美浜町議会議員 河本 猛(こうもと たけし)

アクセスカウンタ

zoom RSS 美浜町総務文教委員会(2016・3)の要旨

<<   作成日時 : 2016/04/28 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(1)議案第20号 専決処分の承認を求めることについて(美浜町税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について)

質疑はありませんでした。

(2)議案第21号 固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定について

質疑: 電子情報も使えるということでメールでの申請はできるのか。また、メールの場合は、役場から来たメールというはっきりした証明ができるのか。

回答: 電子情報を使う場合は、弁明に限るということで、申請は想定していない。また、電子情報の運用については厳格に運用させて頂きたい。

(3)議案第22号 美浜町行政不服審査会条例の制定について

質疑: 審査会の委員の構成はどういう方が委員になるのか。

回答: 委員の人数は、情報公開審査会や個人情報保護審査会の委員も5名以内となっており、人口規模等によって国から基準が定められているので5名以内とした。委員に選任する方は、県立大学の先生とも相談し、公正性も考慮し、行政相談員、顧問弁護士の方などを考えており、今後調整したい。

(4)議案第23号 美浜町行政不服審査関係手数料条例の制定について

質疑: 印刷の手数料について、1枚10円、カラーの場合20円となっているが、両面コピーの場合は1枚の手数料になるのか。金額はこの条例以外に他の印刷の手数料との関係はどうか。またメールでもらう場合はどうか。

回答: 1枚あたりいくらとなっているが、これは印刷の行為という考え方で、片面を1枚当たりということで徴収したい。本町ではこれまでカラーの手数料の定めはない。近隣市町の金額は20円から50円もしくは実費と統一されていないが、国の準則でカラー印刷は20円となっているので20円に設定した。

(5)議案第24号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

質疑はありませんでした。

(6)議案第25号 美浜町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例の制定について

質疑: 以前の職員の人事評価を、新たに職員の人事評価の状況と退職職員の管理の状況に替えていたと言うことか。

回答: 地方公務員法に関しては第3条に示されており、行政不服審査法に関しては第4条にあるように不服の申し立てという文言を審査請求という言葉に一元化されたということである。

質疑: 職員の人事評価の状況で上位の人の評価は誰がするのか。また、退職管理の状況についてという事項はどういうことか。

回答: 課長職評価は副町長が行っている。退職管理については新しく加わったもので、退職してから年金が支給されるまでの期間についても雇用接続という形になるので、その間の配慮を規定したものである。

質疑: 民間では、再雇用を希望する場合は再雇用しなければならないが、町職員についても考え方は同じか。

回答: 基本的には民間と同様です。再雇用についても充分配慮して取り組んでいきたい。

質疑: 副町長が課長の評価をするということだが、公平な評価として目が届くのか。

回答: 課長の評価は、決裁のとき、事業説明のとき、課の雰囲気など、様々な機会をとらえて総合的に判断して評価している。

(7)議案第26号 美浜町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

質疑: 美浜町の給料全体のことだが、例えばケアマネジャーや学校支援員の臨時職員の賃金は安いのではないか。

回答: そういう声は聞いているが、非常勤の職員の単価は、職種や勤務状況に配慮して決めている。また、福井県の最低賃金も考慮し、28年度ではそれぞれ10円ずつ上げさせてもらった。保育士については、二つの単価を設定しており、3年以上の実務経験があるものは、1時間1,050円で月約17万7千円、それ以外は1時間910円で月約15万4千円で本町の行政職1級の経験年数に照らして決めている。

質疑: 給与体系だが、8級制まで使えないのか。

回答: 県内の町は、職責との関係から8級制を使うのは難しいので、すべて6級制になっている。

(8)議案第27号 美浜町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

質疑: 公民館長と歴史文化館の館長は兼務ということだが、報酬はどのように考えているのか。業務が二人分の仕事をするので少しは上乗せを考慮してもいいのではないか。

回答: あくまで、一人分の給与で考えている。公民館に関しては、今まで学校との併設だったので、しばらくの間は北西郷公民館以外は充分兼務でも出来る業務だと思っている。今後充実していけば、兼務を解くことを考えている。

質疑: 山東公民館は誰が兼務するのか。

回答: 佐田出張所長との兼務になる。

9)議案第28号 美浜町放課後児童クラブ整備事業基金条例の制定について

質疑: 放課後児童クラブの名称だが、3箇所新設されるが、それぞれどう言う名称で呼んだらよいのか。

回答: 基本的には学校や地区の名称になるかと思うが、今後検討していきたい。

質疑: 祖父母がいる家庭は、放課後児童クラブに応募しても入れるのか。

回答: できるだけ、門戸を広げていきたいと考えているが、定員を超えるような場合については、各家庭の状況を把握し、優先順位をつけさせていただく。

(10)議案第29号 美浜町歴史文化館の設置及び管理に関する条例の制定について

質疑: 運営委員会の委員の数は、10名は多いのではないか。また、報酬やその規定はどのようになるのか。

回答: 文化財保護委員会の委員5名を中心として、他にいろいろとアイデアを出していただく委員を考えている。報酬など詳細については今後考えていきたい。

質疑: 文化館の建物の裏に芝生の広場があるが、貸し出しを考えているか。

回答: 一部舗装し、一部土の部分を残しているので、パットパットゴルフなどに利用してもらうよう考えている。

(11)議案第30号 美浜町西郷健康ひろばの設置及び管理に関する条例の制定について

質疑: 西郷健康ひろば屋内運動場の名称は長いので、言い易い名称にならないか。

回答: 名称については、長年、西郷健康ひろばとして慣れ親しんできたので、利活用検討委員会の検討を踏まえ、当面この名称でいきたい。

質疑: 使用料に照明の料金がないがどうしてか。

回答: ゆうあい広場は水銀灯なので電気料金を別設定しているが、この施設はLEDの照明を採用し、電気料金が安くつくため、利用しやすいよう使用料の中に含めて設定している。

質疑: 使用料の設定は、一面当たりとなっているが、体育館は一人当たりという設定ではなかったか。

回答: 運動器具等は一人当たりとなっているが、全体の使用料は基本的には一面当たりとなっている。

質疑: ゆうあい広場など施設職員の接客業務指導等をお願いしたい。

回答: 今後、教育、研修を含めて指導していきたい。

(12)議案第31号 美浜町公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について


質疑: この条例で本来の公民館が出来ることになるが、地域のニーズを考慮しやっていくということだが、中身が大事だと思うので、語学講座とか行政がある程度主導するということも考えて機能するような公民館にして頂きたい。

回答: 何をするかというソフト的なものが大事で、地区住民の熱意や盛り上がりが大事だと思っているので、行政がお膳立てをするというのではなく行政が指導や動機付けをしながら、地区住民の主導で活動できるような公民館にしていきたい。

(13)議案第32号 美浜町民水泳プールの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について

質疑はありませんでした。

(14)議案第33号 福井県市町総合事務組合規約の変更について

質疑はありませんでした。


委員会採決の結果(河本は産業厚生常任委員会の委員です。)

(1)議案第 20号 専決処分の承認を求めることについて(美浜町税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について)は全員賛成をもって承認することに決しました。

(2)議案第21号 固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(3)議案第22号 美浜町行政不服審査会条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(4)議案第23号 美浜町行政不服審査関係手数料条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(5)議案第24号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(6)議案第25号 美浜町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(7)議案第26号 美浜町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(8)議案第27号 美浜町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(9)議案第28号 美浜町放課後児童クラブ整備事業基金条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(10)議案第29号 美浜町歴史文化館の設置及び管理に関する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(11)議案第30号 美浜町西郷健康ひろばの設置及び管理に関する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(12)議案第31号 美浜町公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(13)議案第32号 美浜町民水泳プールの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定については全員賛成をもって承認することに決しました。

(14)議案第33号 福井県市町総合事務組合規約の変更については全員賛成をもって承認することに決しました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
美浜町総務文教委員会(2016・3)の要旨 美浜町議会議員 河本 猛(こうもと たけし)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる