美浜町議会議員 河本 猛(こうもと たけし)

アクセスカウンタ

zoom RSS 町行政に対する不満の声が増えている。

<<   作成日時 : 2016/06/01 17:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 美浜町議会議員に当選させていただいてから2年が過ぎました。最近は、町行政に対する不満の声が寄せられます。

 主なものを2つ載せますが、その他の件についても住民の声にしっかりと向き合い調査していきます。
 
 1、町の文化事業のアドバイザーが、その地位を利用して私利私欲の文化イベントばかりを行っているというものです。
 重要な問題なので、他の住民の方にもご意見をうかがいました。
 近年、町民文化や町の規模と釣り合わないオペラや管弦楽のようなイベントが増えていると感じているそうです。町が学校教育の一貫として、こどもたちの合唱や吹奏楽のレベルを引き上げるといった具体策も行っていないし、いったい誰のための音楽イベントなのかわからないといいます。
 税金を使って文化事業をおこなっているんだから、もっと町民参加型の民謡や伝統芸能の継承に力を入れてほしいといわれました。
 さらに、2000万円もの税金を投じたファツオリのピアノについても不満や怒りの声が多くあります。無駄遣いにもほどがありますが、受講生のこどもたちがファツオリのピアノにふれあう企画「ポルタDe’ファツィオリ」。
 昨年、この企画に町内から受講を希望したのは1名とか( ゚Д゚) それも驚愕の少なさなんですが、ピアノの購入自体に怒っている住民が多くいるのもまた事実。
 ピアノの購入は私の責任ではないのですが、住民の話を聞いていると議員として恥ずかしくなるし、頭が痛い。その怒りは根深く、今でも住民の心の底に残っていると感じました。アドバイザーが声楽経験者ということもあり、文化事業の企画・イベントが偏っているのかもしれません。予算決算、事業も厳しい目で審議していきます。

 2、町行政内の縁故採用が多すぎるというものです。
 今年、○○課長の息子の嫁が町の診療所の看護師として採用されたが、縁故採用だ!という怒りの声が寄せられました。過去には、○○議員の娘が町の診療所に看護師として採用されたが、一身上の都合により退職した後に役場で採用された。その他にも町長の○○が、元議員の○○が、元課長の○○が採用されているなどなど、すごい勢いで、怒りが収まらない。
 圧倒されましたが、住民の不満や怒りの声を聞き、住民と一緒になってひとつひとつ問題を改善していきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
町行政に対する不満の声が増えている。 美浜町議会議員 河本 猛(こうもと たけし)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる