町長の責任ではないということである。


委員会採決の結果

(1)議案第93号 美浜町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定については賛成多数をもって承認することに決しました。河本反対×

(2)議案第94号 美浜町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定については賛成多数をもって承認することに決しました。河本反対×

(3)議案第95号 美浜町税条例等の一部を改正する条例の制定については賛成多数をもって承認することに決しました。河本反対×

(4)議案第96号 すくすく美浜っ子サポート基金条例等の一部を改正する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。河本賛成○

(5)議案第97号 美浜町エネルギー環境教育体験館の設置及び管理に関する条例の制定については賛成多数をもって承認することに決しました。河本反対×


陳情審査

(1)陳情第2号 地方議会議員の厚生年金制度への加入を求める意見書について

 「厚生年金制度に加入したからと言って年金加入を理由に議員を志す人はいない」という意見や「地方議員は非常勤であることで他にも働ける環境になっており、常勤の者と同じように加入することになれば二重に年金を受け取ることになるので賛成できない」という意見のほか、「議員のなり手不足を解消するには年金制度よりも議員報酬を上げるべきである」また、「この年金制度改正で使う公費を報酬に充てた方が議員の活性化に繋がるのではないか」というような意見があり、採決の結果、賛成少数で不採択とすることに決しました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
各委員会の議題や審議の様子を書いてくれて感謝です。議会便りに先だって詳しく書いてあるのどよくわかりました。これを読む人が多くなるように願っています。

inakasky
2016/12/17 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
美浜町総務文教委員会(2016・12)の要旨 美浜町議会議員 河本 猛(こうもと たけし)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる